スマホの使わない電話番号やアドレスは消せば節約につながる

連絡してない知人の電話番号やメールアドレス必要ですか?

部屋で頬杖を付きながら片手でスマホを持ち眺める青いTシャツ姿の髪の長い外国人女性

もう連絡を取る事はないけど当時の電話番号やメルアドが残っている場合、あなたは消しますか、そのまま取っておきますか?

連絡を取らなくなった昔の友人、関係が途切れた友達、前の会社・パート先の人、元彼、元カノ、連絡するつもりは全くないし、何かを期待してるなんてわけじゃない。なら消せばよいか。

そんなこんなしているうちに、数年連絡取ってないけど残っているアドレスが数10個~50個くらいある。わりと電話帳あるあるじゃないですか?

 

連絡先も断捨離が必要

人生の断捨離において、人間関係は優先的に整理すべき超重要な一項目です。不要な連絡先がアドレス帳に残っている事だって、人間関係の整理に少なからず影響を与えまます。

もう一度考えてみましょう。その連絡先、これからのあなたに本当に必要なのかどうかを。

 

でも消す必要あるの?

別に要らないけど、電話帳にあっても困らないから、何もしなくていいんじゃない?

それに、「ちょっと苦手な人、話したくない人や、久しぶり過ぎて何のようかわからない人とかからかかって来た時に、相手が誰だかわからないとこっちが不安だし」

こうお思いになるかもしれません。以前は私もそう考えて残してました。前の職場、前の前の職場、飲み会で連絡先を交換しただけの人、一応何かの役には立つかもしれないし、ないよりあった方がいい、そんな風に考えたりもして消すという事はほとんどしなかったんですよね。

機種変しても、ガラケー(普通の携帯電話。フィーチャーフォン)からスマホに変えた時も、移し方わからないから手動で登録し直したりして、頑張ってやってました。

だけど、、、、、そんな連絡先、そうそうありますか?

「いや、結構あったよ」という方はかなりレアだと思います。それか、連絡が来る可能性がある人をもう来ないと判断してしまったか、どちらかのような気がします。

 

連絡先を消さない理由

色んな資料が無造作に開いて置かれてる上に、べっ甲柄の黒縁メガネが置かれている

でも、もしかしたら前の会社の友達や先輩から飲み会の誘いがあるかも。昔の恋人から何か連絡があるかも。もしかしたら、こういう中から結婚相手が見つかる可能性だってゼロじゃない、なんて考えてしまう。

消さない理由は、以下の3つに分類されると私は考えています。

  1. 何らかの出会いを求めている
  2. 連絡がきた場合に誰か把握できるようにしたい
  3. ただ放置しているだけ

まずはこの3つを分析してみたいと思います。

 

何らかの出会い

1番は、もう互いに連絡する可能性は低いけど、一応残しておこうというのがこのパターン。

  • 友人として
  • 恋愛対象として
  • 仕事など何かのコネとして

など目的は色々異なるものの、何かしら有効活用される可能性に期待して残しているというもの。

 

確かに、そういう中から何かの縁で以下のような事が起こりえます。

  • 恋人ができる
  • 結婚相手が見つかる
  • 合コンや出会いのきっかけを作ってくれる
  • 友達ができる。その人が親友になる可能性も
  • 一緒に仕事をする事になって起業して人生が変わったり

こういう可能性を秘めています。実際にそういう事例もあるでしょうが、非常に稀だと思います。

1年以上連絡を取っていなければ、連絡が来る可能性はゼロにちかいです。

地元のつるむ仲間でたまに盆暮れに会うなど、長い間友好関係がある中学・高校からの仲間たちなど、たまたま連絡取っていないだけ等は除きます。

昔飲み会で知り合ったとか、バーベキューに誘われて行ったら知り合った友人の友人で、たまたま連絡先を交換したとか。そういう間柄で全然連絡しなかったらその繋がりはないも同然です。ただアドレス帳を埋めるだけの人。連絡先も変わっているかもしれません。

こちらから連絡すれば話は別ですが、関係性が希薄なら上手く行く可能性も低いです。「鉄は熱いうちに打て」じゃないですが、知り合って間もない頃にアクションを起こさなければ普通は終わります。アクションを起こしてダメだったなら、それはもうダメです。

