格安スマホを正しく比較して最高のプランを選ぶ方法

格安スマホにしたいけど選ぶのが難しい

白っぽい木目調のテーブルに置かれたスマホ、コーヒー、新聞やノート、ペンにメガネが置かれている

格安スマホ選びは非常に難しいです。普通のdocomoやau、SOFTBANKのスマホのプラン選びもとっても難しいですが。

格安スマホ選びが難しい理由

理由はこの3つです。

  • 料金体系が複雑
  • 2年しばりもあるし、失敗出来ない
  • わざと比較が困難になるように書かれている

よく「自分に一番あった一台を選びましょう!」なんて書いてあるけど、料金体系の仕組みが複雑すぎるし、性能もまた色んな機種があるから比較が難しいし、「合ってるかどうか考えるとこまで行けないんだよ!」って思ってました。

2年以上のしばり(途中で解約すると違約金を取られる)があり、2年使い続けないとならないから失敗出来ないという大きなプレッシャーがかかるんですよね。

そしてこれ、他社のプランと比較して自社より他者の方が良いと思われてはいけないので、わざと複雑なプランにし、しかもわかりにくく情報をバラつかせて書き散らかす事で把握を非常に困難にさせているんです。そんな事あるの?と思うかもしれませんが、本当にどこよりも良いと自負していたら、それをお客さんにわかってもらいたいんだから単純明解にしますよね。

そうじゃないから複雑にし、最も安くなる場合ばかり強調しそのイメージを持たせ、とにかく契約させれば勝ち。2年しばりがありますからね。文句を言う人が出てこようが、約款に書かれていて決まりなのでどうしようもない。だから私たち消費者は契約する前にしっかり比較するしかないんですよ。でも先ほどから申し上げているように、非常に複雑でわかりづらい。

そこで私がたどり着いた考えが、中途半端じゃわからない。結局自分自身が専門家レベルにならないと最良のスマホ会社と最良の一台を選ぶなんて無理。というものでした。そうなんですよ、素人が1、2時間調べてサッと自分に合った最良の一台を選ぶなんて不可能なんです。

なので100時間以上も調べ、色んな格安スマホ会社に何度も電話してメールでも問い合わせて調べまくったんです。

格安スマホ選びの答えは出ている

あなたがもし一般的な使い方をする普通のユーザーなら、格安スマホ選びはおおかた答えが出てます。もう答えを言ってしまいます。ほとんどの人にとってmineoが最良の選択です。

私の意見を鵜呑み(うのみ)にするのではなく、最低限の知識と比較材料を確認してご自身で何が一番良いのかをわかるようになってもらえたら嬉しいです。

一部の人には最良ではない

私は一般的な普通のユーザーを想定して考えています。もしあなたがちょっと特殊な使い方をする人ならまた少し変わってきます。例えば、

  • 長時間通話を時々する
  • インターネットはほぼ使わない。LINEとメールだけ
  • スマホで動画をたくさん観たい。ネットのスピードが最重要

などの理由があれば、mineoは最良の選択肢ではなくなります。ある2、3社を選んだ方が良いでしょう。その代わり値段は高くなります。それに普通のスマホの大手キャリア3社(docomo、au、SOFTBANK)の携帯とそこまで大きな料金差ではなくなってきます。それでも多少安いですが。簡単に言うと、格安スマホに変える意味は薄れます。

そもそも、上記のような使い方を想定している方は、大手キャリアのままにしてもう少し様子見するのが無難かもしれません。参考までに、検討すべき格安スマホとしては、UQmobileとYmobileです。この2社だけはスピードがダントツで速いです。この2社についてはこの記事で少し後述します。

なぜ他のサイトのオススメと異なるのか

ちなみに他のサイトのおすすめと違う事があるかもしれません。その理由をまずお話しておきます。

たいていのサイトは、そもそも一番良くて格安スマホを紹介しようとしていません。自分が契約させたいスマホを読者に一番良いと思わせる事が目的です。そのために必死に工夫した記事を書いています。この理由はほぼわかっているのですが、ここではそこまでお話しません。

私がしたいのは、サービスと性能の質が高くて一番安い、買う人が一番買って良かったと思えるであろうスマホを紹介すること、これに尽きます。もちろん、好みがあるので誰にでも一番とはなりませんが、私が家族や本当に大事な友達に格安スマホは何が良いか聞かれた場合に紹介する格安スマホを紹介します。

当サイトの記事を読んでくれた方のうち、なるべく多くの方に良かったと思える記事を書いて喜んでもらう事。その結果当サイトを気に入ってくれる人が増えて人気があるサイトになれば私も嬉しいからです。つまり自分のためなんです。

ただし、そうなるためには本当に良い記事を書かなければならないです。でないと当サイトを好きになってもらえません。そして嘘も絶対書きません。信頼が落ちるからです。一人の個人でも組織でも、最も重要なのは信頼だと思っています。さて、少し話がそれましたが、格安スマホ選びの話に戻りましょう。

 

格安スマホのメリットデメリット

では、そこまで難しいなら格安スマホにしなくても良いのかな、と思われる方のために言いますが、格安スマホにした方が良いです。格安スマホの方が明らかにお得ですから。

ちょっと例え話を出してみましょう。

コーヒーを1日に2杯飲むとしましょう。毎日スタバのコーヒーを2杯飲めたら美味しいからいいですよね。それにスタバのコーヒーをよく飲んでいるというセレブ感みたいのも味わえます。つまりはブランドです。こういうの気分が良いですよね。

でもね、とっても高いです。メニューが色々ありますが、まあ一般的なコーヒーの部類は一杯300~500円くらい。比較も簡単になるし安く見積もって今は一杯300円としましょうか。2杯飲めば一日600円程かかる計算ですね。

