安いお店の探し方

2017-11-07買い物での節約やり方・ノウハウ, 一人暮らし, 節約

虫眼鏡で木製の家のおもちゃを見る

安いお店の探し方の概要

普段よく買う商品が、その時最安値で売ってるお店がどこかわかったら良いのに、と思ったことはないですか。
わかればいいですよね。

でも最安値のお店をご自身で調べることは出来そうに見えて中々大変です。
ここではその方法をご説明します。

 

安いお店を知っておく

節約において、普段から安いお店を知っておくことは非常に重要です。何か買い物が必要になった時に探すのではなく、普段から知っている事がとても重要なのです。

なぜなら、とっさに「これが一番安いのはどこかな」と考えても、日頃から色んなお店で買い物をしてリサーチしてなかったら判断材料がありません。

結局何となくになってしまい、節約出来ているかどうかはかなり曖昧です。

まず、ドラッグストアを例に考えます。
その地域によってお店は色々ですが、ドラッグストアでも差があります。どこも似た様なものではないのです。

例として私の住んでる地域、新潟県新潟市ですが、以下のお店が安いです。

  • ウエルシア
  • セイムス
  • ドラッグトップス

ウエルシアは全般的に安いのと、トップバリューブランド(よくイオンに置いてあるブランドで、価格が安い)が置いてあるのが利点です。
トップバリュー製品は、全体的に安い上に、品質も結構良いと感じます。

一例をご紹介すると、焼肉のタレはまじで美味しいです。

エバラのなんちゃらとか、黄金のなんちゃらとかの有名なメーカーの物よりも、トップバリューの方が美味しいと私は感じます。

肉だけでなく野菜炒めや、ひき肉でそぼろの作り置きをする時の味付けにも合うし、とても重宝しています。パスタの味付けに使ってもいけますよ♪

洋服は以下のお店がおすすめです。

  • しまむら
  • avail
  • ユニクロ
  • ゼビオスポーツ

availはしまむらの姉妹ショップみたいなとこで、同じような品揃えですが、若干若者向けな感じがします。

4店とも、よく探せば大人から子供までが着れて、1000~2000円でそこそこおしゃれな物が結構あるんです。
私はこの6、7年他のお店で服を買ってないです。参考までに私はアラフォーです。

中にはユニクロっぽいとか、しまむらっぽいと周りに思われるのがイヤという、抵抗がある方もいるかもしれませんが、それも商品によりけりです。

ゼビオスポーツは洋服を買う所としては不自然に思われるかもしれないですが、Tシャツとかパーカーとかはおしゃれで安い物が結構あります。

特にTシャツは種類が豊富で、1000円くらいで安くておしゃれなのが何枚も見つかります。

最近では、ここにセカンドストリートが加わりました。中古ショップです。

以前は中古というかユーズド、意味は同じですね。こういうのに抵抗があったんです。

でも、物を売りに行った時に査定の待ち時間にぶらぶら見てたら、結構おしゃれなで使用感がなく状態の良いTシャツが300円から700円で売ってるんですよ。

え~と思って色々見てみたら、コートがほどほどの良い状態で300円とかあるんですよ。十分着れる服がですよ。探すと結構掘り出し物が見つかるのでいいですよ、セカスト。

オンラインストアもあるので、一応リンク貼っておきました。

 

よく買う商品の値段とお店をメモする

この商品はこのドラッグストアやスーパーが一番安いけど、あの商品はあっちの方が安い、なんて事は結構あります。

シャンプーがこのお店は50円引きだけど、お肉はあのお店が80円安い。
でも今度は白菜があっちのお店の方が安くて、でもシャンプーは高いし、全部回るのは面倒だしガソリン代も時間もかかるし、結局どこへ行ったら一番得なの?!

こんなことってないですか?私はすごくあります。

なるべく行くお店は少なく、出来れば1店で済ませたいといつも思ってます。

物によってその時一番安いお店が違うんですよね。
今日は内のスーパーは全部がめっちゃ安いですよ~、みたいなのやってくれたら助かるんですが、そんなことやったらお店大変ですからね。

そこで私が編み出したのがこの方法。

例えば、お気に入りのシャンプーやボディソープ、調味料、または詰め替えたり継続して使う物などは、どうせ今後も買います。

そういうのを買い物の度にメモを取り、少しずつで良いので書きためて行きます。

パソコンでGoogleドライブやExcelを使うと便利です。

そうすると、この商品はこのお店がよく値下げしている、もしくはいつもだいたいこのお店が一番安いとか、更には底値がわかってきます。

1ヵ月~3ヶ月くらいでリストが出来上がり、どの商品はどのお店に行くのが一番節約になるかが把握できます。

だいたいいくら位で売っているかも覚えてくるので、もし値段が高くなっていてもわかるので、またの機会にしよう、という事が出来ます。

私の近所では、ワイドハイターの詰め替え用が、ドラッグストア2店で138円と88円とかなりの差があったことがあります。この差は結構大きいですよ。

今はワイドハイター使わないのでもういいんですけどね。

初めは面倒くさいと思うかもしれませんが、せいぜい数か月の間、それもめぼしい商品だけなので簡単です。こんなデータ持ってる人周りにまずいませんからね。

やらなければいつまでもこのデータは取れませんので、安く買いたくても本当に安いのかわからないまま買わざるを得ません。

でもやってしまえばその内出来上がります。この方法おすすめです。