セリアのらくらくスライス安全ホルダーの特長と使い方まとめ

 

野菜を薄切りしてくれる「スライサー」や、大根おろしやとろろ芋が作れる「おろし器」は、ぜひとも持っておきたい超便利アイテムです。

包丁ではやりづらい事をいとも簡単に実現してくれますからね。

そんな便利な調理器具とともに使うことで利便性と安全性を格段に上げてくれるアイテムがあるんです。

それが、今回ご紹介するらくらくスライス安全ホルダーです!

では見て行きましょう♪

 

スライサーやおろし器の大きな欠点

スライサーやおろし器には共通の大きな欠点が1つあります。

夢中でシャカシャカとスライスやおろしをやってると、いつのまにか野菜が小さくすり減っていき、うっかり指が歯に当たってケガをしてしまう危険性があるんです。

そうなった時のことを想像すると怖いですね。私も一回だけやってしまったことがあります。

 

昭和からある調理器具ですが、この欠点が何十年も改善されないままなんですよ。

物凄く大きな欠点だと思うんですけどね(汗)。

 

めったにないものの、なってしまった時が凄く辛い。

だから、ほんのたまにでも起きて欲しくない。

かすりキズで済めばまだ良いのですが、ザックリ切ってしまうこともあるかもしれません。

スライサーとおろし器は便利ではあるものの、そういう危険性を秘めた道具なんです。

 

らくらくスライス安全ホルダーのすごさ

そんな欠点をたった100円で無くしてくれるのが、今回ご紹介する「らくらくスライス安全ホルダー」です。

  • ケガをする可能性をほぼゼロにまで下げてくれる
  • すり下ろす時も普段より軽い力で済む

という2つの効果をもたらしてくれる超スグレモノです。

らくらくスライス安全ホルダーがあれば、スライサーやおろし器の便利度がさらに上がって鬼に金棒♪

100均で手に入るんだから、もう買わないと損というレベルです。

 

ではその「らくらくスライス安全ホルダー」がどんな物なのかとか、使い方の解説、実際使ってみた感想などをご説明していきますよ!

 

らくらくスライス安全ホルダーの製品情報

らくらくスライス安全ホルダーの見た目や、サイズや形状などの製品情報を細かく見て行きます。

 

まずは見た目から。

らくらくスライス安全ホルダーの包装された状態です。売っているままの状態です。
らくらくスライス安全ホルダーの開封前

これをおろし器とセットで使うだけで、

圧倒的に安全にしケガの確率を下げ、おろすのも楽になるのです。ちなみにこれはセリアに売っていました。

 

性能

製品の性能は以下のように記載されてます。

  • ABS樹脂
  • 耐熱:-20~70℃
  • 対応するおろし器orスライサー:6.5~11cm

 

使い方

これが製品の裏面に使い方がイラストで説明されています。
らくらくスライス安全ホルダーの裏面の説明書き

 

ボール紙をはがして開封してみます。

するといきなりトゲトゲが表れるので少々ご注意を。
らくらくスライス安全ホルダーを開封した所

急いで適当にバリバリ剥がすと手が当たってケガをするかもしれないので、ご注意を。

トゲがある面を直接つかむより、下側の透明のプラスチックの方から手で押して取り出しましょう。

 

手に持った様子はこんな。
らくらくスライス安全ホルダーをトゲトゲを上にして手に持った状態

 

トゲトゲを横から見た図。
らくらくスライス安全ホルダーを横から見た図

真ん中の辺りはかなりトガっています。

 

このトゲトゲで野菜が滑らないようにしっかり押さえて、大根をおろすんですね。

大根などおろすものをガッチリつかんでおけないと危険なんですよ。

おろす時って、おろし器のするどくて細かいツメにゴリゴリこすり付けるわけで、ひっかかりがあります。

それに逆らって野菜をグッとつかんでこすり続けるので、油断してると「勢いあまって手が野菜から外れちゃた」なんて事もありえます。

そしたら、手がおろし器のちいさな歯に当たってケガをする可能性があり、とっても危険です(汗)。

だから、野菜をおさえる器具の方は、このくらい大きなトゲトゲがあった方が、野菜をガッチリつかんでくれて安心です。

 

持ち方は、真ん中の取っ手の部分をこんな風につかみます。
らくらくスライス安全ホルダーの取っ手をつかんだ様子

必ずしもこの持ち方でなくとも、持ちやすい方法なら何でもOK。

ただし、指先がプラスチック部分より下にはみ出ると危険なので、そうならないようにご注意を。

 

まとめ

以前から「こういうのがあったらいいな」と思って探してまして。

でも買い物に出ると忘れてて、を繰り返していて、この前たまたま100均で見つけたのでソッコー買いました。

ホームセンターとかでは見かけていたのですが、結構高いので買いたくなくて。

100均で見つけたら買おうと思ってたら何年も経過してました(汗)。

 

ハッキリ言って、ほぼ必須のキッチンアイテムです。

そもそも、おろし器とセットで売ってるべき商品だと思うんですけどね。どう考えても危険なんですから。

何十年も改善されてないんだからビックリです。世の中の商品にはまだまだ穴がありますね。

 

おろすのって腕が疲れて大変ですから、つい油断してたら指先が・・・って事があるかもしれない。いや、実際に起きてる。もし自分の身に起きてなくても、いつかそのうち起こりえる。

ならば、あった方が良いですよね。

 

指先ケガするとイヤですよ~(汗)。

生活の中でいちばん使うのが指先ですし、手を洗うのさえ辛い。

らくらくスライス安全ホルダーさえあればケガをする可能性はゼロに出来るので、ぜひとも一家に1つ用意しておきましょう。

以上、安くて超便利なキッチンアイテム、らくらくスライス安全ホルダーのご紹介でした♪