洗濯物を部屋干しでも臭わない服の洗い方・干し方

2017-11-07洗濯のコツ生活の知恵, 一人暮らし, 家事

洗濯物の臭わないやり方、部屋干しの場所

今回は私が長年探し求めてたどり着いた、洋服やタオルを清潔に洗い生乾きの臭いがしない、それでいて出来るだけ費用は安く・楽な方法を伝授しようと思います。

洗剤と柔軟剤はどれを選ぶべきかというのも具体的にお話しちゃいます。

そして洗い方もただ洗うのではなく、ちょっとだけコツがあります。と言ってもなにも面倒な事をするのではなく、ほんのひと手間加えるだけです。

これにより同じように洗濯機で洗うにしても、生乾きの臭いが発生しづらくなります。

とりあえず、洗濯が初めての方や慣れていない方のために、洗濯のおおまかな流れをご説明します。ざっくり大きく分けると、以下のように分けられます。

  • 洗濯機で洗う(洗濯機のコース、洗濯物の量、洗剤選び、溶かし方にコツが必要)
  • 干す(干し方、干す場所が大切)
  • 乾いた洗濯物をたたむ、しまう(しまい方、しまう場所が重要。時短や面倒さに関係する)

実際にはここにいくつものコツが入ってきます。カッコで少し書きましたけど。

洗濯なんて簡単と何となくやるのと、これからお話しする方法を知っているのでは、洗濯開始から終わってしまうまでにかかる時間もまるで変ってきます。

それはなぜか、そしてどうすればきちんと洗えて最短時間で済ませられるか、ご説明していきます。

汚れがきちんと落ちて生乾きの部屋干しの臭いもしない、正しい洗濯の仕方と干し方を身に付けておきましょう。

 

洗い方のコツと洗剤選びと柔軟剤

まずは洗濯物の洗い方から。ポイントごとにご説明していきましょう。

水をためて洗剤をよく溶かす

洗剤の溶け残りが衣服やタオルについてすすぎ切れないまま干すと、それが臭いの原因になったりします。

空の洗濯槽にまず水をためながら洗剤を投入し、水のドボドボという勢いで洗剤をちゃんと溶かします。
寒い季節などはお湯を使えばなお確実です。

その後に洋服やタオルなどの洗濯物を入れるようにしましょう。

ちなみに、洗剤のタイプは、液体の物がおすすめです。
始めから液体ですから、粉状の洗剤のように溶け残ることがなく便利です。

ちなみに、洗濯機の中の洗剤トレーみたいなのがついてる事がありますが、ここに洗剤を入れるのはおすすめしません。

一見便利なようですが、洗剤が溶け残りやすいですし、ここに残った洗剤が雑菌の繁殖の原因になってしまいますので。

洗剤をきちんと溶かしてないと、衣類に残って臭いの原因になったりします。
そして洗濯の汚れ落ちにも影響するので注意しましょう。

ここまでの洗濯の手順をまとめますよ。

  • すぐに洗濯機に服やタオルなどの洗濯物を入れない
  • 空の状態で水を入れ、ドボドボと出てる水に洗剤を入れて溶かす
  • ある程度水がたまったら、衣類を入れて洗濯機のフタをしめる

これがパターン化すれば、特に意識することなく出来るので簡単です。

 

洗濯洗剤のおすすめ(部屋干し対応)

 

私のおすすめは、アリエール液体イオンパワージェルサイエンスプラスです。


これが今のところ最強です。2017年12月現在も使ってます。今のところこれが値段と性能のバランスにおいて最高だと思っています。数年この洗剤から変えてません。

このアリエールサイエンスプラスよりも新しい洗濯洗剤は色々出ています。

新しい製品なんだから良いんじゃないかと思うかもしれませんが、確かに良いことは良いです。でもコスパがあまり良くないです。

それは洗濯の能力の差というより、便利さや目新しさをアピールして高い料金設定になっているものが多いです。ジェルボールなんてその典型です。確かに便利なんですが、量と値段を比較するとその高値に驚きますよ。

