部屋干しの生乾きの臭いを消す方法

2017-11-07

洗濯干しに靴下やブラトップが干されている

生乾きの臭いを消すポイント

まずは生乾きの臭いのためのポイントを先に挙げます。

  • 生乾きの臭いの原因
  • 生乾きの臭いの消し方
  • 生乾きの臭いの再発を防止
  • 柔軟剤で消臭を補助

ここに書いてあることを行えば、
生乾きの臭いと完全にさよなら出来るので、ご安心ください。

では順番にご説明していきます。

 

生乾きの臭いの原因

生乾きのいやな臭いをきちんと消したければ、その原因を正しく知る必要があります。

結論から言うと、菌です。おもにモラクセラ菌というものです。
長時間湿ったままでいたために菌が繁殖し、臭いを発生させています。

短時間で乾いてしまえば良いのですが、乾くまでに時間がかかってしまうと大量に繁殖するのです。

生乾きの臭いを発生させないために重要なのは、「洗濯が終わってから、完全に乾くまでの時間の長さ」です。時間が短ければ良いのです。菌が大量に繁殖する時間を与えなければ良いんです。

目安としては4、5時間といわれてますが、季節による(気温による)のですが、夏でもだいたい8時間くらいまでに乾けば臭いがする事はないです。洗濯したての状態で菌がほとんどいないこ前提です。臭いが一度ついてしまうと、普通に洗濯しただけでは取れません。(菌を消す方法は後述します)

洗濯した直後は臭いがしないのですが、半乾きくらいから臭いがし始めたり、乾ききった時点ではあまり臭いを感じなかったのに、汗や雨に濡れたことで、残っていた菌が再び繁殖して臭ったりします。

これは菌が除去しきれていない事が原因です。厳密に言えばこの菌はどこにでもいるので、完全に消し去ることは不可能ですが、時間が経ってもイヤな臭いがしない元の状態に戻すことは出来ます。

このように、菌をいかに除去し、繁殖させないようにするかが、生乾きの臭い対策の大切なポイントというか肝というか、ほぼ全てです。

では実際の手順に入っていきましょう。

 

生乾きの臭いの消し方

お待たせしました。

では生乾きの臭いをほぼ完全に消し去る方法をご説明します。

一度臭くなってしまったら、普通に洗濯しただけでは臭いは取れません。通常の洗濯とは別に菌をやっつける手順が必要です。

流れ

手順は以下です。

  1. 菌を除去する
  2. 通常通り洗濯する

生乾き臭の原因は、モラクセラ菌です。この菌をやっつけて、洗い流すことが必要です。

使用するもの

菌を除去するのには以下の物が非常に有効です。

  • キッチンブリーチ
  • 熱湯

この2つのどちらかを使います。

キッチンブリーチはとても強力ですし、ほとんどの菌やウイルスをやっつけてくれます。ノロウイルスにも効くほどです。そして値段も非常に安い。

このキッチンブリーチ(塩素系漂白剤)と熱湯を、洗濯物により使い分けて上手に殺菌・消毒を行います。

と言っても簡単です。私のオススメは、

  • 白いタオルや白いハンカチ →ブリーチ
  • 色柄もの →熱湯

というように、物によって使い分けてます。

ブリーチは色落ちするので白い物にしかつかえません。私の場合はタオルだけです。タオルはブリーチで漂白できるように、あえて白にしました。

それ以外のものは熱湯で行ってます。熱湯なら色落ちすることはありません。

 

キッチンブリーチは、私たちの身の回りで最強の殺菌、消毒アイテムです。

熱湯よりも断然強力です。そして、アルコールよりも、酸素系漂白剤よりも。

一番やっつけられる菌やウイルスの種類が多いのが塩素系漂白剤なんです。

次亜塩素酸ナトリウムという成分が含まれ、これが強いアルカリ性を示して強力な殺菌力・抗ウイルス力を発揮してくれるということです。

ノロウイルスは強い耐性を持ったウイルスであり、アルコールや酸素系漂白剤では死んでくれないんだそうです。だからやっぱりキッチンブリーチを使っていた方が安心ですね。

ノロウイルスでの食中毒は12~3月に多いので、冬の時期は特に注意しましょう。

 

