火事対策グッズのおすすめ

2017-12-07火事

コンクリートの壁にかけられたABC消火器

火事対策グッズのおすすめをご紹介

火事対策グッズは用意しておかないとと思いながら、消火器1つとっても色んな物があり過ぎて、しかもABC火災対応とか意味がわからない。火事は怖いから正確に選びたいのに。値段も様々だし、一体どれを買えばいいの~!?

ということで、消火器の性能の比較の仕方や、10型とかは何を表すのか、消火器は何年経ったら買い替えないといけないのかなどもお話します。

消火器以外にも安くて便利な消火用品は多々あるので、私が本当に良いと思った物だけご紹介していきます。

 

消火器のオススメ

消火器は必須の消火グッズです。一人暮らしでも大人数のご家庭でも必ず用意しておきましょう。万が一火事が起きかけてもボヤ(火事のなりかけ)で済ますためにも、消火器は必須です。

一番基本的で消火能力が高い商品ですからね。

ではご家庭ではどういう消火器を用意すればよいのかというお話です。

先に私の答えを言ってしまいます。難しい事は考える必要はありません。

10型のABC火災対応の消火器を買いましょう。一人暮らしなら1つ、ご家族がいるご家庭は、おうちの広さに応じて2本、3本と用意しておけば良いと思います。

おすすめはと言われたら、アルテシモ10型(リサイクルシール付)です。


モリタ宮田工業というこの分野では大手の会社の製品です。

粉末の消火剤で、ABC火災全てに対応しています。10型(3.0kg)なので量も一般的な家庭用消火器としては十分な消火剤の量です。ついでにいうと見た目も従来の消火器のようにペンキっぽい赤ではなく、おしゃれな光沢のある赤です。Amazonで人気ランキング1位なのもうなづけます。

上記画像はAmazonへのリンクになっています。これをポチっとクリックして消火器を注文してしまえば安心が手に入り、配送までしてくれるのです。あえて言いますが、消火器だけは買っておきましょう。1回飲み会に行かなければ買える価格です。

消火器としての機能は申し分なく、見た目もおしゃれ。消火器のおすすめはと聞かれた今はもうこれです。

この消火器の主な性能をご紹介しますと、

  • 消火薬剤:粉末ABC3.0kg
  • 放射時間:約14秒、放射距離:4~6m
  • 普通火災、油火災、電気火災に対応
  • 国家検定合格品
  • 設計標準使用期限:10年

となります。

業務用として認定されている商品なので、それを家庭用においておくのですからなおさら安心です。とは過信は禁物で、火事に気づいた時にどれくらい燃え広がっているかにもよります。私個人的には、1本で十分くらいの消火器を、あえて2本用意しておくのをオススメします。

1本使いきって、あともう少しで完全に鎮火したのに・・・という状況だったら残念過ぎませんか。万が一の話ですけど。2本あったら多分消火出来ない事はめったにないと思うんです。1本目と2本目を少しタイミングずらして買って、数年おきに1本買い替えて行くのが良いかなと。

まあ消火器もかなり安くなりまして、数年前だと何万円かしたのに、今じゃ3000円台ですからね。安全のためなので、ある程度の金額は必要な投資と考えてます。火事だけは絶対に避けないといけませんから。

 

簡易型消火器

消火器とあわせて置いておきたいのが、このヤマトプロテックのエアゾール式簡易消火具です。


これもAmazonで人気の商品です。(現在消火グッズで2位)

通常の消火器とあわせて2本くらい火事の置きやすい場所に置いておくのがおすすめです。

ガスコンロの火が何かに燃え移ったとか、タバコの火がカーテンに燃え移ったとか、手に届くところに置いといて、とっさにすぐ消火出来るので便利です。キッチンと、リビングと、2階にも1つなど置いておけば、ご家庭の火事対策としてかなり強固と言えるでしょう。

 

その他の消火グッズ

消火器と簡易式消火スプレーがあれば火事の備えとしては十分だと思いますが、更に強固にしたいのであれば、こちらをご紹介します。

天ぷら火災専用の「火の用心棒」です。袋のまま火に投げ込めば消火してくれるというグッズです。ガスコンロのそばに置いといて、揚げ物の時に加熱し過ぎて油に引火した場合、素早く投げ込んで消火するという使い方ですね。

