ジェルボールってどうなの?!アリエールサイエンスプラスを使って洗濯してみた結果

アリエールパワージェルボール3Dを床に出してみた

いつ頃からか世に現れたニュータイプ洗濯洗剤、ジェルボール。

そういう洗剤があることは知ってたけど、使ってみたことはまだ一度もない。

CMでよく見かけるってことは人気なのか。少なくとも使ってる人は一定数いるのだろうと思うけど・・・。

ということで、そんなジェルボールをとことん試してみました。

 

ジェルボールとは

アリエールパワージェルボール3Dの1つを指でつまんだ図

特徴を簡単にご説明すると、

  • つまんで投げ入れるだけで簡単
  • すすぎ1回でOK
  • 現在は1メーカー2ブランドのみ

液体の洗濯洗剤を、オブラートのような薄い膜で包んでキャンディーのようにしたものです。

手で持てるので、急いでいる時もヒョイっとつまんで洗濯機にポイっと投げ入れるだけで洗剤投入完了という手軽さが特徴です。

 

つまんで投げ入れるだけ

洗剤を取り出して、フタを開けて適量を計る、または目分量で適当な量を洗濯機に投入する、という一連の作業がなくなり、1個をつまんでポイっと投げ入れるだけという手軽さが特徴です。

忙しい人にとってはこのちょっとした違いのように見えるこの差が、ものすごく楽に感じられますよね。

すごく画期的な商品と言えるでしょう。

 

1メーカーの2ブランドのみ

今のところジェルボールタイプの洗剤を販売しているのはP&G一社のみです。他の会社からは販売されていません。そして商品としても、アリエールとボールドの2ブランドのみです。

ジェルボールタイプ洗剤はもっと多数あるのかと思ってましたが、たった一社の2ブランドなんですね。まだまだ粉洗剤や液体が主流みたいです。

 

すすぎ1回でOK

アリエール、ボールドともにすすぎは1回でOKとなっています。

すすぎ1回の洗剤はジェルボールタイプに限った話ではなく、普通の液体洗剤の中にも複数存在します。

「すすぎ1回でOK」という言葉は、水道代も時間も節約される魅力的なワードではあるのですが・・・。私の個人的な意見としては、すすぎ一回でOKなんて洗剤は存在しないと思ってます。重要なポイントは「何をもってすすぎ一回でOKとしているか」です。私は、すすいでいるときに洗剤が残っていることが目で見てわかる状態は、すすぎ終わっていると判断しません。もうちょっとすすがないと気持ち悪いです。多分私だけではないと思いますが。なかなかすすぎ一回でOKなんて実現できることじゃないんですよね(汗)。

 

ジェルボールの使い方

アリエールパワージェルボール3Dのパッケージ正面

説明するまでもないくらい簡単ですが、洗濯1回につきジェルボール1個を洗濯槽に投入するだけです。

ここで新品の商品を開封するところから実演してみます。

フタ上部と、裏側に製品詳細や注意書きがあります。
アリエールパワージェルボール3Dのフタ上部

アリエールパワージェルボール3D背面の注意書き

 

ラベルで封がされているので、スライドして外します。
アリエールパワージェルボール3Dのラベルを横にずらす

 

さらに、誤飲注意をうながすシールがあるので、それもはがします。
アリエールパワージェルボール3Dの誤飲注意のシールをはがす

 

このような容器に入っており、手前と右側の計2か所がツメでとまってるので、そのツメを外してフタを開けます。
アリエールパワージェルボール3Dのフタの2か所のツメを外してフタを開ける

ジェルボールがたくさん入ってます。開封と同時にモワーンと香りが広がります。少々強め。
アリエールパワージェルボール3Dのフタを開けた様子

 

あとは簡単、洗濯機のフタを開けて、洗濯物を入れる前にポンっと入れるだけ。
フタを開けた洗濯機の上で、アリエールパワージェルボール3Dを1個つまんでる様子

洗濯槽にアリエールパワージェルボール3Dが1個入っている

あとは洗濯物を入れて、いつも通り洗うだけです。

 

ここからは私の独特な洗い方を参考までに載せておきます。

まずは、洗濯物を入れる前に洗剤を溶かしちゃいます。洗濯機を回します♪
洗濯機の操作パネルを操作する手

ジェルボールは水が出始めてもしばらくは形を保ってます。
洗濯槽の水につかっているアリエールパワージェルボール3D

水の勢いと洗濯機の回転が加わり、投入から3分くらいで溶けだし、5分くらい経つまでに洗濯槽が泡立ちました。
泡立った洗濯槽

このように先に洗剤を溶かしてから、洗濯物を入れて、いつも通り洗います。洗剤がちゃんと溶けて泡立った状態になってからじゃないとイヤなんですよ(汗)。まあこれは私のやり方なので参考までに。