 

そもそも、何か向こうからやってくるのを期待して待つだけというのは、物凄く可能性が小さいと思います。私の経験上はほとんどそう。若い時にも中年になった今も言えることです。

確かに可能性はゼロじゃない。でも、しょせんゼロじゃない程度。ゼロじゃないという言葉がふさわしい程度の可能性のカケラでしかないんです。

 

友達が欲しい、恋人が欲しい、結婚相手に結び付くような出会いが欲しい。

そう思うのなら、あらたに出会いを作る行動を取った方が何10倍も可能性はあがるでしょう。

それを面倒臭がったり、私のキャラじゃない、なんて思って行動せずに、待って向こうから声がかかる事を待って日々過ごしているのはもったいないです。単に可能性の問題です。

 

欲しい物のためには行動した方がお得です。

人生論を語るつもりはありませんが、手を伸ばして求めれば、少しの間だけ行動をし続ければ、欲しい物が手に入る可能性が出てきます。何度もチャレンジして、工夫したり一定期間努力したりすれば、色んな物が手に入り始めます。生意気なことを言う気はないですが、私もそうやって幾つかの物を手にして来ました。

そんな行動力、以前の私からは考えられないことです。

でも、何をしたかといえば、行動しただけです。特別なことではなく、人間なら誰もが出来る程度のことを。

頭の中で色々思い描いたり、妄想したり、こんな風になったらいいな、そのためには、まずこれを勉強して、これこれこうしたらいいんじゃないかな。みたいなことを考える事って結構あったりしませんか?私は子供の頃から結構妄想が好きでした。けど実際に行動することはなく、妄想して楽しむばかり(笑)。

それをある時、頭の中だけで終わらせず、実際にちょっとやってみたんです。なぜ突然そうしたかは自分でも説明がつきません。とにかく、やってみるだけやってみよう。死ぬわけじゃないし、と思ったんですよね。

そうしたら意外や意外、全て失敗に終わると思っていたのに、上手く行くことも中にはあったのです。ゲームの中だけではなく、リアルな人生でも変化は起こるものなんだなと。

 

でもこれって、よく考えてみたら何も不思議なことではないんです。

行動すれば、何もしないより可能性は上がるに決まってます。何もしなければほぼゼロ。ほぼというか、たぶんゼロに等しい。行動を何回もしていたら、可能性が積み上がります。そしたら実現する物が出て来たっておかしくない。

そして、幸いなことに、行動した人には特権があるんです。ちょっと行動するだけで、物凄く優位に立つことが出来るんです。

何故ならほとんどの人は行動しないから。

同じ知識を得て、同じ道具と時間というチャンスを与えられたとしても、90%以上の人は行動しないんですよ。95%以上だったかな、何かの本で読みました。

実際周りを見渡してみると、そんなもんです。ほとんどの人は行動してません。口では色々言う人は多いです。

  • 「こういう事を自分でやりたいと思ってるんだよね~」
  • 「これで起業したいと思ってるんだ」
  • 「誰々がこんな事言いだしてるんだけど、私それもっと前から気づいてたの」

などなど。

そうです、頭の中で考えてる人、何かの案を思いついてる人は居たりするんです。

でも、それを上司に進言したり、自分でやってみたり、起業しようと手続きのやり方を調べるなど実際の行動に出る人はごくわずか。思ってるだけと行動するのは別のことです。

 

だから一部のちゃんと行動し続けた人が成功するんです。行動し続けると言っても10年とかそんな長くじゃないですよ。もっと短いです。

叶えたい目標の大きさによりますし、タイミングやその時の自分のコンディションやプライベートから受ける精神的なプラマイ要素にもよりますが、数か月~数年位でしょう。起業などの大きな目標ですら、数年で叶えてる人もいます。

実際に私の地元仲間の中にも。別に高学歴でもなければ、生まれた家庭が恵まれていたとかでもない人です。普通の人です。申し訳ないけど、むしろ特別能力があるタイプにも見えない(笑)。

ただし、行動力があるのは間違いないです。心の瞬発力とでもいうべきか、何かをやろうと思ったらやってしまうんです。

 

