それぞれのお部屋探しサイトの特徴を詳しくまとめました

お部屋探しサイトはとてもたくさんあります。

どれも同じように見えますが、よく見てみると結構違いがあります。

そのサイトによってはキャッシュバックがあったり、仲介手数料50%オフのサービスがあったり。登録物件数にも結構差がありますので、特徴を把握して上手に使うことが上手なお部屋探しの近道です。

今回はそれぞれの賃貸探しサイトの特徴を簡潔にまとめて行きます。

 

SUUMO

  • 592万件(2019年1月末時点)
  • 操作性抜群で使いやすいサイト

画面が見やすく、わかりやすいデザイン。使いやすく物件数も多い超メジャーなサイトです。

掲載物件数やサイトの構成の使いやすさだけで言えば、LIFULL HOME’Sやスマイティも良いのですが、SUUMOが圧倒的に優れているのは条件検索機能です。

他の賃貸探しサイトでは、いまいち正確に条件指定が反映されません。そこがSUUMOは断トツに優れているのです。同じ条件で検索しても、SUUMO以外のサイトだと表示される物件数の減る割合が大きいのです。条件指定する前はSUUMOより多かったのに、同じ条件を指定したら、SUUMOより圧倒的に少なくなる、という事が起きます。色んなサイトと比較しましたが、SUUMOが明らかに減りが少ないです。

お部屋探しサイトの中で、SUUMOが断トツにオススメです。絶対に外せないですし、メインで使うべきサイトです。SUUMOについては以下の記事にまとめています。

 

アパマンショップ

  • 162万件(2019年2月初旬時点)
  • アプリ上でお部屋探しサポートが受けられる

エイブルと並んで超有名な老舗サイトです。街でも頻繁に見かけますよね。日本の不動産屋の多くはエイブルとアパマンなんじゃないかと思うほどです。

ですが、賃貸探しサイトとしてはいまいちです。物件数も少ないですし、使い勝手や画面構成も微妙ですねえ。

 

エイブル

  • 物件数不明
  • イベントや特集が豊富

アパマンと並んで不動産屋業界の2大チェーンという感じのエイブルです。

登録物件数の記載は幾ら探してもサイト上に見つかりませんでした。全体数を把握していないのかもしれません。

特集やイベントの打ち出し感は強いですが、賃貸探しサイトとしての使い勝手は良いとは私は感じませんでした。

不動産屋としての知名度で言えば、「エイブル」という名称はナンバーワンの印象。ただ、これはフランチャイズで、セブンイレブンがたくさんあるのと同じで、経営は一社ではありません。たんに掲げている看板が同じということ。

50周年で仲介手数料は家賃の半分とエイブルのトップページ上部に記載されてますが、半額になる物件もあるということで、全ての物件ではありません。地域によっては1つもない所もあります。おそらく直営店だけのキャンペーンで、FC(フランチャイズ)はやっていないっぽいという事みたいです。

 

スマイティ

  • 525万件
  • あの価格.comが運営
  • キャッシュバックキャンペーン中(最大1万円)
  • 各地域の住みやすい街のランキングなど様々な情報が見れる

掲載物件数はとても多く、SUUMOに並ぶくらい使いやすいサイトです。他には後で紹介するLIFULL HOME’Sも使いやすいです。

なんと言っても特徴は、スマイティ経由で問い合わせて契約すると1万円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施中だという事(2019年2月初旬時点)。

スマイティはあの食べログも運営する価格comの賃貸サイトです。

2019年2月初旬の時点で、最大1万円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。終了日は未定。

家賃、管理費・共益費、礼金の合計の10%がキャッシュバック金額となり、最大で1万円までというものです。

スマイティについて詳しくは以下の記事で。

 

minimini

  • 仲介手数料が50%オフ
  • 敷金・礼金0円物件多数
  • 仲介手数料でTポイントたまる
仲介手数料半額となっていますが、全ての物件ではありません。エイブル同様、そういう物件もあるという話。

仲介手数料でTポイントが貯まる点のが特徴です。

 

