ZATの無縫製トートバッグが防水性能、頑丈さ、出し入れしやすさ全てが優秀

2019-03-20

ZAT無縫製防水トートバッグが床に置かれている

スーパー銭湯に持って行くのに良いバッグはないかと、近所の作業服屋さんをチラ見して見つけた防水バッグ。これが使ってみたらすんごく良かったのでご紹介します。

よく考えたらこういうバッグ今まであまり見たことない。なんでなかったんだろう。実は需要は高いと思うんです。

撥水・防水をうたう製品は数あれど、実はイマイチ防水じゃない、濡れる・・・みたいのが多かったけどこれは本物。

ということで早速ご紹介していきますよ!

 

ZAT無縫製防水トートバッグの特徴

ZAT無縫製防水トートバッグの商品説明タグ

ZAT無縫製防水トートバッグの特徴を簡単に。

  • 抜群の防水性
  • かなり丈夫
  • ジッパーの開け閉め不要
  • サッと取り出せる
  • 内側も防水で丸洗いOK
  • 底がしっかりですぐ置ける
  • 高さ330×幅420(底部320)×奥行170mm
  • 470g
  • 容量10L
  • 耐荷重4kg以下

という感じです。

防水性が高く中も外もポケットなしのシンプル構造。

防水性能が高いだけでなく、シンプルな作りで洗いやすいので、汚い所や気になるところで使っても洗えば済むのが良いところ。

元々しっかりした作りで、余計な縫い目がないので壊れにくい。水が入るスキマなし。

Amazonのレビューでも高評価率が高いし、皆かなり良いこと書いてます。買ってから読んだけど評判の良いバッグだったみたいで。

値段も1675円(Amazonで2019年3月時点)なのでまあまあ安い方じゃないかと。

生地は少々固めでかなり頑丈です。

でもこのくらいじゃないと頑丈さと防水性は出せないと思うので仕方なし。特に不満は抱かない。

 

徹底解剖して画像付きでレビュー

このバッグの全体を見回して徹底解剖していきます!

まずは普通に見た姿から。
ZAT無縫製防水トートバッグの持ち手を下ろして口が開いた状態

この状態だとかなり大きく見えます。

生地が固めでしっかりしてる。

何も入ってなくてもそのまま立ってくれます。

 

口を2回折って、
ZAT無縫製防水トートバッグの口を1回折る

 

マジックテープで留めて閉じるという仕組み。
ZAT無縫製防水トートバッグの口を2回折ってマジックテープで留めた状態

こうすると学校や街なかに持って行くような普通のトートバッグと同じくらいの大きさ。

 

1回折っただけでも口は閉じてるので、少々の雨くらいは気にならない。

防水をうたうバッグがこんな簡易な閉じ方なの?と思うかもしれないけど、これが便利♪

すぐ中身を取り出せるのが良いんです。

言葉で聞いても違いを実感しにくいけど、いざ使ってみるとその楽さが嬉しい。

 

中を覗いてみる。
ZAT無縫製防水トートバッグの中を覗いた図

わりと広め。

A4のノートを縦に入れてもまだ余裕がある。寝かせると空間が余って勿体ないくらい。

 

つなぎ目は縦に一か所あるだけ。外側から見てもここには線が入ってます。
ZAT無縫製防水トートバッグのつなぎ目

無縫製って名称だけど・・・つなぎ目がまったくない訳ではないみたい。

確かに糸は見えないから無縫製か。

 

持ち手を上にあげるとこんな感じ。
ZAT無縫製防水トートバッグの持ち手を持ち上げた様子

決して長くはない。

肩に掛けたまま中身を取り出そうとすると、口はめくるだけで開けるのはいいけど、手を突っ込むにはちょっと不便。

もうちょい長いと出し入れが楽だったろうと思うけど。

ただ、これ以上長いと紐が地面に付いちゃうかなと思いつつ、もうちょっぴり長いだけでも体感違うかなと思ったり。

 

3kgくらいの荷物を入れて歩き回ってみたけど結構大丈夫そう。持ち手が外れたりは無さそうです。
ZAT無縫製防水トートバッグの持ち手のつなぎ目の部分

 

折りたたむことも出来る。
ZAT無縫製防水トートバッグを折りたたんだ状態

表に来てるのはバッグの底面です。

この方向以外に折りたたむのは多分無理かなと。

 

というわけで、このバッグはこんな作りです。

外にも内にもポケットは一切なしです。ジッパーなども付いておらず。

 

活躍しそうなシーン

このバッグが役立つであろう場面を幾つか挙げてみます。

  1. ピクニック
  2. スポーツの遠征
  3. スーパー銭湯
  4. プール
  5. 釣り
  6. 飲食物を運ぶ
  7. 屋外の撮影
  8. ビラ配り

などの場面で活躍すると思います。

ピクニックやスポーツの遠征、スーパー銭湯にプール、釣りなどはいずれも汚れやすい場面では丸洗いできるので安心ですよね。

銭湯とかプールってちょっと気持ち悪いので、出来れば持ってった物はすべて洗いたいんです。だから丸洗い出来るバッグだと安心。

仕事やお出かけに持って行くようなバッグだと洗えないけど、これなら仕事にも持って行けるから仕事帰りにスパに寄るのに最適。

釣り道具なんかを入れて汚くなっても、内側まで丸洗いOK。

 

また、機会は少ないかもしれないけど、ファストフード店などでドリンクをたくさん買って持ち帰るとか、友達の家にお料理作って車で運ぶなんてシーンでは万が一こぼれてもカバンの中だけで済みます。

 

屋外で写真や動画を撮影する時にカメラをこれに入れておけば、万が一雨が降っても濡れないし、雨がおさまってる間にサッと出して使ってすぐしまうなんて事も可能。

 

なにげに思ったのが、雨の日のビラ配りなどの際には重宝するのではという点。

これにビラを入れておいて、数枚出しては配ってという事が出来そうですが、いかがでしょうか。

使ってみないとわからない問題があるかもわかりませんが。

 

ちょっと考えただけでもこれだけ挙げられました。ふとしたときに活躍する場面がありそうです。

急に必要になっても使えるように車の中にでも置いておくと良さそうですね。

私はいつでも銭湯行けるように、バスタオルと下着を入れてトランクに置いてます。

 

まとめ

少々珍しいトートバッグですが、デザインも悪くないと思います。黒だと少々男っぽいですけどね。

青や赤だともっと良い気がします。黒もアリだと思うんですけどね。服装次第かな。私はファッションに強い方ではないのでよくわかりません(笑)。

他には迷彩柄もあります。

 

中身を濡らしてはいけないとか、逆に、こぼれたら困るからカバンの中にとどめたい、という時に便利だと思います。

豚汁作って車で運ぶとか。そんな時ないか(汗)。

マックでドリンクたくさん買って部活に届けるとか?

 

あとは、丸洗いできるので、汚れやすいシーンでの利用を想定しているとか。

性能の割には値段も安めで、防水のトートバッグが欲しいと思っている方にはオススメの一品です♪