ちなみにノロウイルスが加熱でやっつけられるかですが、これについてはイマイチ結論がハッキリしません。効果がなくはないようですが

厚生労働省によると、食材の中心部を85~90度の熱で1分半以上加熱することが望ましい、ということまでしか言えないようです。

 

話がノロウイルスにそれてしまいましたが、これについては詳しくはまたいつか。では生乾きの臭いを消す方法に行きましょう。

という事で当サイトでは、なるべくキッチンブリーチを使い、それによりノロウイルスなどの危険なウイルスや菌も除去。キッチンブリーチが使えない物には熱湯で消毒を行う、という方針で行きます。

ご存知と思いますが、くれぐれもキッチンブリーチなどの塩素系のものと、酸素系のものを混ぜないようにしましょう。有毒ガスが発生して危険と言われています。要注意です。

 

キッチンブリーチで殺菌・消毒する方法

  1. ブリーチを薄めた液に衣類をつける
  2. 1時間くらい放置
  3. 水でよくすすぐ
  4. 普通に洗濯する
  5. さっさと乾かす

キッチンブリーチを水かぬるま湯で薄めます。

そしたらそこに、臭くなったタオルやTシャツなどを入れて、30分~1時間くらい放置します。長く浸けおきするほど効果は出ますが、衣服が傷む可能性を考えて臭いが十分とれるくらいでやめておきます。

その境い目は、何度かやる中で見つけていくしかないです。ブリーチの分量が多いほど、お湯の温度が高いほど効果は強くなります。

色が落ちてしまうので真っ白のものだけにしましょう。

放置したら、水かお湯でよくすすいでから、普通に洗濯します。

また、真っ白でも素材が傷むと困るものはやめておきましょう。ブリーチは強力なので多少傷む可能性があります。傷んでいると感じた経験は特にないですが、大切なものはやめておいた方が無難です。

分量

入れるブリーチの量はかなり少なくて良いです。

目安は水1リットルに対してキッチンブリーチのキャップ1/4くらい。

ブリーチの容器の背面に分量は書いてあるので、それを読んで行いましょう。

私の場合は、面倒なのと確実に殺菌したいのとで、少し多めに洗面器1杯くらいのぬるま湯に対してキャップ1杯くらい入れてます。

もっと言うと、キャップは使わず目分量です。キャップで計るとフタをして逆さまになった時にタレてきそうでイヤなんですよね。そんなこんなで、たぶん多めに入っちゃってます。

色柄ものには使えない

なお、ブリーチは色落ちさせてしまうので色柄物にはつかえません。

白いタオルやくつ下など、色のないものにはブリーチを使うと良いでしょう。

色柄物には熱湯が色落ちせず消毒できるので良いでしょう。

ブリーチの種類は?

ブリーチには洗濯用などと分けられていたりしますが、私はキッチンブリーチだけですべて代用してます。

まな板、包丁、食器などの台所用品から洗濯物まで、この一本で行ってます。

ついでに言うと、キッチンハイターとキッチンブリーチ、値段が倍くらい違いますが、この違いは何なのかというと、ほぼ同じです。キッチンハイターは、とあるメーカーの1商品です。

容器の裏の成分表を見ても違いがわかりません。安い方のキッチンブリーチで良いです。

 

ちなみに、色柄物にも使えるとうたっているワイドハイターは酸素系漂白剤で、ブリーチとは種類が違います。

ワイドハイターは、一度臭くなってしまった物、つまり大量に菌が繁殖した状態にはキッチンブリーチより効果が薄いです。というか私はまったく臭いが取れませんでした。殺菌力の強さが足りないみたい。熱湯の方がよっぽど効きました。

菌の繁殖の予防程度だと思った方が良いかもしれません。殺菌力が中途半端な気がして、今のところ私は使う場面が思い当たりません。

 

塩素系漂白剤と酸素系漂白剤を決して混ぜてはいけません。容器にも「混ぜるな危険」とでかでかと書いてあります。小さなお子様の手の届かないところに置くなどの注意も必要です。

 

熱湯で殺菌・消毒する方法

  1. お湯をわか(沸騰する少し前でOK)
  2. オケや洗面器に洗濯物を入れ、お湯を注ぐ
  3. 30分ほど放置
  4. お湯を捨て、通常通り洗濯
  5. なるべく早く乾かす