発売されてから何年か経っているのに、どこのドラッグストアにいっても必ず置いてあります。詰替え用のサイズも豊富ですし、人気商品である証拠です。

液体なので溶けやすいし、詰替え用もお得な特大サイズもあるので重宝してます。

ここで少し洗濯洗剤のタイプのお話を。

洗濯洗剤には顆粒の粉タイプと、液体タイプとありますが、液体タイプの方がすぐ溶けて混ざりやすいのでおすすめです。部屋干しでも外干しでも共通して言えることです。

とけ残りあがあるとそれが服やタオルにこびり付いて残ったり、菌のエサになるので要注意です。菌は洗剤までエサにしてしまうそうです。

一般的に粉タイプの方が洗浄力が強いとテレビで専門家がよく言ってますが、私は違いを実感したことはないです。

それよりも、溶けやすく洗濯がしやすいという点から、液体タイプがおすすめです。

値段的にも差はほとんどないです。複数の商品で粉タイプ、液体タイプの内容量を調べて比べてみましたが、値段的にあまり差はありませんでした。

 

洗濯に柔軟剤をあわせて使おう

柔軟剤は衣類やタオルを柔らかくするのみならず、静電気の予防やとても良い香りをさせたり、消臭効果もあります。

洗濯物の臭いが気になる方や、清潔感を出したい方は特に、柔軟剤を積極的に使うと良いです。

 

私がおすすめするのは、レノア ハピネスダークローズ&チェリーです。


系統としては甘めの香りです。でもとにかくすんごくいい匂いです。

女性から香れば魅力的な印象になると思いますし、男性からさり気なく香ってもさわやかな香りだと思います。強く香るとちょっといやらしいかもしれませんのでご注意を。

香水でもシャンプーでも、匂いが強すぎればイヤな感じになってしまうので、香りはあくまでさり気なくが良いと思いますよ。

 

柔軟剤の上手な使い方

洗濯機の洗いが一回終わり排水し、その次のすすぎの時に少し入れるというのが通常の使い方です。

ですが、私は途中で柔軟剤を入れに行くのが面倒なので、洗剤と一緒に入れてしまいます。

つい入れすぎる事があるのですが、すると衣類からする柔軟剤の香りが強すぎたりしてしまいます。最初に洗剤と一緒に入れてしまえば、匂いが強く残ることもありません。それでも充分に効果があります。

すすぎの時に入れる場合に比べ柔軟剤の効果が半減する、つまり同じ効果を出すのに、すすぎの時に入れるなら更に少なくて済むので、経済的な面から言えば、すすぎの時に入れる方が良いです。

どちらにせよ、一回で使う量はほんの少しなので、あまり影響を感じないですけどね。

いい匂いを漂わす事よりも、目的はあくまで消臭がメインです。強い匂いが漂うと周りに不快感を与えるおそれがありますし、少量でもいいから入れているだけで消臭効果は期待できます。なのでやはり少な目が良いでしょう。入れるタイミングも最初に洗剤と一緒で良いと思います。

くれぐれも入れすぎには注意です。香りが強くなりすぎ、職場や学校で、その柔軟剤の匂いがあなたのイメージになりかねません。ほのかに香るかも、くらいが無難です。
感覚としては、ほんの少しだけ入れる、という感じでOKです。

 

洗濯物をためすぎない

洗濯物を洗濯機にぎゅうぎゅうに詰め込んでしまうと、回転が悪くなり汚れ落ちが良くありません。洗濯機の洗濯槽(内側の網状の桶)は回っていても、中の洗濯物が上手く回らなくないんですよ。

洗濯機の洗う動きとしては回転しかないですから、その回転が悪いと汚れ落ちに悪影響を与えます。なので、洗濯の回数を減らした方が節約になるからと詰め込み過ぎたりはせず、ある程度の量までにしといたた方が良いです。

また、脱水にもムラが出てしまいます。
ひどいときは、よく脱水できている場所と、手でしぼれるくらい濡れている場所があったりします。洗うのと脱水の2面の理由から、洗濯機いっぱいに詰め込んで洗うのはやめておきましょう。

かといって、洗濯物が少ししかないのに洗濯機を回すのも、節約の観点から言うともったいないです。洗濯機がちゃん回る量、だいたい洗濯機の容量の8分目くらいがベストでしょう。

お使いの洗濯物の周りの良い時悪い時を、何度か洗濯を行う中で確認し丁度よい量を見極めてください。

 

