お風呂場のカビ掃除の方法(実践編)

もう悩まない、お風呂のカビに勝利宣言

お風呂場の扉を開けて浴槽と奥の白い壁、左に木目調の茶色い壁とシャワーが見える風呂場

お風呂場のカビ掃除の方法をご説明します。もうこれで悩むことはなくなります。退治する方法と増えさせない方法がついにわかったんです。というか専門家の間ではすでにわかっていたらしいのですが。しかもその方法、とても簡単なんです。しかも毎日やる必要がないんですよ。やるのはせいぜい、週に1回

ではその方法をご案内していきますが、その前にお伝えしないといけない事があります。多分ショックを受けると思います。もしでしたら、次の見出しは飛ばして次の項から読んで頂いても結構です。カビ退治の方法を知るだけならそれでも大丈夫ですから。

しかし、よりカビについて詳しく理解しておこう、カビにはもう生えてほしくない、もう二度とカビに悩まされたくないと思うなら、読み飛ばさずに読んで頂くべき内容です。

 

やってはいけない、カビを生えやすくする方法

床をこすっているピンク色のブラシを横から見た図

まずこれから。実はやってはいけない、間違った掃除方法があるんです。私は今までの人生で、これやってたんです。長年に渡って。ところであなたは、お風呂場のカビ掃除などはどのようにしてますか?

  • 強力な洗剤を使う
  • ブラシで頑張ってこする
  • 歯ブラシで隅っこを洗剤を付けてこする

などなど色んな方法がありますよね。どれも大変な割には、完全にカビが消えてくれないし、数日から1週間くらいでまた生えて来たりしますよね。でもあと方法が思いつかないんですもの。仕方ない。

なんですが、実はこれ間違いなんです。むしろやらない方がいい、やってはいけない事なんです。こういう方法は、わざわざカビが住みやすい環境を作ってあげるような行為なんです。その結果、やる前よりも短時間でカビが生えるお風呂場になってしまうんですよ。

特に要注意なのがゴムパッキン。ゴムパッキンはこする事でキズが付きやすい。

本来、ゴムパッキンの表面は、完全にではないけど割とツルツルしています。カビ胞子がくっついても簡単に洗い流せるんです。でも、これをブラシなどでゴシゴシこすってしまうと、目に見えないミクロの傷がたくさんでき、凸凹になってしまいます。そこに、カビ胞子、そして水分も入り込んで、あたかもカビの巣穴のようになってしまうのです。こうなるとカビにとって最高に住みやすい環境となり、カビが以前よりも短い期間で菌糸を伸ばして成長しやすくなってしまうんです。

つまり、一生懸命頑張ってカビが住みやすいミクロの巣穴を作ってあげていたんですねえ。なんてことだ・・・(泣)。

一度凸凹に入り込んでしまうと、カビは私たちが目に見える表面方向だけでなく、なんと地面に潜っていく方向にも手を伸ばしていくんです。その断面図を見たのですが、その恐ろしいこと(汗)。

カビ取り剤をかけて20分くらい放置すると、私たちから見える表面は白くなり、カビをやっつけれた様に見えます。ですが、実際は表面より下の内部にはごっそりカビくんたちが繁殖して大集落をつくっているんですよ。私たちの目には見えないのですが。だから数日でまたすぐ表面にも繁殖してくるんですね。

わざわざ歯ブラシなどで一生懸命ゴシゴシこする。なんてのは絶対にやってはいけない方法だったんです!

ゴシゴシこするという事をしないでいたら、毎日カビ退治をしなくても時折簡単な掃除をするだけでカビは生えなくなるんです。

ご理解頂けましたでしょうか。怖がらせるためにお話したのではありません。とりあえずここまでご理解いただいた上で、これからご説明する方法がいかに理にかなっているのかを理解して頂きたいのです。

では今度こそカビを退治し生えなくなる方法のご説明に入っていきましょう。

 

カビの発生を防ぐ対策方法

方法は実は簡単。お風呂の中すべての場所がこの方法だけで行けます。これであなたのお風呂はもうカビ菌がほぼ発生しない。カビは今後発生しませんから、掃除もこれでいいのっていう位簡単になります。

 

カビの胞子を退治する

ではカビを撃退する方法です。

50度で5秒間お湯をかける

シャワーを手に持ってお湯を出している

50℃のお湯を5秒間当てます。これだけでカビの胞子は死滅します。

カビが生えやすい場所は、なんと言ってもゴムパッキン。ゴムパッキンは他のプラスチックやタイルなどに比べて、先ほども述べたようにミクロの世界で隙間が出来やすいんです。プラスチックやタイル、金属などはツルツル。表面から中に入りにくい素材なんですね。テレビで紹介されていた方法は、「50度のお湯を5秒間当てる」という方法。これでカビの胞子をやっつけることができるんです。

 

内部にひそんだカビは50度で90秒間

ゴムパッキンの奥にひそんだカビも、時間を長くするだけでOK。50度のお湯を90秒間かければ退治できるんです。

すでにゴシゴシこすってゴムパッキンを傷めてしまっているというあなた、私もそうですが、ゴムパッキンの中に浸透したカビはどうすれば良いのか。ご安心ください。実は、カビが奥に入って根を生やして繁殖しているのは、表面からはせいぜい0.2~0.3mmくらいです。

50℃のお湯を表面にあて、1mmの深さまで熱が伝わるのにかかる時間が90秒です。1mmの場所に50度の熱が伝わる頃には、カビがひそんでいる0.2~0.3mmの場所なんて50度で5秒以上は経っていそうですから、これで大丈夫ですね。

表面のカビも、素材の中にひそんだカビも同じ方法でやっつけられるんです。ただシャワーを持ったまま時間を長くするだけだから楽ですよね~。素晴らしい!