色物には、熱湯を使います。キッチンブリーチが使える洗濯物は、色がない真っ白な物だけです。(無理やり使っていけないことはありませんが、色が落ちちゃいます)

沸騰したお湯である必要はなく、70度くらいでOKです。生乾きの原因のモラクセラ菌を含め、ほとんどの菌は65度くらいで撃退できるそうです。

とはいえ、温度が高いほど殺菌効果が高いので、私は沸騰直前くらいを狙ってます。

やかんの口から結構湯気が立ってきて、湧きそうな音がしてきたらもう火を止めます。

私は洗面所の流しに栓をして行ってたこともあり、特に問題は起きてませんが、たいていは熱湯を入れない様にとの注意書きがあったりします。

万が一破損したり、何か問題が起きる可能性を考慮し、何か容器を使った方が無難でしょう。私は100均で売ってる耐熱温度が高いオケを使ってます。

一応、お湯の温度には注意します。

完全に沸騰したときは、水道のお湯か水を少し入れて薄めてから使ってます。

臭いのする衣類をそこに入れ、沸かしたお湯を注ぎます。衣類が完全につかる位の量を入れましょう。

そして30分くらい放置します。15分くらいでもたぶん大丈夫ですが、確実に殺菌するために私は30分くらいにしてます。

長いほど良いのでしょうけど、30分を超えるとお湯が冷めてきます。

沸かしたお湯を継ぎ足すなどすればいいんでしょうけど、私の経験上30近くやればまず大丈夫です。一応データとして言っておくと、10分くらいでやめた時でもちゃんとニオイは取れてました。

 

消毒が終わったら、洗濯機で普通に洗濯します。

殺菌に使ったお湯ごと入れても臭いは復活しないと思いますが、一応お殺菌に使ったお湯は捨てて新しい水で洗濯した方が良いと思います。そこには菌の死骸が一応いるわけですし。

 

生乾きの臭いの再発を防止

殺菌したらあとは普通に干せばOKです。

ただ、またいずれ生乾き臭がする可能性はゼロにはなりません。

菌というものは元々、至るところにいます。なので、油断してれば再発する可能性は常にあると思っておきましょう。

臭い戻りを防ぐ方法

なるべく再発しないためにはどうすれば良いか。防ぐ方法はこうです。

  • 早く乾かすことを常に心がける(特に暑い時期ほど)
  • 使い終わって湿ったバスタオルなどは広げて置いておく
  • 柔軟剤を使う
  • タオルなど濡れやすい物は時おり熱湯消毒する

普段の洗濯のときから、早く乾かすことを心がけましょう。

一見臭いが取れたように感じても、乾くのに時間がかかったり、使い終わったバスタオルをくしゃっと置いておくなど、濡れた状態が長時間あるものは再び臭くなりがち。

  • 菌を繁殖させない
  • 臭くなったら除菌

この2つが重要です。

どこにでも少しくらい菌がいるのは当たりまえで、それだけでは臭いもしないのですが、濡れたまま長時間が経てば、菌はすぐ増殖します。

「4時間くらい経つと繁殖しはじめる」などとテレビで聞いたことがありますが、なにも4時間待たなくとも、濡れた状態は菌が繁殖しやすいのですから、洗濯が終わったら直ちに干しましょう。

とにかく、なるべく早く乾かすことがとても大切なのです。

一度菌が繁殖してしまうと、もう普通に洗濯しただけでは取れませんので、気を付けましょう。

 

洗濯物を速く乾かす方法

洗濯物を速く乾かす方法も知っておきましょう。

以下の方法が有効です。

  1. 扇風機の風を当てる
  2. エアコンの真下に干して風をあてる
  3. 除湿機を使う
  4. 干す前にアイロンがけする

洗濯物を乾かすのに、風を当てることはとても有効なんですよ。ぜひ使って頂きたいです。そしてもう1つ重要アイテムが除湿器。そしてアイロンは面倒だし1人暮らしではお持ちでない方も多いでしょうが、強力なアイテムです。