万が一洗濯物が臭くなってしまったら

気を付けて洗濯物を洗う、干すことをしていても、どうしても早く乾かす事が出来なかったり、しめった状態で長く放置してたりと、臭くなってしまうことはあります。

ご安心ください、臭くなってしまった物の生乾き臭を消す方法もちゃんとあります。かなり臭くなっても大丈夫です。見事なまでに臭いが落ちますから。

これについては、部屋干しの生乾きの臭いを消す方法で詳しくご説明しています。

 

洗濯物の干し方のポイント

洗濯物を干すときのポイントをあげます。

  • 洗濯が終わったらすぐに干す(超重要)
  • 洗濯物どうしの間隔をあけて干す
  • 風をあてる、または風の通り道を作る
  • 干す場所としまう場所の位置関係

ではこれら洗濯の干し方を詳しくご説明していきます。

 

洗濯が終わったらすぐに干す

まず第一に、洗濯機が回り終わってメロディが鳴ったら、ただちに干すことが大切です。

密閉された洗濯機の中に、濡れた洗濯物が固まった状態なので、
非常に菌が繁殖しやすいです。

菌が繁殖する条件は、

  • 湿気がある
  • 温度が高い
  • 菌のエサになる物がある

です。

エサなんて何でもいいし、エサなんてないでしょ!?っていうプラスチックの上とかでも菌という物は繁殖できちゃう凄い生存能力の持ち主です。
なので結局、湿気と温度がある程度あったらもう菌は発生しちゃうと思っておきましょう。

洗濯が終わって濡れたまま放置してる間ずっと、菌は繁殖し続けます。

洗濯が終わったら、1分でも早く取り出して干してしまいましょう。

 

間隔をあけて干す

洗濯物どうしの間隔をなるべく空けて干しましょう。
衣服やタオルが触れ合っている状態は、空気が流れないので湿気が逃げていかず、乾きが悪くなります。

厚いバスタオルなどは乾きにくいですよね。
洗濯物がくっついていれば、それと似たような状況になるという事です。

最低でも5cm以上、出来れば10cmくらい、
本当の事言えば20~30cmくらい空けて、
空気が通りやすい状態にする事が大切です。

20cmくらい空ければそれだけ乾きは早くなりますよ。
密集してればしてるほど、その空間の湿気は多くなりますからね。

なるべく湿気が洗濯物から逃げれる空間を作ってあげれば、乾きが速くなります。

 

風をあてて早く乾かす

干してある洗濯物の周りの空気は、
洗濯物が乾いていく過程で出た水分により、水蒸気がいっぱいです。

洗濯物のすぐそばにある空気が、水蒸気をいっぱい含んだままでは、洗濯物の内部にいる水分が出ていく場所がない状態。
それでは洗濯物が乾きにくいわけです。

なので、早く乾かすためには、風をあてて、その水蒸気をいっぱい含んだ空気をどこかに追いやって、新鮮な空気を洗濯物のそばに取り込んで、洗濯物についている水分の逃げ場を新たに作ってあげる必要があるということ。
そしてそれが常に行えていれば一番良いわけです。

そのための方法は以下になります。

  • 外に干す
  • エアコンの風を当てる
  • 扇風機で風をあてる
  • 窓を開ける(出来れば部屋の2か所を開ける)

外には室内より断然乾きが良いです。
その理由は、外は部屋のように区切られてません。無限に広がる空間です。
風が多少なりとも常にあり、必ず空気は流れてますから、洗濯物の水分の逃げ場が常にある状態な訳です。

たとえ冬の寒い季節だとしても、外に干したほうが乾きが早いです。

外に干せない場合は、エアコンや扇風機で風を当てましょう。
雨が降っている、虫が出やすい、洗濯物を人に見られたくないなど、外に干せない状況も多々あります。

そういう場合は部屋干しするしかないですが、風を当てることで空気をかき回します。

エアコンを使うなら、なるべく温かい風を当てる方が当然乾きは良くなります。

窓を開けて湿った空気を入れかえる事も重要です。

空気中に存在できる水蒸気の量は決まっているんですよね。そして同じ量の空気でも、温度が高い方がたくさん水蒸気を受け入れられる、言い換えれば、洗濯物がより乾きやすいのです。

