マジックハンドは一家に1つ用意すべき超便利な必須アイテムです

ひょんな偶発的な出来事から、マジックハンドの手を借りなければならない状態におちいった私。

その時にマジックハンドのすごさを再認識したので記事に書いておきます。

 

マジックハンドの特徴

そもそもマジックハンドって知ってますかね。一見すると枝切りハサミみたいだけどそれより短く、物を切ることは出来ずつかむだけ。

今の若い方は知らないかもしれない。確か30年くらい前に初めて世に出て一定の流行を見せた気がする。

それが100均に普通に売ってます。

床に置かれたマジックハンド

 

高いとことか、狭いとこなど、手が届かない所ににゅ~っと差し入れて物をつかむのがマジックハンドの役割り。

先はロボットの手のようになっていて、閉じたり開いたりできる。
マジックハンドの先っぽが開いた状態と閉じた状態

持ち手部分を握ると閉じる。
マジックハンドを握って先端が閉じた状態

離せば開いた状態にもどる。
マジックハンドをただ持って先端が開いた状態

先端は滑り止めのゴムがついている。
マジックハンドの先端の内側に滑り止めのゴムが付いている

とまあこれがマジックハンドです。

 

マジックハンドに救われた出来事

こんなマジックハンドに救われる出来事が起こりました。これによりマジックハンドの素晴らしさを再認識し、今記事を書いております。

 

洗面所で手を洗う時、ちょっと手元がくるってキレイキレイのボトルが向こう側へ(汗)。
洗濯機の背面のスキマに落ちたキレイキレイのボトル

洗面台の端っこにあった。
洗面台の端っこの物が置けるスペース

十分なすき間があるから普通に起こりえる事だった。甘かった。

到底手は届かない。

洗濯機の下も横のスキマも手が入るわけがない。
洗濯機の下のスキマのアップ

洗濯機の横のスキマを除いた図

我が家の狭い洗面所で洗濯機を動かして腕が入るスキマを作るのはかあり大がかり。下手したらホース外さないとだ(汗)。

 

他に方法はないか・・・と考えて思い出したのがこのマジックハンド大先生!

よくぞマジックハンドを買っていてくれたと過去の私を褒めてあげたい。一体何のために買ったのか謎だけど(笑)。

年末の大掃除の時に見つけて、使う機会ないだろうと捨てかけてけど取っておいて良かった!

 

ということでマジックハンドをもぐり込ませてみる。よし、長さは問題なし。
マジックハンドを洗濯機の裏へもぐり混ませる様子その1

問題はキレイキレイのボトルをつかめるかどうか。丸っとしたフォルムで滑りやすい。

逆さになったキレイキレイのボトルを何も考えずつかんでみる。

 

案の定、滑って持ち上がらない。薄い方向でつかめるか試す。
マジックハンドを洗濯機の裏へもぐり混ませキレイキレイの薄い方向につかんでみる

 

ちょっと持ち上がったけど滑って落ちた(汗)。それにより向きが変わる(汗)。UFOキャッチャーの気分。
洗濯機と壁の間で横向きになったキレイキレイのボトル

 

こうなったら首根っこを掴んでみるしかない。

 

 

 

幸いマジックハンドは結構締まる。どうだ・・・よし、持ちあがった!

そのまま上に、念のためそーっと引っ張り上げて行く。

 

救出成功!

 

このままではいつまた落ちてもおかしくないから、すき間をふさぐなり対策をしなくちゃ。
キレイキレイのボトルが洗面台の端に置かれている

ボトルからこぼれなかったから良かったものの、中身が飛び出してたら洗濯機どかして掃除するしかない(汗)。それはご勘弁願いたい(汗)。

 

今回ちょうどなくなりかけてて、ボトルが軽かったせいもあります。

完全に使い切って、この前買った大きいボトルに交換したかったんですよ。このタイミングで交換しちゃいます。
洗面台の端に置いたキレイキレイの大ボトル

単独だと違いがわかりにくいですが、結構大きいです。

比較のために、通常サイズと、大ボトルと、詰替え用パッケージ。
床に並んだキレイキレイのボトル通常サイズ、大サイズ、詰替え用パック

一回り大きいくらいですかね。

通常ボトルだと詰替え用が全部入らないのですが、大ボトルだと入ります。

詰め替える頻度が減ってくれるので、今後は洗面所は大ボトルで。

キッチンの方は置き場が狭いので今まで通り通常サイズのまま。

 

マジックハンドは一家に1つ

今回は本当にマジックハンドがあって良かったと思えるハプニングでした。マジックハンド以外では無理だったでしょう。

洗濯機をどかすなんてしてたらもう大ごとだし、時間にして20~30分くらいかかりそう。

下手をすれば床に水がこぼれたりもあったかも。そんな危険を冒さずに済んだのです。

そんな状況にならずに済んだのはマジックハンドのおかげです。

 

つまりは、「マジックハンドじゃなきゃ出来ないことがある」ということ。

こんな子供のおもちゃみたいな100均グッズが、大いに役立つことがあるんですね(笑)。

 

ぜひとも一家に1個、マジックハンドを用意しておきましょう♪

でも、そうそう使う機会はないので、収納の奥の方に置いておきます・・・。