賃貸探しサイトのスマイティの特徴と使い方まとめ

スマイティという賃貸物件探しサイトをご存知でしょうか。

価格comという有名なサイトがあるのですが、その会社が運営しています。価格comは、今や知らない人はいないであろう、食べログを運営しています。

このスマイティ、賃貸探しサイトとしては最大手と思われる、あのSUUMOに似ていて中々使いやすいサイトです。結構オススメ。

それだけだったらあえてオススメしてないかもしれないのですが、2019年2月初旬現在、1万円キャッシュバックキャンペーンを開催しているんですよ。となるとちょって放っておけない。

ということで、今回はそんなスマイティの特徴と使い方をご説明していきます!

スマイティは2019年2月初旬現在、最大1万円のキャッシュバックキャンペーンを実施中です。それについて詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

スマイティのメリット・デメリット

まずはスマイティのメリットとデメリットを一覧でまとめます。

メリット

  1. 物件数500万件
  2. わかりやすい画面構成
  3. 操作の手間が少ない
  4. 一覧画面で間取り図だけ拡大できる。拡大率は小さめ。
  5. 追加条件にチェック入れたらすぐ物件数がわかる
  6. その物件を狙っている人の数がわかる

 

デメリット

  1. SUUMOに比べ、物件の設備・条件情報の記載が甘い(しっかり細かく書かれていない)ケースが多々ある。
  2. 条件検索の精度が低い
  3. お気に入り一覧にある物件に点数評価やメモが付けられない

 

これらメリット・デメリットを取り上げながら、スマイティを詳しく解説していきたいと思います。

 

スマイティの特徴と使い方を詳しく解説

では1つずつ詳しく見ていきましょう!

物件数500万件

物件数が500万件というのは結構多い方です。スマイティは色んな賃貸サイトの情報を横断して掲載しているサイトなので、物件数は多いんですね。

 

わかりやすい画面構成

SUUMOと非常に似ており、画面のデザインや配置がわかりやすく、パッと見た感じで、どこに何があるかがわかりやすいです。こういうのは地味に重要で、物件探しにかかる時間とストレスを軽減してくれます。私は結構重視してます。

 

操作の手間が少ない

なるべく少ない手順で見たい情報にたどり着けるように考えられていると思います。その辺りはSUUMOと同様です。とても使いやすいです。

 

一覧画面で間取り図だけ拡大できる。拡大率は小さめ

パソコンで見ている場合に限った話ですが、いちいちその物件をクリックして別ページを開かなくても、間取り図の部分にマウスをのせるだけで拡大されます。

間取り図だけまず見たいという方多いと思うんですね。どんなに設備が良くて広くても、部屋の間取りが自分の希望と合わなければ、その物件を選ぶことはまずないです。

部屋とキッチンに仕切りがないとか、全ての部屋が扉で行き来できるようつながっているとか。物件により状況は様々。間取り図を見ればそれが一目瞭然です。

 

追加条件にチェック入れた時点で物件数が再計算してくれる

細かい検索条件設定をしているときに、ある項目のチェックを外したら、あまりにも物件数が減ってしまったのでもう一度チェックを外したい場合などが出てきます。チェックを入れた時点で物件数が再計算されて表示されるので、すぐにその場でまたチェックを外すなんてことも出来るわけです。

検索し直さなくても、とりあえずチェックを付ける・外すをしてみてどの位の物件数になるかが、条件設定の画面のままわかるんです。これ、使ってみると凄く便利なんですよ。言葉だけだと伝わりにくいと思いますが。

SUUMOにはない機能です。

 

その物件を狙っている人の数がわかる

お気に入り登録している物件が一覧で並んだ状態の時に、それぞれの物件のところに「現在〇人が検討中」という表示が出ます。これにより、急いだほうが良いのか、まだしばらく考えていても大丈夫かなど予測が付きますよね。わりと便利な機能です。これもSUUMOにはないい機能です。

 

物件の設備・条件情報の記載が甘い

これ、物凄く不便だし、スマイティにとってはもったいないんですよ。

私たちアパートを探す側としては、出来る限りサイトを見ただけでそのアパートの事がわかりたいです。これが出来ないと、何となく良さそうな物件なのにいちいち問い合わせないといけなくて、その手間は物凄く面倒くさいです。

都市ガスなのかプロパンなのか、なんていう事が書かれてなかったりします。

数文字書いておいてくれれば済むことなのに、そんな事もしてないとはなんて不親切な物件、不動産屋なんだろうと不信感さえ抱いてしまいます。これは不動産屋が悪いのか、サイト側が悪いのかハッキリわかりません。

いずれにせよ、私たち利用者にとっては大きなデメリットです。SUUMOは都市ガスかプロパンかが書いてないなんて事はめったにないと思います。記憶にないですからね。スマイティで調べてて、「あれ、ガスの種類が書いてない事なんてあるのかな」と自分の目を疑ったくらいです。

SUUMOとよく似たライバルサイトで、SUUMOに勝ってる部分もあるのに、こんなつまんない事でマイナス点があるのは非常にもったいないですよね(汗)。

 

条件検索の精度が低い

これは結局、上の設備・条件の記載の漏れが関係していると思います。

「駐車場あり」という条件にチェック入れたら物件数が8割減ったんです。そんな筈はないと思って、「駐車場あり」にチェックを入れた場合と入れない場合の物件一覧を比較してみたんです。

そしたらなんと、駐車場があるにもかかわらず、駐車場がないと判定されているアパートがあったんです。

よくよく見てみると、アパートの外観写真では明らかに駐車場があることがわかるのに、設備・条件のところに駐車場ありと記載されてないんですよ。つまりは、物件1つ1つの情報が正しく記載されてないんですよね。

つまり、条件検索が十分な機能を果たしていないという事です。正直これでは物件探しサイトとして使いづらすぎです。せっかくSUUMOに負けない部分があっても無意味。SUUMOに軍配が上がります。

 

お気に入り一覧で点数評価やメモ機能がない

SUUMOと比較するならば、これはデメリットとなります。SUUMOにはこの機能があり、とっても便利なんです。候補がかなり絞られてくると、どちらがより良い物件なのか微妙で、細かい比較が必要なときもあります。そこで自分で書いたメモを見て、「そうか、ここがこの物件の良い所だった」などと思い出せるんです。

そして、お気に入りの物件の優先順位を一目でわかるようにしてくれるのが、点数評価です。

これは、その物件に対して90点などと自分で勝手に点数を付ける機能です。この数字を見れば、あなたが数日前にお気に入りに登録して比較し、第一候補はどれを選び、第2はこれで、第3はこれで・・・と一目でわかります。

数日経ったらどの物件に何を思ったかわからなくなりますからね。

あくまでこれはSUUMOの話。スマイティにはない機能です。

 

まとめ

スマイティにしかない良さがあり、非常に便利な外せない要素もあるんですよね。

一覧画面で、間取り図だけすぐ拡大出来たり、検索条件にチェック入れるだけで対応する物件数が表示されるなど、物凄く便利な機能です。

細かい所が整備されたら、最高の賃貸サイトになると思います。今後もスマイティはチェックすべきサイトの1つと言えるでしょう。

以上、スマイティの特徴と使い方についてご説明しました。ご参考になれば幸いです。

やっぱり賃貸サイト1位はSUUMOのようです。

賃貸物件探しに便利なサイトのまとめ記事も合わせてご覧ください。