閉め切った部屋では空気の入れかえが起きず、洗濯物を干している部屋では、いずれ空気は水蒸気が受け入れられる範囲いっぱいになってしまいます。水蒸気をいっぱい含んだ空気ばかりでは、洗濯物から水分が出ていけません。言い換えれば、洗濯物が乾こうにも乾きようがない状態なんですよね。だから空気の入れ替えをしてあげる必要があるんです。

また、部屋の2か所を開けた方が良いです。

部屋の1ヵ所だけ開いていても、空気はいまいち流れません。
空気の入れ替えは、空気の入り口と出口が必要なんですよね。
これ意外と知らない方が多いです。

確かに、窓が1か所だけしか開いてなくても、ゆっくり空気は入れ替わります。
でも、ゆっくりなんですよ。かなり。

2か所開放している時と1か所とでは非常に差が出ます。倍なんてもんじゃないですよ。私の体感的には、時間で言って5~10倍くらい変わってきてる感じです。

出来る限り、干している部屋のドアと窓などの2カ所を開け、空気の通り道を作るようにしましょう。

ちなみにですが、除湿機は洗濯物を乾かすのに非常に効果があります。
あるとないでは完全に乾くまでの時間に2、3時間の違いが出ます。

除湿器は空気中の水蒸気を集めて液体の水にして貯めてくれます。
このおかげで空気の水蒸気が減って、洗濯物の水分の逃げ場がまた出来るという事。
なので空気の入れ替えをしているのと同じ事になります。

非常に便利なので、お持ちでない方も購入を検討してみても良いと思います。
家電製品としては比較的安い方ですし。

窓を開けられないし扇風機も用意できないという状況でも、除湿器があればかなり乾きが早くなります。
私はこの状況なのですが、洗濯物が臭くなる事はほぼないです。夏でも冬でもです。

非常に長く使えるし、夏から冬までオールシーズン活躍します。
長い目で見てかなりコストパフォーマンスは高いことからも、おすすめします。

 

洗濯物を部屋干しする場所

部屋干しは場所で決まると言ってもいいくらい場所が重要です。ではどこにすればよいのかをご説明します。まずはかかせないポイントから。

部屋干しにかかせないポイント

  1. 風通しの良い場所
  2. 温度の高い場所
  3. 空気の入れ替え

この3つがポイントです。上から大事な順になっています。1、2番はかかせない要素です。3番は1、2番に比べればそこまで無理に必要ないです。大切なのは風と温度です。

理想を言えば、部屋干し専用部屋みたいなのが作れたら最高です。

小さめの部屋をガンガン暖房で温め、2か所通気口を作っておき、扇風機で風を起こして部屋の中に空気の流れを作ることです。そこに除湿機もあれば文句なしです。

そんな部屋を作ることが出来るご家庭はそうそうないと思います。ではどうするか。

風通しさえ良ければ乾くまでにかかる時間は寒くても早くなります。真冬でも外に干せれば結構乾きがいいですからね。とにかく風通しをよくします。

洗濯物に風が当たり、干してある部屋の換気が良いことが大切です。

 

では、干す場所の選択肢の少ない一人暮らしを想定して、部屋干しの場所を探します。一人暮らしでは部屋は1つか、多くてもほとんどの方があっても居間とキッチンの2つでしょう。部屋干しの場所の正解は2か所あります。

 

居間のエアコンの真下

部屋干し場所として選ぶべき1つ目は、「居間のエアコンの真下」です。

  • エアコンの風
  • エアコンの温度

この2つが得られるのが利点です。最初にあげたポイントの1、2番が確保できています。

これで洗濯物の近くの温度と風通りは確保できるので、ある程度短い時間で乾かせます。

具体的な方法としては、エアコンや扇風機で風を当てて、その部屋の2か所の扉か窓を開けて空気の入れ替えが常に行われている状態にすることです。

扇風機でも風は当てられますが、エアコンの方がいいですね。温度が高いことも洗濯物の乾きを良くしますから、エアコンの温かい風を当てた方が早く乾きます。

パイプハンガーなどでエアコンの風が出るところに洗濯物を近づけるなど出来れば強い風が当たるのでなおさら良いです。よくニトリなどに売ってますよね。1本か2本のパイプでハンガーをたくさんかけられて、高さを調節できるやつです。とにかく洗濯物に風が当たっていれば乾きはだんぜん早くなります。