 

使用時の注意点

ここではジェルボール利用時の注意点をまとめておきます。

  • 濡れた手で触らない
  • 高温多湿を避ける
  • 子供や認知症の方の誤飲に注意
  • 力を入れて持たない

 

濡れた手で触らない

ジェルボールの膜は水で溶けるので、濡れた手で触らないようにしましょう。箱の中でやぶれて洗剤が出たりしたら大変です。また、今回使う以外の分が濡れてしまい、後で使おうとしたらすでに破れていた、なんてことになると厄介です。

 

高温多湿を避ける

高温多湿の場所では触らなくても破れる可能性があります。気を付けておきましょう。

普通のご家庭でそうそう問題は起きないと思いますが、強い日差しが差し込むところに置いたり、40度以上の日が続く猛暑の時などは多少注意を払った方がよいかもしれません。

 

子供や認知症の方の誤飲に注意

昔から子供の洗剤の誤飲はよく置きます。十分に注意しましょう。ましてやジェルボールの見た目は美味しそうな飴やゼリーみたいなもの。世の中のことをよく知らない小さなお子さんの目には魅力的に映るかもしれません。手が届かない、見えないところに保管しましょう。

子供だけでなく、認知症のご年配の方の洗剤の誤飲もあるようです。誤飲されないように置き場所に注意しましょう。お子さんより身長があるし、今まで生きてきた知恵もあるので、ある程度の高いところや、家事をする方しか行かない部屋に置くなど工夫が必要かもしれません。

 

力を入れて持たない

柔らかい膜でコーティングされているので、強い力で握ればやぶれます。基本的にはなるべくソフトにつかんで洗濯機にポイっと入れましょう。洗濯機の中でやぶれる分には問題ありません。大量の水がジャバジャバと溶かして混ぜてくれます。

 

使って初めてわかった問題点

アリエールパワージェルボール3Dを使ってみてわかったデメリットを挙げます。

  1. やっぱり量が調節できないのが不便
  2. 匂いが強い
  3. 洗剤がちゃんと混ざるか不安が残る
  4. 1度すすぎでOKと言えるのか

それぞれどういうことなのか詳しくご説明していきます。

 

量の調整できないのが不便

ジェルボールはポイっと投げ入れるだけという簡単さの分、量の調整ができないという欠点があります。

しかし、洗濯物がある程度たまってから洗うなど、洗濯物の量を調整してジェルボール合わせれば良いだけなので問題ないと思ってたんです。

ですが、実際に数日間使ってみると、少ない洗濯物の量でも洗いたい時が結構出てくるんです。

  • 急ぎで洗いたい物がある
  • 明日・明後日は忙しいから今日洗濯しておきたい
  • スポーツで汚れたものだけ別に洗いたい

などなど。

仕事とかで、「持っている中で一番フォーマルなシャツを今日着てしまった。明日はお客さんのところに行くからこれを来たい」という時は、今日来ていたのをすぐ洗って明朝までに乾かさないとなりません。

運動して汗びっしょりになったシャツとか、子供がどろだらけにしてきたユニフォームとか、置いておかずにすぐ洗いたいですよね。

そんな風に、必ずしも洗濯物がたくさん溜まるまで待ってられないんですよ。

そんなときでも、ジェルボール1個つかわないとなりません。それがもったいないです。

量が調節できないって不便なんですよ。

 

匂いが強い

「何でこんな強い香りにしたの?」ってくらい匂いが強いです。

洗い終わったからも洗濯物からも匂いが広がる。
洗濯機から洗濯物を取り出している様子

脱衣所いっぱいに匂いが広がります。

 

干してある洗濯物からも強い香りを感じます。
洗濯して干したタオルを手の平で持ち上げた様子

乾いた服やタオルも香りが強いので、「これを着るのか~」と思っちゃいます。私のようなおっさんが常に芳香剤みたいな香りを漂わせてるのも変ですし。変に香りをただよわせて、若い人から気持ちおじさんと思われそう(笑)。

 

洗剤が混ざるか不安

洗剤がちゃんと溶けきった状態で服が洗われているのか不安が残ります。

説明書きには、洗濯槽の一番下に入れて、その上から洗濯物を入れるようにとなっています。
アリエールパワージェルボール3Dのフタの説明書き

すると洗濯物で押さえつけられ、水の中でよく混ざらないので溶け残ったり、洗濯物の一部に濃く洗剤が付かないかなど心配です。洗濯終了後に、見た目にわかるほどは残っていなかったとしても、成分が濃く残っていたりするのは気持ち悪いんですよね(汗)。

水に均等によく混ざってないと、一部分だけ濃くなったりしてないかちょっと心配です。

 