LIFULL HOME’S

  • 物件数が多く604万件(2019年2月初旬)
  • 操作は比較的使いやすい

物件数がナンバーワンと自ら記載しているほどで、そう差は大きくないものの、2019年2月初旬時点で確かに一番です。SUUMOよりも上です。

しかし、条件を設定して検索すると、その数がSUUMOの半分以下になります。価格帯など条件を変更してもそれはLIFULL HOME’Sの方が少ない。何故なのでしょうか。

条件検索はほぼ絶対使いますので、これでは物件数が多くても意味がないです。多分ですが、物件ごとの情報の登録の精度が低いのでしょう。だから検索するとヒットしない物件があるのではないかと。

 

at homes

  • 182万件(2019年2月初旬時点)
  • 家賃相場機能が優秀

家賃相場を見る機能が使いやすいです。

それ以外はとりたてて言うことはないです。

 

キャッシュバック賃貸



  • 620万件(2019年2月初旬時点)
  • 物件問い合わせ~契約でキャッシュバックあり

物件数が豊富です。しかし、ここもLIFULL HOME’Sなど同様に、同じ条件指定した時の物件数がSUUMOより少なくなります。やはり物件情報の登録の正確さなのでしょうか。

しかし、キャッシュバック賃貸に求めるのはそこではありません。キャッシュバック賃貸は最後に契約する段階で必ず利用すべきサイトです。手順さえ踏めば5000円または1万円のキャッシュバックが得られることです。

 

ietty

  • 店舗に行かずに内覧予約まで進める
  • チャットでやり取り。TEL不要
  • 希望条件を入れて待ってれば探してくれる
  • 仲介手数料が50%オフ
  • 東京・神奈川・埼玉・千葉のみ

希望条件を伝えてお部屋探しをおまかせ出来ちゃうのがiettyです。最近こういう形式のお部屋探しサイトや不動産屋さんが結構出てきます。

やり取りはチャットで行うのでTELすることすら不要。スキマ時間に確認して返答や希望を伝えれば良いので、忙しい人にピッタリです。

こういうお部屋探しをおまかせ出来るサイトは、登録して希望条件を伝えるだけはしておくと良いです。自分1人で探すよりも情報量が増えるのでお部屋探しが効率的になります♪

仲介手数料も50%オフと嬉しいサービス付き。

 

AWANAI賃貸

  • 契約までもが誰とも会わずに行える
  • LINEでやり取り
  • 内覧不要
  • 契約書も郵送でやり取り
  • 鍵の受け取りは郵送
  • 仲介手数料50%オフ

ネットだけでお部屋探しから契約まで行えるという未来型の不動産屋さんです。内覧しないことが前提となっています。

鍵の受け取りも郵送だし、全てが簡略化されており、忙しい方にもってこいの不動産屋さんです。

「なるべく時短で楽にお部屋探しをしたい。ネット上で部屋の様子が確認できれば内覧なんていらない」という方にとっては最高の不動産屋さんとなるでしょう。

そして仲介手数料も半額です。

ietty同様、向こうがお部屋探しをして物件を提案してくれるので、登録しといた方が得です。

しかも登録もLINEで友達追加するだけという簡単さ。

 

いえらぶ



  • 賃貸探しサイトとしての機能も優秀
  • 家賃相場や賃貸物件に関するコラムなどが読める
  • 各都道府県のエリアごとの家賃相場

お部屋探しサイトの中で急激に伸びてきているのがこの「いえらぶ」です。

おとり物件や、そうじゃなくても情報の誤記載などをなくそうと努力している姿勢が交換が持てるサイトです。多くの賃貸探しサイトと提携しています。

現時点で特筆すべき点は、口コミや相場ランキングなど様々な情報が得られること。今後より成長していくと思われる賃貸サイトです。

 

イエプラ

  • チャット形式(業界で初めて導入)
  • 秒速チャットがウリ
  • チャット対応は24時までOK
  • TEL対応もアリ(21時まで)