ではこれらを解説していきます。

扇風機・エアコンの風を当てる

風をあてると格段に早く乾きます。

扇風機でも良いですし、エアコンの暖かい風なら最高です。でも、冬じゃなければエアコンは冷房。出てくる風は冷たいです。それでも何も当てないよりマシなんです。

あるなら扇風機の風を当て、使えないならエアコンの冷房の風でも良いのでなるべく洗濯物に風を当てるようにしましょう。

除湿器を使う

除湿機もかなり有効です。

朝家を出てから帰宅するまでとか、寝るときにつけて朝起きるまでなど、半日ほど運転しておくと1~2リットルくらいの水が除湿機にたまります。

つまり、それだけの水分が、洗濯物や空気中に存在するという事ですね。そう考えると凄いですよね(汗)。

厳密に洗濯物と部屋の空気中の水分のみではないかもしれませんけどね。

部屋は完全に密閉されているのではなく、窓を全く開けなくても外との空気の循環は必ずどこかで起きてるはずなので。

除湿器が空気中の水蒸気を減らして湿度が下がり、洗濯物の水分が蒸発しやすくなるので、洗濯物が早く乾くというメカニズムです。

アイロンをあてる

正直手間がかかるし、持ってない人も多いでしょうけど、洗濯が終わった衣類やタオルを干す前に、アイロンがけするのもかなり有効な方法です。

温まった分、乾きがだんぜん速くなります。

濡れた洗濯物にアイロンをかけてると湯気が上がりますよね。あれは洗濯物に含まれる水分が蒸発して行ってる証拠です。

また、アイロンの熱で衣類に含まれた水分が熱くなり、お湯で殺菌したのと似た効果が起きます。

そうは言っても、洗濯物全てにアイロンをかけるなんて、日々の生活の中でなかなかやってられないですよね。

だから無理にやらなくてもOK。他の方法だけで十分乾きます。

やるにしても、乾きの遅い厚手のタオルとか、トレーナーなどの厚くて乾きの悪いわきの下部分とかだけで良いと思います。

 

柔軟剤も消臭の補助に

柔軟剤は洗濯物をやわらかくするだけではなく、いい匂いにしたり、消臭成分配合というものもあります。万が一多少臭ったとしても、柔軟剤の香りで隠せるかもしれません。

雑菌が十分に繁殖してしまってから、柔軟剤だけで臭いを消すことは出来ませんが、ちょっとした体臭や加齢臭くらいなら効果があります。

すすぎの時に少量(説明書きにある量より少なくてOK)でも入れるだけでだいぶ違います。

私の経験上、柔軟剤を使い始めてから、生乾きの臭いの発生頻度も下がったように感じるんですよね。

やはり、良い香りでコーティングするだけでなく、柔軟剤には多少の消臭効果もあるような気がしてます。

とはいえ、気になったときにブリーチや熱湯で消毒をしていれば、生乾き臭が発生することはほぼありません。洗濯機が臭くなってたり、濡れたバスタオルを洗濯機に投げ込む習慣があるご家庭は危険です。菌が繁殖しやすい状態を作ってしまってます。

 

生乾き臭を消す方法のまとめ

では生乾きの臭いの原因と消す方法、そして発生させない方法をまとめます。

生乾きの臭いの原因は菌。主にモラクセラ菌。もともとどこにでもいる。これを増殖させないことが重要。

消す方法としては以下です。

  • 色がない物にはキッチンブリーチを使う(安いし確実。他の菌・ウイルスも除去)
  • 色物には70度~90度くらいの熱湯で15~30分くらいつけ置く
  • なるべく早く乾かす
  • 柔軟剤も補助に使うと良い

早く乾かすためには。

  • 扇風機の風を当てる
  • エアコンの真下に干して風をあてる
  • 除湿機を使う
  • 干す前にアイロンがけする

臭いの再発防止のためには、

  • 早く乾かすことを常に心がける
  • 使い終わって湿ったバスタオルなどは広げて置いておく
  • 柔軟剤を少し使う
  • 濡れやすい物はたまに熱湯消毒する

ということでした。

 

ここまで、生乾きの臭いを消す方法から、再発させないためにすることをお話しました。

私はこれらの方法を行うようになってから、生乾きの臭いは全て消し去れています。そして生乾きの臭いが発生してしまう事もここ数年ないです。

ぜひあなたも、生乾き臭に永遠の別れを告げてください。

今回は生乾き臭を消す方法でしたが、発生させない方法もあわせてご確認ください。生乾き臭を防ぐ「洗濯の仕方」と「干し方」でそれぞれコツがあるので分けて記事にしました。

ではまた!