1回すすぎでOKなのか

アリエールパワージェルボール3Dは、すすぎ1回でOKとなっている商品です。
アリエールパワージェルボール3Dのパッケージ正面

でも、前述のように非常に香りが強いですし、洗剤の量も調整ができない商品です。

説明書きでは30~65Lの水に対して1個となっています。
アリエールパワージェルボール3Dのパッケージ背面の説明書きの個数に関する部分

30Lと65Lで洗剤の量が同じでよいというのは強引な気がするけど、これがメーカーが示す正しい使用です。

65Lくらいの水に対してはまだ良いですが、30Lくらいで1個使った場合は、当然それだけ洗剤も濃くなります。

そんなときでも1回すすぎでは、洗剤残りがちょっと心配になります。

気にするかしないかの違いとも言えるかもしれませんが、私は洗濯でも洗い物でも、手をせっけんで洗った時でも、洗剤がよく洗い流せていないのはイヤです。結構気になっちゃいます。

ちなみに、一回すすぎOKという洗剤は他にもありますが、一回すすぎで完全に落ちるとか、十分キレイにすすげているかは疑問ですし、すすげていないと言ってる専門家もいます。私はすすげていないと思います。洗面所などでタオルや衣服を手洗いしてみるとわかるのですが、2、3回すすいでも、まだまだ洗剤は残っているんですよ。流水すすぎで何度もすすいだり、溜めすすぎなら5回くらいすすいでやっと、「ほとんど洗剤は残ってないかな」というくらいになります。

これほどの濃い洗剤が、すすぎ1回でOKとはちょっと疑問が残ります。

 

個人的な感想

以上、ジェルボールを実際に使ってみた感想をまとめました。

 

ジェルボールの良さは、洗濯するときに「ポイっと投げ入れるだけなので簡単」というひとこに尽ます。

ここに関しては他の洗剤の追従を許さないほど優れているでしょう。

ただ、私にはこれ以外にメリットが感じられないんです(汗)。

 

その反面、デメリットがこれだけ挙がります。

  • コスパ低
  • 洗剤が濃くなる
  • 匂いが強い
  • 濡れ手で触ると破れるおそれ
  • 子供の誤飲の可能性(認知症のご年配の方も)

ここまでご説明してきた通り、結局のところコスパは低いです。手軽さと引き換えにコスパを失った感じです。

 

そして、個人的に一番イヤだったのが、匂いのキツさです。匂いはあまりにも強い。

私が買ったことがある洗濯洗剤の中で断トツです。

部屋中に匂いが充満するし、乾いてからも匂います。しかもそれほどいい匂いとも思わない(汗)。

 

私は3、4日使ってみて使用をやめました。周りの知人に話したところ、「もらえるならぜひ使ってみたい」とのことだったので譲りました。

今後もジェルボールを使うことはなさそうです。やはり便利で量も調整できる液体タイプを主に使っていきます。

最近のお気に入りはアクロンです。蛍光増白剤や漂白剤が入っておらず、中性なのでどんなものでも洗えます。別に値段も高くないし、香りも控えめ。洗濯時の水もしっかり泡立っているので汚れ落ちも良さそうです。

 

ジェルボールのラインナップ

今回ご紹介した内容は、個人的な好みによります。挙げたデメリットをデメリットとしない方もおられるでしょう。そういう方にとってはこれ以上ない便利な商品かもしれません。

ジェルボールの商品のラインナップを挙げておきます。

P&Gの1社で、アリエールとボールドの2ブランドのみとお話しましたが、商品としては数種類展開しています。

 

アリエールパワージェルボール3D

  • 3ステップ抗菌
  • 衣類のアンチエイジング処方
  • 18個入り

うたい文句は置いといて、通常のアリエールパワージェルボール3Dです。

 

アリエールパワージェルボール3Dリビングドライ

  • 部屋干し用
  • アリエール、ファブリーズ、レノアの共同開発の消臭テクノロジー
  • 18個入り

アリエールの部屋干しタイプ。

 

アリエールジェルボール3Dプラチナスポーツ

  • しつこい臭いと汚れを落とすことに重点を置いたタイプ
  • アリエール史上最強の消臭洗浄
  • 14個入り

部活の服や作業着など、しつこい汚れと臭いの特化したタイプ。個数が14個と通常版より割高です。

 

アリエールパワージェルボール3D詰め替え用

アリエールのジェルボール詰め替え用です。

 

ボールドジェルボール3Dプレミアムブロッサムの香り

  • プレミアムブロッサムの香り
  • 18個入り

ボールドのジェルボールは香り違いで2種類あり、こちらはプレミアムブロッサムの香り。

 

ボールドジェルボール3Dプレミアムクリーンの香り

  • プレミアムクリーンの香り
  • 18個入り

こちらはプレミアムクリーンの香り。

 

ボールドジェルボール3D詰め替え用

ボールドジェルボール3Dの詰め替え用です。