らくらくスマホをおすすめ出来ない5つの理由

らくらくスマホがオススメできない理由

5つと書きましたが本当はもっとあります。全部まで言わなくてももはや十分なほどオススメできない理由がありますし、たくさん書いても読むのに疲れます。ということで今は5個書くまでにしておきます。

いきなりプライベートっぽい話で恐縮ですが、私のおじ・おばたちの70%くらいがらくらくスマホを使っているんですよ。それを知った時、私はまだらくらくスマホというものをよく知りませんでした。そう、私は無知だったのです。

ある日、そんなに人気なのかと、どんなスマホか気になりいじらせてもらったのですが・・・、衝撃でした。何が衝撃だったのかをこれからじっくりお話します。

ちなみに、一言でらくらくスマホはどんな物か説明してと言われたら、私の印象ではガラケーです。スマホを使っている気分になれるガラケーとでも言うんでしょうか。初めておばのらくらくスマホをいじった時はそう思いました。

本当に気に入っている理由があるなら変えないのも良いでしょうが、ただ慣れているからという可能性が考えられるなら、一度立ち止まって格安スマホを検討してみた方が良いです。格安スマホがどんな物か知った上でもまだらくらくスマホが良いという人は結構少ないと思いますよ。

一番良いのは、身近にいる格安スマホを使っている人に見せてもらいながら話を聞くこと。試しに少しいじらせてもらう事です。そういう方が身の回りにおられなければ、この記事をお読み頂ければと思います。

では、らくらくスマホをおすすめしない理由をご説明していきます。

 

アプリがインストールできない

びっくりなことに事にアプリがインストールできない機種があるんです。少々古めの機種ですね。2016冬~2017春モデルはGoogle Playストアに対応しているようです。私の叔母の機種はダメでした。それより古いみたいです。

ある日の出来事。
その日は従妹と叔母がうちに訪問してきており、LINEを覚えてもらえばもっと便利になるという話をしてました。それで叔母のらくらくスマホにLINEをインストールしようと従妹がいじり始め、その操作を見ていたのですが、どうもおかしい。

なぜかいつもの画面に行けない。何度か試すが同じ結果になり、そこで従妹と二人で時を同じくして気づいたのが、アプリがインストールできない仕様なんだ!という事でした。いやあ衝撃でしたね。スマホなのにアプリがインストールできない。

インストールできる機種もあるという事は後でわかったことです。LINEがインストールできない、スマホ。この時点で私の中ではスマホとして終わってます。

デフォルトでGoogle Play非対応。標準の「ブラウザ」から進んでもアプリインストール出来ない仕様になっています。仕様というのは、元々そういう仕組みに出来ているという事です。ネットでも色々調べてみましたが、裏ワザを何重にも使ってインストール成功した人はいたみたいです。

しかし、私でも面倒に感じる方法ですし、そもそもグレーな方法ですよね。出来ない仕様になっているものを無理やり行うんですから、契約的に不安もあります。

現在、らくらくスマホでアプリがインストールできない機種をお使いの方は、格安スマホを検討した方がよいと思います。格安スマホ選びについては以下の記事に詳しく書いてます。

 

値段は安くない

らくらくスマホ、こんな調子だから料金が安いのかと思いきや、安く無いのです。むしろ高いと思います。

叔母は月額1万円前後かかっているそうです。他の叔父、叔母も使っているのですが、その2人も1万円くらいと言ってました。

以前はらくらくスマホ特有の安いプランがあったのですが、現在はありません。料金は他のスマホとほぼ同じです。

そんなに高い金額払うのに、出来ない事がたくさんあるんですよ。ある程度の機能に絞ることで、使いやすさにつながっている部分が少なからずあります。それでいて料金が高いのは、ちょっと受け入れ難いです。スマホやパソコンというのはいままで新機能、便利機能をこちらが求める以上にドンドン開発して付属して、高い料金を維持しようとしてきたわけです。それが突然、マイナーチェンジ方向の機種も出して、料金が高いというのは解せないです。結局、何をしても高い、という事になってしまいますよね。