1分で終わる希望条件の登録だけすれば、コンシェルジュと呼ばれる人たちがお部屋探しをして紹介してくれるというサイト。こちらの希望を伝えて内覧の日程調整まで行ってくれます。

物件探しの常識を覆すお部屋探されサイト。待ち時間なし。

というフレーズが印象的。

やり取りは基本すべてチャットでOKで、なんと9:30~24:00まで。

電話対応もしてくれます。0120-297-412(9時30分~21時)

 

あなた向けの賃貸探しサイト診断

どんな人にどのサイトが向いているのか、またこのサイトは必ず一度見た方が良いなども含めて開設します。

とにかく時間がない。丸投げしたい。

そんなあなたには、お部屋探しをほぼ丸投げ出来る以下がオススメ!

  • AWANAI賃貸
  • ietty
  • イエプラ

この3つはチャットでやり取りで、色んな事が簡略化されています。

AWANAI賃貸は契約・鍵の受取も郵送なのでとにかく人と会わないし不動産屋にも行かなくてOK。

一番時間が節約できます。

 

会ったりTELはなるべくしたくない

  • AWANAI賃貸
  • イエプラ
  • ietty

いずれも基本チャットなので人と会う事は少ないのですが、AWANAI賃貸は内覧もないし、契約もカギの受取すら郵送で、全然会わずに済ませられます。

イエプラ、iettyは最後の方は多少は会う必要が出てきます。

不動産屋にいかないということは時間も掛からないという事です。

 

節約したい

  • キャッシュバック賃貸
  • スマイティ

こられのサイトを経由して、問い合わせ~契約にいたればキャッシュバックしてもらえます。

節約したいのは誰もがそうでしょうし、契約はこれらのサイトを通じて行った方が得です。むしろそうしない理由がないですよね。

他のサイトでお部屋探しをしても、物件が決まったら最後に上記2つのどちらかで、問い合わせして契約する、という事で使うと良いでしょう。

スマイティの方がキャッシュバック金額が高くなる方が多いと思いますが、キャンペーンで一時的なものです。利用する時にはキャンペーン中か確認しましょう。

仲介手数料50%オフというサイトを結構見かけますが、全ての物件ではないのでご注意を。1つもない地域もあります。

 

自分でじっくり探したい

SUUMOがオススメです。

基本的なお部屋探しサイトとしての利用は、SUUMO1つだけで十分です。

大手のサイトはどこも似たような感じですが、使い勝手の良さと物件数はSUUMOが抜きんでています。合計の掲載物件数がSUUMOより少し多いサイトはありますが、前述したように条件検索をかけるとヒット数が極端に減ります。SUUMOはその点も大丈夫。精度が高いです。

自分で行うお部屋探しはSUUMOだけでOK。

最終的な確認や契約の時は、他にも使った方が良いサイトがあります。その辺のことは以下の記事で詳しく解説しています。

 

最終的に誰もが利用すべきサイト

まず誰もが利用して損はないのが以下の2つです。

  • キャッシュバック賃貸
  • スマイティ

どこでアパートを見つけようが、最終的にこの2つのどちらかで問い合わせ~契約を行えばキャッシュバックが得られるので、使わない手はありません。キャッシュバック賃貸は常に行っていますが、スマイティの方はキャンペーンとしてキャッシュバックを実施しているので永久ではありません。終了日は未定です。

それから、必須とまでは言えないですが、アパート探しを無料で依頼できるし、やり取りはチャットという楽な方法なので、以下のサイトも使わない理由がないです。

  • ietty
  • イエプラ
  • AWANAI賃貸

送られてくる物件が気に入らなければ、スルーすれば良いだけです。

 

まとめ

多くの賃貸探しサイトをまとめてご紹介しました。

ここにある全てを利用する必要はなく、お好みで使い分けて頂ければ良いと思います。

私の中では効率的なお部屋探しに使うサイトはほぼ決まっていて、多くてこの中の6、7個です。

お部屋探しを最大限に効率化し、良い物件に出会える確率が最も高くなると私が考える方法を以下の記事でご説明しています。