新生活を始めるために必須の100円ショップで買うべき物リスト

一人暮らしでも新婚さんカップルでも大家族でも、新生活を始める際にはどうしたって生活用品を色々買うことになります。

でも、全部合わせると結構な金額に・・・。

  • 家電・家具はある程度高いのは仕方ない。
  • 包丁とか鍋などは、できればある程度良いものを使いたい。

しかし、それ以外のものだけでもなるべく100均で買えば、全体の出費額を抑えられます。ホームセンターや雑貨屋さんなどで買えば100円よりは絶対高いですからね。

 

ということで今回は、新生活を始める上でこれは100円ショップで買うべき!

というか、100円ショップの商品で十分だと思う物をまとめておきます。

買い出しの際のリストとしてもご利用頂けると思います。

 

キッチンで使う100均調理器具

家の中で圧倒的にアイテム数が多いのがキッチンです。他の場所とは比べ物にならないほど多いです。

なので、油断していると、あれも必要、これも必要と、どんどん買わないといけない気持ちになってしまいます。

事実、一人暮らしを始めて1か月後のキッチンは、たいていの場合使われずに眠っている調理器具にあふれています。

本気で自炊しようと思っている人、キッチンのオシャレに興味がある人ほどなりがちなのでご注意を。

キッチン用品は買うかどうかを慎重に考え、本当に必要だと思えるものだけ買うようするのが、余計な物であふれないようにするコツです。

  • 買ったらどれくらいの頻度で使うのだろうか
  • 無理に買わずとも、今あるもので十分こなせないか
  • そもそも本当に必要なのか

その調理器具やキッチン用品をあなたが使っているところが具体的にイメージできるかどうかがカギです。

ちゃんとイメージできて、「これは間違いなく必要だ」とか、「どうしてもこれが欲しい」と思うものを買うようにしましょう。

必ず必要だという機能的な面だけでなく、カッコいいからとか、他の理由で欲しい場合もありますよね。それだって立派な理由です。やたらとそういうのが多いのは困りものですが、少しくらいはあったっていいでしょう。

 

では100均で買うべきキッチンアイテムをご紹介します。

  • 食器類すべて(お皿・お椀、スプーン・フォーク・箸、コップなど)
  • まな板
  • しゃもじ
  • スポンジ
  • 洗い物カゴ
  • ヘラ
  • トング
  • ピーラー(皮むき)
  • 計量カップ
  • 計量スプーン
  • 食器用ふきん
  • 漂白用オケ
  • タッパー
  • 保存容器
  • おろし器
  • パスタ入れ

下の方にあるものは重要度は低く、必ずしも必要ではないかもしれません。でも自炊をするならぜひ用意しておいて欲しいものです。

トングはなにげにオススメです。

炒め物など色んな調理に仕える万能道具として菜箸(さいばし)がありますが、私はオススメしません。きわめて一般な調理道具ですが、今はもっと便利なのがあるのですから。

それがトングです。
キッチン用のトング

菜箸より幅があるので、炒め物などをするときに大きく具材を動かせるし、ガバっとつかんで盛り付けるなどにも便利です。こんなのも100均で買えるんですよ。

100均で買えるキッチンの必須アイテムについて詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

お風呂に必要な100均アイテム

手おけと洗面器、風呂イス

お風呂用品はほとんどが100均でそろいます。

(シャンプー、トリートメント、せっけんなど、洗剤系は除いて)

  • 洗面器
  • 手おけ
  • 風呂イス
  • ボディタオル
  • 泡立てネット

お風呂アイテムはササっと100円ショップでそろえる事をオススメします。「生活するのに十分な機能」ということで言えば100均で十分です。

  • お風呂だけは思い通りにして快適にしたい
  • オシャレアイテムにこだわりたい

ということなら話は別ですが、オシャレを求めるとボンボン値段が上がるのがお風呂アイテムの特徴。

風呂イスや洗面器などプラスチック製品は700円とかに跳ね上がっちゃいます。ちょっとコリ始めたらすぐ千円超え(汗)。

だったら100円で良くないですか?って話。

 

ボディタオルは100均でも買えます。

ただ、長持ちしないのが難点なので、必ずしも100均のをオススメはしません。物にもよりますが、品質が低めな傾向がある気もします。

私がお気に入りの、ダイソーで売ってる肌触りがソフトなものは、1、2週間で縮んでしまい使いづらくなります。

それでも使えるんですが、とても洗いにくいんですよね。

 