もし思ったより火が強く、これで消火できなければ先ほど紹介した簡易型消火スプレーを使うなどすると良いでしょう。

Amazonには色んなタイプの消火用品があるので、一度ご自身でご覧になってみると良いでしょう。

 

おしゃれな消火器

おまけとしてインテリア的にも優秀なおしゃれな消火器をご紹介しておきます。今は消火器ってこんなもあるのかという驚きが大きいです。

モリタ宮田工業のキッチンアイです。消火器といえば赤のイメージしかなかったですが、こんなおしゃれな色もあるんですね。

続いてハツタのクマさん消火器です。


これはかわいらしくて女性の一人暮らし向きですね。お子様がいるご家庭にも良いと思います。赤い消火器よりお子様が喜びそうです。

そしてもう一つ、初田製作所のハローキティ住宅消火器です。


もはやインテリアの域です。キティちゃん好きなら消火器はこれで決まりです。いざ火事が起きた時にもこころは穏やかに落ち着いて使用できそうな気がするのは私だけでしょうか。

以上、おしゃれな消火器のご紹介でした。

 

消火器の性能の説明

消火器の性能の味方、注意事項などをここでご説明しておきます。

 

消火器の耐用年数

以前は消火器は5~8年くらいと言われてましたが、2011年の法改正で、「新規格対応品」の消火器は使用期限が10年になりました。最近発売された物だと「新規格対応品」であることがほとんどだと思いますが、買う時は製品情報をよく見て確認しましょう。

耐用年数も保存状態で変わります。湿気が多いくて本体がサビて来ているなどの場合は、使用期限内でも買い替えた方が無難だと思います。

適正な状態の維持のためには、5年くらいで点検すると良いと言われていますが、私たち一般消費者としては点検と言われても面倒ですよね。私は6、7年で買い替えておこうかなと思います。私は用心深いたちで2本用意しておきたいので、今家にある消火器が5年目くらいになったらタイミングでもう1本買うつもりです。

 

保存方法と消火器の劣化について

高温多湿な場所は劣化が進みやすいので避けて保管します。消火器は圧縮して詰め込まれた物なので、容器がサビたり腐食してもろくなっていると、破裂のおそれがあります。

保存場所はなるべく水気の少ないところに保管しましょう。キッチンに置くことが多いと思いますが、水がかからない場所に置くなど工夫してください。水がかかればサビやすくなります。

目に見えて腐食やサビ、または変形などが出て来た場合は、耐用年数以内でも買い替えを検討した方がよいかもしれません。

また、安全栓が抜けてしまった場合は、上から物が落ちてきたり消火器が倒れたりしてレバーが押されてしまう可能性もあります。間違って安全栓を抜かないようにしましょう。

 

消火器の対応火災

消火器には対応できる火災の種類というものがあります。よく消火器に白、黄色、青の丸が描かれているのですが、見たことありますか?

白が普通火災(A)と言って、紙や木材が燃えた時などの火災に対応していることを表しています。黄色が油火災(B)で、料理の油が引火した場合などです。青が電気火災(C)で、電気設備や配線などの火災に対応しているということです。

基本的には全てに対応した消火器を置くべきです。何で火事が起きるかわかりませんから、その時に対応していないけどどうしよう、などとなっても嫌です。今は消火器は安いので、ABC火災すべてに対応しているのを買ってしまえば良いです。

 

消火器の型とは

消火器に詰められている薬剤の量を表しています。数字が大きくなるほど量が多いです。

薬剤の量(kg)
3 1.0
4 1.2
5 1.5
6 2.0
10 3.0 または 3.5
20 6.0

となっています。

一般的なご家庭では10型を置いておくのが良いと思います。5や6などでも良いかもしれませんが、火事が起きてしまった時にどのくらいの規模の火になるかなんてわかりませんから、ある程度多い量があった方が無難です。

理想を言えば、10型が5、6本あれば良いんでしょうけど、たくさん置いてもキリがないですし、お金も高くつきます。とりあえずは10型が、一人暮らしなら1本、ご家族で住んでいるなら2本あれば充分と言えるでしょう。

 

2017-12-07火事

Posted by そふぃ