でもそれを、セブンイレブンのコーヒーに変えたら。そこそこ美味しいし一杯100円です。2杯飲んでも200円。スタバの600円と比べると400円の差。比率にすると3:1です。

これと同じのが大手キャリア(docomo、au、SOFTBANK)のスマホと格安スマホの差です。

 

格安スマホ選びで重要なポイント

格安スマホをどこの会社にするか決める時、必ず確認しておくべきポイントがいつくかあります。

絶対に確認すべきポイント

  • 通話料金+データ通信の料金
  • データ通信の速さ(安定性)
  • あとで値上がりしないか
  • かけ放題があるか。かけ放題は月額いくらか
  • 顧客対応がちゃんとしているか

まずはこれを比較しないと始まりません。格安スマホの良し悪しを決めるポイントです。

結局かけ放題に入るのが一番安い。データは3~6GB。

 

多くの人がやってしまう大きなミス

値段だけで選んではいけないという事です。非常にありがちなので気を付けましょう。比べる事が出来ないので、自分が契約した物を「こんなもんかな」と使い続けるんです。スマホなんて色々契約して使う人はいないですよね。ほとんどの人がこの状況でしょう。だから色んなスマホ会社が存在し続けられるんです。

きちんと比べる事が出来たら一番良い2、3社だけにユーザーが集まって他はつぶれちゃいます。仕組みをわざと複雑にして、比較することが困難にさせるのがミソです。もし本当に自分の会社が質も料金も一番良かったら、お客さんにそれをわかりやすく伝えた方が良いに決まってます。

 

格安スマホ選びのポイント+α

上記で紹介した欠かせないポイント以外に、格安スマホを最終決定するために確認しておくべき点もあげます。

対応機種の機能

どんな機種があるかです。選べる機種がたくさんある必要はないのですが、一般的に海外製が多いので注意が必要です。

機能を理解していて海外製でも良いなら構わないのですが、どれでもいいやって感じで選んでしまうと、いざ使い始めてから、「え、これ出来ないの?!」となってしまいます。何が出来るかはとても重要です。日本製じゃないと付いてない機能が幾つかあるんですよ。お財布ケータイ機能などは日本独自なので海外製のスマホには付いてないんです。

オプションサービス

端末故障時の安心保障や、セキュリティソフトなどが安く使える優れたオプションが適切な価格で提供されているか。

たいていは似たようなサービスが用意されています。それは以下です。

  • セキュリティソフトを毎月300円くらいで使えるサービス
  • セキュリティソフト+スマホ故障時の修理代を安く、または無料にするサービス

これが用意されてないとイザという時に困るので、用意されている会社の方が良いです。

 

現在の最高の格安スマホは

ここまでで述べた事をすべて考慮した結果、最高の一台となる格安スマホが決まります。上記に挙げた要素を比較した結果だけでもその一つに決まるのに、更にそこは他者にないスマホ代を節約できるサービスを複数用意しているんです。だからもうそこ一択なんです。ではそれはどこか。

ズバリmineoです。mineoにしておけば間違いないです。現時点ではmineoが一番良い選択肢となります。最終的に他に迷った候補はありません。候補として挙げて比べた格安スマホ会社は幾つもありますが、ちゃんと調べるとmineoと迷うほどの会社は存在しません。料金の安さ、わかりやすさ、速度、顧客対応の良さ、ユーザー向けの無料サービスの充実度、どれを取っても優秀です。

その他に微妙に迷ったところは幾つかありますけど、ちょっと調べたら全然比較にならないレベルだとすぐわかるんです。早めに候補から消えました。

UQmobileとYmobileはおしい

ちなみに迷ったのはどこかというと、UQmobileとYmobileです。この2つは速度に関して言えばダントツです。それに通話・通信ともに性能は高いんです。

でも、問題は料金など他の部分なんです。安いように見えるというか、一応最初はある程度安いんです。ある程度ね。安い場合もあると言った方が良いかもしれません。ちなみに、CMで言っているような安い価格にはそうそうならないですよ。特定の条件での価格であり、その条件に当てはまるのはレアです。

そして私個人的に非常に頂けないのが、料金体系が複雑過ぎる事。非常に不透明で契約して使ってみるまで幾らになるか把握が難しいです。料金趣味レーションなんて用意されていたりしますが、実際は変わる可能性が含まれており、あくまで参考程度です。確認にならないので意味がありません。安いと思わせるために用意されているようなもんです。思ったのと違うなどと後で言ったところで、長~い免責事項に記載されていて泣き寝入りです。

途中で値段が上がることや、パケット繰越し出来ないなど、デメリットが大きいんです。ちなみにYmobileは格安スマホではなく普通のスマホと同じです。docomoやau、SOFTBANKなどと同じ。SOFTBANKの1つのブランドみたいな位置づけだそうです。

料金があまり安くないなら格安スマホにする意味が薄いですからね。結局上記の2つは最終的には完全に除外しました。

一見良さそうに見えてもよくよく調べたら大きなデメリットがあった、という所ばかりです。基本的には料金ですね。最初だけ安くて1年経過後あがる、2年経過後さらに上がるとか。または繰越が出来ないとか。ユーザーが得する仕組み作りは全然しないのに、損する仕組み、仕掛けと言った方が正しいですが、それはたくさん設けられているんです。

UQmobileとYmobileが最適な人もいる

そうなんです、人によってはUQmobileやYmobileが最適と思われる人もいるんです。それは、料金が高くても良いから常にネットの速度はできるだけ速くあって欲しい、という方です。安くはしたいんだけど、何よりも速度優先。そういう人はUQmobileです。速度の性能はピカイチ。他の追従を許さないレベルです。