昼食代の4つのパターンを比較して最高の節約+時短方法を見い出そう

お昼ご飯代を1日500円節約して年間13万円節約

キーボードの前に置かれた鮭とウインナーと玉子焼きなどが入った木の箱のお弁当

お昼ご飯はやり方次第で簡単に節約できます。飲み物代とともに見逃すことが出来ない重要ポイントです。

私は社員食堂をよく利用していました。社員食堂がない場合は、宅配弁当があれば利用してました。どちらも400円くらいで栄養バランスが考えられた食事を食べる事が出来ます。あまり美味しくないと言われたりもしますが、一応考えて作られたご飯です。それなりに美味しいですよね。

飲食店に比べたら劣るかもしれませんが、飲食店は美味しいと思われる事しか考えてません。健康面に配慮したら、社員食堂に明らかに軍配が上がります。

社員食堂も宅配弁当もなければ、弁当を持参してました。

外に食べに行くということはほとんどしません。節約の意味もあるのですが、1時間しかないお昼休みの半分を移動で奪われたくないという理由もあります。

 

お昼ご飯それぞれの金額と時間コスト

社員食堂で同僚と向かい合わせで置かれたランチセット

お昼ご飯を用意する方法は以下の4種類です。

  • 外食
  • 社員食堂
  • 宅配弁当
  • お弁当持参

この4種類にかかるお金と時間のコストを表にまとめます。

方法 金額 時間
外食 800円 30分(お店への行き来と調理待ち時間)
社員食堂 400円 10分(食堂への移動)
宅配弁当 400円 0分
お弁当を作る 150円 10分(作る時間)

まず外食は一番お金がかかります。今はラーメン一杯が680円とか750円しますよね。時代ですねえ。ひと昔前までは580円とかで食べられたのに・・・。ちょっと栄養のバランスを考えたりすると、1000円位になってしまいます。外食だけで健康的な食生活を送ることは難しいですね(汗)。

そして、社員食堂と、宅配弁当。この2つは同じくらいと見なして良いでしょう。ともに400円とします。宅配弁当の方が少し安いかもしれませんが、その社員食堂、宅配弁当により値段は多少前後します。また、社員食堂でもそば・うどんは安いですし、一概には言えないです。ここではまとめて400円としておきます。

最も安いのが、当然ながらお弁当を作って持参することです。150円と記載しましたが、日によって多少前後します。でもだいたい150円くらい、高い日でも250円くらいで済むと思います。

 

外食をやめて社員食堂・宅配弁当にするだけで、300~500円くらいの節約になります。

外食からお弁当に変えられたら、500~600円くらいの節約です。

 

10分でお弁当を作る方法

木の器に入った手づくりお弁当

作る時間がなくてお弁当作りはとてもやってられないという方が多いでしょうが、ご心配には及びません。ちょっと工夫すれば10分以内で作れます。

お弁当作りなんて超簡単です。前の晩に5分、朝飲み物と一緒に作って5分の、全部で10分で飲み物とお弁当が作れます。わかりやすくするために5分+5分にしましたが、実際はもっと短い時間で私は済みます。

コツは2つ。

  1. 前の晩のおかずを使う
  2. 自然解凍の冷凍食品を使う

まずは前の晩の夕飯作りの時に、お惣菜などを詰めてしまいます。お弁当箱のおかずスペースが全部埋まらなくてOK。翌朝に冷凍食品が入りますので。

ご飯もこの段階で詰めちゃいます。ご飯とおかずはある程度冷ましてから冷蔵庫にしまっておきます。

なるべく早く冷ましましょう。冷めないからと40~50分など常温で放置するのは良くないです。その時間にも少し菌が繁殖してしまいます。一番菌が繁殖しやすいのは20~40℃位の温度帯です。この温度帯を早く過ぎ去ることが大切。保冷剤などを使って素早く冷まします。50度以上の温度の時は菌は繁殖しづらいです。手で触って熱をあまり感じない位になったら冷蔵庫に入れましょう。

 

翌朝、仕事に行く前に冷蔵庫からお弁当箱を取り出し、自然解凍の冷凍食品をお弁当箱の空いてるスペースに詰めます。自然解凍だから調理も不要。冷凍庫から取り出したらお弁当箱に詰めるだけでOKです。冷凍食品は素晴らしい進化を遂げました。

まだ冷凍食品は凍ってるので、お弁当の保冷剤の役割も果たします。お弁当箱の外から保冷するのではなく、中からの保冷剤です。一応外からも保冷剤を入れておいた方が良いでしょう。100円ショップで売ってます。

お昼には完全に解けてちゃんと食べごろになってます。

自然解凍の冷凍食品は種類も豊富で、毎日お弁当に持って行っても飽きが来ないです。ウエルシアやイオンが安いですよ。150~190円くらいで買えます。

 

お弁当を作るには材料や冷凍食品の買い物の時間もありますが、自炊してればスーパーに行きますし、何かの生活用品の買い物と一緒に買う事も出来ます。なのでお弁当のための買い物時間は実質ゼロです。

 

まとめ

仕事の時のお昼ご飯は以下の4パターンで、下に行くほど安くなります。

  • 外食
  • 社員食堂
  • 宅配弁当
  • お弁当持参

社員食堂と宅配弁当の値段は、そこによって、またはメニューによって前後する可能性があります。

この中でお弁当持参が圧倒的に安いです。10分で出来るのでオススメですが、面倒な方は外食から社食・宅配に変えるだけでも変わります。

お弁当作りのコツは以下の2つ。

  1. 前の晩の夕飯でおかずのメイン以外と、ご飯は詰めて冷蔵庫へ
  2. 当日の朝に自然解凍の冷凍食品を詰めて持って行く

意外と簡単なのでやってみると良いですよ。

最近では男性でも料理男子、お弁当男子などと呼んで、むしろ格好いいと見られる傾向にあります。さり気なくお弁当で主夫力の高さをアピールすると、女子からの好感度アップにつながるかもしれません(笑)。

飲み物とセットで行えば、1ヵ月で15000~20000円くらい、年間の節約効果は20万円を超えますよ。

水筒やお弁当箱を買っても、1ヵ月で元が取れます。面倒な日はさぼるなどしたっていいですし。ぜひ検討してみてください。