まあ、政治家に興味のない人が急に総理大臣になる、とかは無理ですよ。ある程度長い期間の下積みが必要でしょう。お金もかかります。40代からJリーガーを目指す、とかも非常に困難でしょう。体が資本ですから、若さが必要ですよね。

そういう年齢やその業界の構造上困難な物をのぞけば、ほとんどの物は一定期間行動し続ければ手に入ります。3ヵ月~2、3年くらいでだいたいのものが手に入るんじゃないですかね。そんな気がします。

 

話がすご~く脱線しました(汗)。

結論としては、とにかくこちらから連絡しないアドレス帳は、ただ期待して残しておく必要はないだろうという事です。

 

連絡がきた場合に誰か把握するため

この理由で一応残している人は結構おられるかもしれません。私もこの考えで残しているアドレス帳はあります。

でもこれも考えなくて良さそうです。

しかし、この度振り返ってみましたが、1年以上音信不通の誰かからは、一回も誰一人として連絡は来てません。もう10年程やってみましたがそうです。つまり、今のところ、残して置いた意味は全くなかったという事になります。

 

何か特別、向こうから連絡が来る可能性が高い事情があるなら話は別ですよ。ここで言ってるのは、一般的なケースの場合です。

もし、特にこの人から連絡が来たら誰かわからないとまずいな、という人がいるなら、そういう人の連絡先だけ残しておけば良いと思います。

嫌いな人の連絡先の場合、残すのもイヤかもしれませんが、何かの場合に備えて事務的に残すだけです。割り切って残して置けば良いでしょう。

 

ただ放置してるだけ

別に消してもいいけど、いちいち見直すのも面倒だし時間も使うから消してないだけ、というケースも多いでしょう。これが一番多い気がします。

もちろんそれはそれでいいと思います。別に問題といえる程の事はありません。

私の場合は、必要な連絡先を探すのに時間がかかるし、連絡もしない人のアドレスがいちいち目に入るのも少ししゃく。連絡する事がないのだから消していしまいたいって思うんです。部屋の整理でも車の中でも、なるべくスッキリさせておきたいんですよね。

自分の所有物については、自分に関係ある物だけにして極力減らし、スッキリさせておきたい。それで頭も心もスッキリして生活したいというタイプなんです。

実際、目に移ればどうしても脳のリソースを消費してしまいます。抗うことは難しいです。不可能ではないでしょうけど、影響を全くなくすことは無理でしょう。

私だけじゃないと思います。というより、今の時代結構関心は高い。だから断捨離とか、ミニマリストとか、そういう言葉が生まれているのでしょう。

 

いらない連絡先は消すべき

壁に背を持たれて考え事をするエプロン姿の女性

使わない連絡先はアドレス帳から消した方が人生にプラスに働くと思います。その理由は以下です。

  • 時間を無駄にする
  • 意志力(精神エネルギー)を無駄にする
  • 余計な事を思い出して脳が使われるので精神的に良くない
  • 忘れるべき思い出を引きずってしまう

連絡先も人間関係の断捨離に影響しますし、人間関係は断捨離の中でとても重要な項目だというお話は冒頭でしました。

いらない連絡先は消去してアドレス帳もスッキリさせた方が良いと思います。

私が特に重視するのは、時間と意志力を節約できることです。

 

時間は言うまでもなく重要です。これは当サイトでは何度も行ってきたことです。そして、意志力も重要。聞きなれない言葉かもしれませんが、何かを頑張ろうという記憶だったり、重要な決断をするために脳をフル回転させる時などに使われるパワーです。

散らかった部屋とか、小さなことでも迷ったり決断する回数が多いと、疲れてしまって減るのだそうです。つまりは限りがあるリソース(資源)という事です。

普通は寝れば回復するので、1日の中で考えれば良いのですが、ポイントは、1日の中で行う決断をなるべく少なくすることです。

  • 今日はどの服を着ていくか
  • お昼に何を食べるか
  • 夕飯は外食か、自炊か
  • 自炊なら何を作るか
  • 家に食材は何があったか
  • スーパーによるか
  • 山の中からどのじゃがいもを選ぶか