毎日やれば一番良いのは確かだそうです。ただ、カビの胞子がカビになるのに、だいたい1週間~10日くらいかかるので、やるのは1週間に1回50℃のシャワーを5秒ずつお風呂の色んなところにかけましょう。そして既にカビが生えている、または生えていた所などな内部に潜んでいる可能性があるので、90秒あてる。これを1週間に1回のペースで繰り返して行けばもうカビは生えてこないという事です。

50度で5秒間お湯を当てる。気になるところは50度で90秒間当てる。これだけ覚えておけばOKですね。

 

カビが増えにくい環境を保つ

さて、カビやカビの胞子をやっつける方法はわかりました。その後、カビの胞子が生え始める時が来るのを、出来る事ならなるべく遅くしたいですよね。

そのために私が発明した方法があります。発明と言っても理論は簡単、ごく原始的な考え方です(笑)。お風呂が乾燥するのを早くするだけ。

  • 風呂上りにぞうきんで水を拭きとる
  • 換気はしっかり行う
  • 除湿機でダメ押しで湿気を取る

お風呂から上がったらそのままにしないで、専用のぞうきんを用意しといてそれでお風呂の色んな所を拭きます。すると放置したのと比べ物にならないほど断然早くお風呂場が乾燥します。拭いては排水溝のとこで絞ってまた拭いて、を繰り返します。ぞうきんは数日に1回ブリーチか熱湯で消毒すると良いでしょう。繰り返し濡れることでぞうきん自体に菌が繁殖するかもしれないので、定期的に殺菌です。

もちろん換気扇は必須です。強弱が切替えられるなら、お風呂あがって1時間以上の間は強にしいておくのが良いでしょう。私は3時間やっています。

さらにダメ押しで、除湿器を洗面所かお風呂場のどちらかに置いてしばらく運転します。扇風機の風で乾燥させるのも良いでしょう。水滴のままではダメですが、風で乾燥して水蒸気になれば換気扇が外に出してくれますから、扇風機も有効です。

お風呂場や、その手前にある脱衣所、洗面所などは扉がついていて閉じられた空間になっています。使っていない時は扉を開け放しておいて空気の流れ道を作っておけば湿気がこもらないのでなおさら良いですよ。

 

天井のカビ掃除方法

浴室の天井。薄暗くあかりが灯っている

盲点ですが、忘れてはいけないのが天井のカビ掃除。放っておくと、天井についているカビ胞子が降って来て、お風呂の隅っこやいつもお風呂洗剤を置いたままにしている裏などに黒カビが生えたりする原因になります。

天井に熱いお湯をかけようとすると自分にかかってやけどするおそれがあるので危険です。

そこで、長い持ち手が付いた床掃除モップだかワイパーみたいのありますよね。使い捨ての布を付け替えて使うやつです。あれにアルコール除菌スプレーを吹きかけて、天井を拭き掃除すると、それだけでだいぶ変わるそうです。

私の場合は、高温スチームクリーナーを用意しました。ジャパネットたかたでも販売している有名な黄色い掃除機みたいな物です。あれだと高温の蒸気が簡単に作れて、家中使えるので物凄く便利ですよ。

 

忘れがちだけどここもしっかり掃除しよう

普段のお風呂掃除で中々やらないこれらの場所、実はカビが通気性が悪く水分が常にあって、とってもカビや菌が生えやすい場所なんです。

それはどこかというと、たくさんあるので箇条書きにします。

  • シャワーヘッド
  • 石鹸やシャンプーを置く所
  • ゴムパッキン
  • 排水溝
  • 扉の通風孔の隙間・下
  • 桶の裏側やイスの内側

これらの場所は要注意です。物をどかしたり、シャワーヘッドを外すなどは面倒なのでついまた今度・・・となりがちです。時おり意識的に掃除し、風通しよくしておきましょう。

石鹸置きやイス、手おけ、洗面器などの小物は、専用の大き目の桶などを用意しておいて、そこにブリーチを薄めた水(お湯ならなお良い)を張ってつけ置きする手もあります。これだとまとめて投げ込んで1時間くらい置けば終わりなので楽です。終わったらしっかりゆすぐ事を忘れないでください。物を炒めたり、変色などのおそれがありますので。使える物と使えない物があるので、漂白する物の説明書きやブリーチの裏の使い方をよく読んでからやりましょう。

 

お風呂場のカビ掃除の方法まとめ

私たちは今まで、カビは強力な洗剤でやっつける、強い力で頑張ってこするのが良いと思っていました。CMや世間で言われている事でそういうイメージを植え付けられていたんですよね。でも、正解は全く違ったわけです。

カビ退治の方法は以下。

  • 50℃で5秒
  • 50℃で90秒

そして再び発生させにくくする方法。

  • 高温でカビ菌を死滅させる
  • 風呂上りにぞうきんで水を拭きとる
  • 換気はしっかり行う
  • 除湿機でダメ押しで湿気を取る

忘れがちなところも時おり掃除しましょう。

  • シャワーヘッド
  • 石鹸やシャンプーを置く所
  • ゴムパッキン
  • 排水溝
  • 扉の通風孔の隙間・下
  • 桶の裏側やイスの内側

天井にシャワーのお湯をかけるのは火傷の危険があるので、お掃除モップにアルコールスプレーを付けて拭きましょう。

以上、お風呂場のカビ掃除の方法でした。

参考:ガッテン