さらに乾きをよくしたいのであれば、空気の入れ替えを行うことです。洗濯物を干してからの時間経過とともに、部屋の中は湿気の逃げ場がなくなり、乾きは悪くなっていきます。時折窓を2か所あけて空気の入れ替えをしましょう。

でも空気の入れ替えをすると部屋が寒くなりますよね。居間で過ごすのですから、寒いのは困ります。そこで窓を開ける代わりに、除湿器を使うのも1つの手です。除湿器を買うお金がかかってしまいますが、除湿器の能力は洗濯物にはかなり有効です。

除湿器選びのポイントが2つあるのでご紹介しておきます。それは音と臭いです。

除湿器の中には音が大きいものがあります。部屋に置いておくと音が気になるし、テレビの音も聞こえづらいし、勉強や仕事などの作業をするのにも気が散ります。

臭いの方ですが、これも除湿器によるのですが、何のためかいまいちハッキリしないのですが、薬品のような臭いが出るタイプがあるんですよね。除湿器は部屋の空気を取り込んで、湿気を除去した空気を排出するという仕組みなんですが、その排出する空気とともに臭いが出るタイプがあるんです。

私はこれがとても苦手です。気にならない人もいます。それぞれですね。

 

キッチン換気扇の近く

最初に挙げたポイントの3番目「空気の入れ替え」が確保できています。

キッチンには居間のようにエアコンがないのが難点ですが、空気の入れ替えには困りません。キッチンとお風呂場の2つの換気扇(お風呂とトイレが別々のアパートなら3つの換気扇)により、窓を開けることなく常に空気の入れ替えが行えます。

では、空気の入れ替えよりもっと重要な風と温度の確保です。

これは暖房器具を使うしかありません。灯油ヒーターなどを利用することで、キッチンを温室にします。一人暮らしのアパートのキッチンは居間より狭いのですぐ温まります。これで洗濯物が乾きやすい温度になります。

あとは扇風機で風を当てます。これで温度と風と換気のすべてがそろい、あとは放置できます。

もちろん、除湿器は有った方がよい良いです。除湿器は一年中役立つ便利なアイテムなので、あった方がよいと思います。

それに対して、加湿機という物はあまり必要ないと私は思っています。余談ですが。わざわざ加湿するくらいなら、洗濯物を干したいところです。全く部屋干しなんてしないし、家の中が乾燥して仕方ない、というご家庭なら必要かもしれないですが。

1つ注意点があり、お風呂に入ったばかりだとお風呂場からの湿気で洗濯物が乾きが悪くなります。お風呂から上がってある程度時間が経ってからの方が良いですね。

寒い時期に洗濯物を早く乾かすには、どうしても多少のお金がかかってしまいますが、これは気温が低いので仕方ないことです。この辺をいかに工夫して節約しながら早く乾かすかですね。

 

洗濯物をしまう場所

洗濯物をしまう場所ってほとんどの方があまり意識しておらず、生活する中でいつの間にか決まった場所になっていることが多いと思います。労力も減るし時短にもなるので、一度見直されることをオススメします。

洗濯物が乾いたら、取り込んでクローゼットや衣装ケースにしまうことになりますが、遠くにあったらしまうのが面倒です。

できる限り、洗濯物を干す場所としまう場所が近くなるようにすると楽になります。

一人暮らしの場合などは、クローゼットに一番近い窓のそばなどが良いですね。

なんですが、今話したのは基本的な考え方であり、理想という感じ。これよりも大事な事が1つあります。

それは「はじめから使う場所に置いておく」ということです。

バスタオルはお風呂場、フェイスタオルは洗面所、手拭きタオルはトイレと流しのそばの棚、などです。

それを使う場所のすぐそばに置いておくのが、一番動きが少なくなり、体感的にも最も楽な配置です。

洗濯物が乾いてしまう時だけ、各々の配置場所にしまいに行くのが面倒ですが、面倒なのはこの1回だけ。あとは使いたい時にすぐ出せます。

朝の急いでる時に「タオル出し忘れた!」とか、お風呂入ろうと思って服を脱ぎ始めたのに「バスタオル用意してなかった!」なんて事が絶対ありません。使いたい時にすぐそこにあるのですから。

こっちの方が絶対良いです。洗濯物をしまうのは日中や夕方から夜など、時間のある時に配って回ってしまい、使う時はすぐ近くにある。この状態の方が時間とストレスの面で効率的ですからね。