それに比べてホームセンターやドラッグストアで買う500円くらいする昔ながらの浴用タオルは縮まないし永久に使えるのでは?と思うほど長持ちです。実際私は3年くらい使い続けてました。

ただ・・・、30代ころから体に小さいイボが出来るようになり、それが浴用タオルの網目に引っかかって困るんです(汗)。これかなり痛いんですよ。イボが引っ掛かって引っ張られるんです(汗)。

シャカシャカ洗ってる時に急に「痛っ!」ってなって。

100均のを使うかもっと高いのを買うか、最終的にはお好みですね。

 

そして泡立てネットです。

これは超優秀アイテムなのでぜひ使って欲しいです。間違いなく洗顔フォームやボディソープの節約になります。

つまるところ、ご自分に合うのが良いというのが結論です。ただ、100均にも色んなタイプが売ってるので選択肢は多いですよ♪

 

洗面所

  • 歯ブラシ
  • 歯磨き用コップ
  • 歯磨き粉
  • ぞうきん

100均の歯ブラシ4本入り

歯周ポケットや歯のスキマなどの細かいところを磨くの大事とよく言われますよね。毛先が極細になっている歯ブラシも以前より圧倒的に増えました。今や5本入りで100円で買えちゃいます。

100均の歯ブラシの毛先

あんまりお得だと「100均のはあまり良くないのでは」と勘ぐっちゃいますが、果たして大きな違いがあるのでしょうか。ちゃんと毛束が付いていて、毛先が極細毛なんだから、たいして変わらない気がします。

ドラッグストアなどでちょい高めの歯ブラシを買うより、安いの買ってこまめに交換できる方が衛生的で良いと思います。

 

歯磨き用コップはプラスチック製をオススメします。

基本的に家の中にあるものは全部プラ製の方が安全で便利なんですが、食器は気分もあるのでガラスや陶器も必要かもしれません。

でも、食器以外はプラスチック製でいいと思うんですよね。

急いで洗い物してもガチャガチャ音がうるさくないし、プラスチックだとガラスや陶器のように割れることがないのが良いんですよ。

たとえ割れてもヒビが入るくらいで、ガラスのように鋭利な破片になりにくい。だからケガもしにくいです。

 

お部屋

  • ハンガー
  • 爪切り
  • ゴミ箱
  • ウェットティッシュ

これらはすべて100均でOKです。十分な品質があります。

ウェットティッシュはドラッグストアだと298円くらいするので、100均に比べてかなり割高です。100均の商品でもちゃんとアルコールが入ったものもありますよ。

 

文房具

100均のミニドライバーセット、ビニール紐、ガムテープ

  • ハサミ
  • カッター
  • ガムテープ
  • ビニール紐
  • ミニドライバーセット

今やほとんどの文房具が100均でそろうと言えるでしょう。

書き心地の良いボールペンなどまで100均で見られるようになりました。こうなると100均でそろわないものはないのでは?と思うくらいです。

ハサミやカッターは当然として、ガムテープやビニール紐もあった方がいいですよ。

何かを縛ろうとかテープで留めようという時の一番基本的なアイテムが、ガムテープやビニールひもですよね。雑誌や広告がたまったらビニール紐で縛ってゴミに出せます。

引っ越しの時にダンボールを留める以外に使い道がなさそうなガムテープ。生活する中でちょっと困ったときにガムテープがあれば済むことがあるんです。

  • 捨てるつもりの空き箱をたたんでガムテープでとめて1つにしたり
  • ティッシュの空き箱を小さく折りたたんで留めたり

何かと役立つ場面が出てきます。

鋭利なものやトガったもの、何かの角などを保護するのにも使えます。

そのまま捨てると角がごみ袋を破ってしまう物ってあるんですよ。そういう時に角の部分にガムテープ2重3重に貼ります。

ガムテープは結構強く、また、ツルツルしているので、鋭利な角をなくすことが出来ます。

 

まとめ

生活にほぼ必須と言えるアイテムで100均で買える物だけを今回はまとめました。

ここで挙げた物はほぼ必要になるので、100円ショップで買い物する時のリストのようにご活用頂ければと思います。

 

必須ではないけど、あると便利な100均グッズはこちらにまとめています。

 

キッチンで必要なものは多数ありますが、100均グッズも含めてなるべく安く済ませるべく必要な商品に絞ってご紹介しています。