どうせ高いなら、普通のスマホにして必要な機能だけ使ってる方がまだ正解です。

いったい私の親族はどうなってるんだか、スマホ業界にやられすぎです(笑)。テレビやBlu-rayレコーダーなんて使っている割に、スマホだけらくらくスマホというのも何だか。

ガラケーの画面て最近はカラーですよね。当たり前ですが。らくらくスマホはいわば、その画面が少し大きめになり、指で画面にタッチすることで操作できるんですがボタンの様な感触になっていて強く押さないと反応しないんです。これじゃあまるでガラケーです。

年配の方はボタンを押した感触がないとダメだと言うんでしょうか。実際どうなのかはわかりませんが、私たち比較的若い世代の人間でも、最初は誰だって不慣れです。今まで立体的なボタンを押してたのが画面をタッチするだけで反応するスマホという機械には慣れが必要でしたよ。当然のことです。年配の人たちには押した感触がないとダメ、なんていうのは少々強引な気がします。

画面デザインやメニュー構成などはガラケーとかなり似ています。

とにかく、とにかく私はらくらくスマホが好きで、格安スマホよりもキャリアスマホよりも明らかに良いんだ、という方以外は格安スマホにかえた方が良いと思います。ご自身ではなかなか気づけないと思うので、お近くにらくらくスマホ使っている方がいないかチェックしてあげると良いかもしれませんね。

操作しやすいとも限らない

らくらくスマホは、複雑な機能を省いてわかりやすくし、スマホの画面タッチ操作ではあるものの、ボタンの様に強めに押してポコッという感触がある作りになっています。

私が疑問なのは、これが本当に操作がしやすいかです。私が試した時は、操作しづらいし疲れる、と感じました。指でタッチする事でスイスイ操作出来た方がやりやすいし疲れにくいと思うんですけどねえ。

自由度も低いです。画面の配置は決まっているので、カスタマイズ性は低いです。

 

画面が小さい

らくらくスマホは普通のスマホに対して画面が小さめです。らくらくスマホは文字がもともと大き目設定になっていますが、最近のスマホは文字サイズの調整は出来るので同じです。

画面が小さいのは目が悪く文字が読みづらい方にとってもデメリットです。画面が小さいことがメリットになるという事はまずないでしょう。

 

機種の選択肢が少ない

普通のスマホに比べて圧倒的に少ないです。格安スマホとくらべてもそうです。格安スマホはほんの1、2年前はキャリアスマホ(docomo、au、SOFTBANKのスマホ)に比べて少なかったのですが、最近はかなり豊富で多種多様です。ですがらくらくスマホだけは機種が少ないんですよね。

 

まとめ

らくらくスマホでアプリがインストールできない機種の方はほぼ間違いなく格安スマホを検討した方が良いです。

アプリがインストールできる機種をお使いの方でも、月額料金が安くなるので格安スマホをおすすめしますが、その辺はよくお考えの上で決めれば良いと思います。解約金がかかると思いますが、数か月で元が取れますからね。

私の正直な感想としては、年配の方が使う事を前提としても、あらゆる面において、らくらくスマホのメリットよりデメリットの方が大幅に大きいという事です。よって、らくらくスマホにする必要性を感じません。

そもそも時代は格安スマホの時代です。これからもっと利用者は増えていくでしょうし、それに伴いサービスと品質も向上していくと思います。

大事なのは、どのスマホ会社を選ぶかです。現在の状態も大事ですが、そこにプラスα、そのスマホ会社が将来的にどうなりそうか、信頼性が高いかなども考えればベターなので、格安スマホをよく知らない方には難しいんですよね。

格安スマホにかんする他の記事も少しお読み頂ければ、格安スマホのトレンドがご理解頂けて、ご自分で判断する力が付いてくると思います。