歯ブラシは100円ショップの極細毛がコスパ最強だと思う

ダイソーの4本入り極細毛歯ブラシ

皆さんはどんな歯ブラシを使ってますか?

私はここ数年、歯周病対策を気にしており、毛先が極細毛の歯ブラシしか使ってません。

極細毛のなにがいいのかって、歯周ポケットに歯ブラシの毛先が入って汚れを書き出してくれるんです。

歯と歯茎の間に小さなすき間があるんだそうです。

そこに歯周病菌がひそんでいるらしいです。怖いですよね(汗)。

毛先が極細じゃなかったらこうは行かない。

 

そんな、毛先が極細毛の歯ブラシ。どこで買ってるかと言ったらダイソーです。

セリアにも売ってます。

たぶん、地域ごとのマイナーな100均でも売っているでしょう。今はどこでも見かけます。

 

ということで、そんな100均の極細毛歯ブラシをご紹介させて頂きます!

 

100円ショップの歯ブラシってどんなの?

ダイソーの極細毛歯ブラシ4本入りが袋ごと黒い台に置かれている

 

まずは簡単に材質を見てみましょう。
ダイソーの4本入り歯ブラシの裏の材質説明

柄の材質は何でもいいのですが、毛の方は口の中に直接触れる部分なので気になりますよね。

と言っても、今の歯ブラシはほぼ2種類しかありません。

  • 飽和ポリエステル樹脂
  • ナイロン

以前はナイロンが多かったみたいですが、最近では飽和ポリエステル樹脂が多くなってきているみたいです。

私がここ最近買った歯ブラシもほとんどが飽和ポリエステル樹脂。

 

飽和ポリエステル樹脂の方が、ナイロンより吸水性が低く、すぐ乾いてくれます。ということは雑菌が繁殖しづらく、衛生的と言えますね。

私の場合ですが、使い終わったら歯ブラシとコップをゆすいで水気を切り、ペーパータオルで拭いてます。

菌というものは、水分がないとそうそう繁殖できないんですよ。

そうすれば、頻繁にコップも洗わずに済みますよ。

 

100円ショップの歯ブラシの特徴

100均の極細毛歯ブラシがなぜオススメなのか、そのメリットをザっとご紹介します。

圧倒的なコスパ

まずはなんと言ってもこれ。

私が今使っているのは、4本で100円というものすごくコスパが高い歯ブラシです。

ドラッグストアで買うと安くても1本で90円くらいです。

それが100均で買えば1本あたり25円くらいと破格です。

 

極細毛

ダイソーの極細毛歯ブラシの毛先のアップ

さらに極細毛なんだからもう驚き。

歯ブラシは極細毛がいいですよ。

歯周ポケットや歯と歯の間などの細かいスキマに毛先が入らないと意味がないとまでいいませんが、歯磨きの成果が格段に下がるので要注意です。

同じ労力を払って歯磨きするなら、より高い成果が上がる方が良いですよね。

 

豊富なカラーバリエーション

色は4本全部異なります。

ダイソーの極細毛歯ブラシ4本入りを袋から出した状態

4人家族ならそれぞれの人の色を決めておいて使い分けるなんてのも可能。

安いから頻繁に取り換えられていいですね♪

 

商品は何種類かあり、上の商品のように全て色が異なるものもあれば、すべて同色の商品もあるし、モノトーンの物もあったり。

 

個別包装されている

ダイソーの個装された極細毛歯ブラシ4本入り。外袋から出した状態

驚いたことに、なんと個装されています。

元々コスパがすごく高いのに、個別包装までしてくれている親切さ!

旅行や出張、合宿などでも持って行きやすいですよね♪

1本25円くらいだから、使い捨てしちゃうのもアリ。

 

安いから頻繁に交換できて衛生的

安いということに含まれる話でもありますが、安いということは、短い期間で買い替えられるので衛生的と言えます。

同じものを長く使えばそれだけ菌が繁殖している可能性が上がります。

また、長く使えば毛先が開いてきてしまい、きちんと磨きづらくなります。歯のスキマや歯周ポケットに毛先が入りづらくなるんですよね。

なので短いスパンで交換できるということは、歯ブラシにおいては大きなメリットなのです。

 

まとめ

100円ショップの極細毛がいかに良いかおわかり頂けたでしょうか。

  • 圧倒的なコスパ
  • 極細毛
  • 個装されている
  • 安いから頻繁に交換できる
  • 色んなタイプがある

ということで、もうメリットしかありません。

歯ブラシは100均で決まり!

ダイソーに限らずセリアでも売ってますからね♪

何かとダイソーとセリアの話を出す私ですが、100円ショップと言ったらやっぱりこの2店が2大巨頭ですよね。

100円ショップだからといって品質が悪いとは感じてません。

安いので、まずは一度お試しあれ!