などなど、人は1日に約9千回もの決断をしているというのが最近の説です。

脳科学者によれば、人間が1日で行える選択の回数には限りがあるとの事。つまりは、やっぱり選択が増えると脳の限りあるパワーが消費されるという事ですね。

FACEBOOKのCEOのマークザッカーバーグは、同じTシャツと短パンを何枚も持っていて、1週間毎日同じ服を着るのだそうです。朝着る服に迷うことを無くすため。

重大な決断を幾つもこなさないといけない彼は、小さな事に余計な意志力を使いたくないのだそう。アップル創始者の故スティーブ・ジョブズも確かそうです。いつもジーンズに黒いニットを着ていると聞いた事があります。

私は彼らの話を聞いた時に感銘を受けました。大金持ちの人が、重要な決断をするためにライフスタイルにまで手を加えて努力して、セルフコントロールしているのかと驚いたんです。

大金持ちは高いスーツやブランド服をいくつも持っているイメージでしたが、真逆です。しかもこれ、節約にも通じるじゃありませんか!

私が見たマークザッカーバーグの服装は、ユニクロとかどこでも売ってそうな地味なグレーの無地のTシャツです。

私も日々そういう服装で過ごし、意志力も無駄にせずに有効に時間とエネルギーを使いたいと思います。

実を言うと既に実践しています。誰かと会うとかお出掛けする時を除いて、私はいつも同じ服です。新潟市には「銀座」という作業服屋さんチェーンがあるのですが、そこにはそこそこ外で着れなくもないTシャツやロンTがたくさん安く売ってるんです。

ポリエステル製だから乾きも速くて洗濯も楽です。

  • お金の節約
  • 意志力の節約
  • 家事の時短

一石三鳥です。

 

いらない電話番号・メルアドを消すタイミング

濃紺の背景に水色の光でチャートグラフが表示された画面

要らない連絡先を消すタイミングに話を移します。

スマホを買い替えた時など、アドレス帳を移行するのは結構面倒ですよね。やり方を調べたり、SDカードやアプリが必要だったり。

アドレス帳への登録した方法により、この作業は変わってきます。

  • スマホの本体に登録している
  • Googleアカウントに登録している

私はiPhoneは使った事がないので、今回はAndroidに限って説明させて頂きます。

 

スマホ本体に登録している場合

無理に今すぐやらなくても良いです。

スマホ買い替えのタイミングで、必要な物だけを移すというが最も簡単な手かなと思います。

必要最低限の連絡先だけ手動で移行し、それによって不要な番号やアドレスが引き継がれないので消える事になります。

 

わざわざ要らない番号か判断して、すべて消していく作業はまとまった時間がかかり、それなりの一仕事です。ならば、かかってきた時の確認にもなるしもうしばらく残しておいて、次のスマホ買い替えのタイミングでさよならする。

これが、アドレス帳整理にかける時間が最短になる方法なのでオススメです。

 

また、やってみるとわかるのですが、今までアドレス帳をほとんど整理した事がない場合、必要な連絡先の方が少ないです。

機種を変更する時に手動でやっても大した労ではありません。

 

Googleアカウントの登録している場合

この場合はスマホを機種変更してもアドレス帳は前のまま引き継がれます。なので、スマホ買い替えのタイミングは無関係だし、方法は1つだけ、手動で1つ1つ消して行くしかありません。

まとめて時間を取って一度に行ってもいいし。気づいた時に少しずつでも良いでしょう。ただ地道にやっていくのみです。

 

まとめ

結論として、消すか消さないかは、個人の好み次第。

多少時間を労力を使って使わない連絡先を消すのも手。

一回整理すれば連絡先を探しやすくなるし、会うことがない人に思いをはせる事もなくなって効率的になります。

 

しかしそのまま放置するのも1つの手。

労力がかからないし、残っていても何も影響がないと思うなら無理に消すこともないです。個人の好みですね。

 

ただ、私の考えとしては整理しないで放っておく方が損だと思います。やってみて初めて得られる感覚やお得感もありますからね。私はオススメします。いらないと思ったものはなるべく早く手放し、人生をより快適に過ごしやすくしましょう。