これは便利!シリコンラップの想定外の使い方5つ

 

最近話題のシリコンラップ。商品の想定通りの、ラップとしての使い方をすると、イマイチ便利ではなく使いづらい面が多々あり、とてもオススメ出来たものじゃないですよ、というのを前回の記事でご説明させて頂きました。

が、しかし、シリコンラップは別の使い方をすると大活躍してくれる場面が多々あるんです!

不思議ですよね。本来の使い方ではイマイチかそれ以下の商品なのに、想定外の使い方をするとすごく良いって(笑)。

 

ちなみに、そういう商品って世の中に結構あったりします。

例を挙げると、シュレッダーハサミです。

最初は刻み海苔をつくる道具として発売されたんです。普通の板のりを切って刻み海苔にするという発想ですね。ですが全然売れず。

そこで、身の回りの個人情報が書かれた書類を捨てるときに細かくする「シュレッダーハサミ」として売り出したところ、大ヒット商品となったんだそうです。

面白いですよね。

商品自体はまったく同じなのに、「設定」を変えただけで売れない商品が大人気商品に化けるのですから。

 

私はまな板の滑り止めとしてちょうど良い!」と思ってから、ほぼそれ専用になっているのですが、ネットで調べてみたところ・・・たくさんあるわあるわ、想定外の使い方をしてる人ばっかりで。

通常の使い方のyoutube動画もあったりするのですが、結構時間かかっててやりづらそうで(笑)。

ということで、今回はシリコンラップが、他の使い方をすればとても便利な商品に変わっちゃいますよ!という例をご紹介していきます。

 

シリコンラップの新しい使い方

今回ご紹介するシリコンラップの便利な使い方はこちらです。

  1. 鍋つかみの代わり
  2. 固いフタを回す時の滑り止め
  3. まな板・おろし器などのすべり止め
  4. お盆の滑り止め
  5. 車のダッシュボードに貼って滑り止めにして、物が置ける

これがどれもなかなかに便利で、しかも一石五鳥、5WAYというスグレ物です♪

「はじめからこういう使い方で売り出した方が絶対良かったのでは?」と思っちゃいます(笑)。

 

鍋つかみの代わり

レンジの中の器を、折りたたんだシリコンラップでつかんで取り出すところ

シリコンラップを折りたたんで厚くして、鍋つかみとして使うという方法です。

熱に強いし、滑らないので、鍋つかみとして適していると思います

 

固いフタを回す時の滑り止め

ビンのフタが固くて開かないとき、濡れふきんやゴム手袋を使うと開けやすくなります。

これは、濡れふきんやゴム手袋により、ビンのフタとの摩擦力があがることによる効果です。

素手だとビンのフタが多少滑って、力の全てが使われていないんですよね。

豆板醤のビンのフタを素手で開けようとするが開かない

それプラス、素手だと手が痛いというのも理由の1つです。

そこで、シリコンラップを使ってビンのフタをつかめば、滑らないし、手も痛くないしで開けやすくなります。
豆板醤のビンのフタにシリコンラップを巻き付けて握る様子

もちろん手袋やふきんを使っても良いのですが、色んな物を用意するより、シリコンラップ1つで何でも出来れば便利ですからね♪

 

まな板・おろし器などのすべり止め

まな板を、ステンレスの台にじかに置くと結構滑ります。この状態で包丁を使うとまな板が動いて危険なんですよ(汗)。

流し台に置かれたまな板に手が置かれている

そこで、シリコンラップの登場です。

まず流し台にシリコンラップを敷いて、その上にまな板を置きます。
流し台に置かれた正方形のシリコンラップ

すると全然滑らなくなり、包丁を使うのも安全です。
まな板の上で包丁でニンジンを輪切りしている様子

 

大根おろしをする時に、一生懸命シャカシャカこすってると下の受け皿が動いてやりづらいことがあります。

そんな時にもシリコンラップが便利。

ボールなど受け皿の下に敷いておきます。
流し台にシリコンラップを置き、その上にプラボールを置いたのを横から見た図

 

この状態でシャカシャカしても、あまり動くことがなくて非常にやりやすいです。
シリコンラップの上にボールを置き、その中でおろし板をこするマネをしている

 

この「すべり止め」としての使い方が一番しっくりくるような気がします。むしろこれが本来のシリコンラップの用途として設定されてれば良かったんじゃないかと思います。

 

お盆の滑り止め

これもすべり止めとしての使用です。

理屈はこれまでと同じなのですが、プラスチックのお盆にお皿をのせて運ぶとよく滑ります。
100円ショップのプラスチックのお盆に皿を乗せて両手で持った様子

汁が入ったお椀なんかだと本当あぶないです。

そんな時もシリコンラップ。
プラスチックのお盆にシリコンラップを敷いた様子

おどろくほど滑らなくなります。

ある程度傾けても平気。
プラスチックのお盆にシリコンラップを敷き、その上に皿を乗せて傾けた図

 

車のダッシュボードに貼って滑り止めにして、物が置ける

車のダッシュボードにシリコンラップを敷いておけば、そこがちょっとした小物置き場になります。
車のダッシュボードに置いたシリコンラップの上にwifiルーターが置かれている

何も敷かずに物を置けば、当然滑ってすぐに落ちます。

でもシリコンラップを敷いておけば摩擦力が強いのでちょっとやそっとの揺れや振動では落ちません。

高さがある物や、ある程度以上の重さだとダメですが。

 

パッと物を置いたりするのに便利です。これも結構オススメです。

 

まとめ

シリコンラップのラップとして以外の使い方を5つご紹介しました。

  1. 鍋つかみの代わり
  2. 固いフタを回す時の滑り止め
  3. まな板・おろし器などのすべり止め
  4. お盆の滑り止め
  5. 車のダッシュボードに貼って滑り止めにして、物が置ける

キッチンに1つ置いておけば、シリコンラップだけで色んな使い方が出来るので、物を増やさなくて良いという点が非常に良いです。

どれも結構便利なのでオススメします。

ぜひお試しを♪