買い物時の節約方法

2017-11-07買い物での節約節約

青空を背景にショッピングカートと、お金マークが飛んでいる

買い物の時に節約をするコツ

買い物をする時は、節約のチャンスがたくさんあります。また、無駄づかいの誘惑が一番多いのも買い物の時です。

衝動買いはしていないつもりでも、気づかずに余計な買い物をたくさんしている事は、実は結構多いのです。
また、安く手に入れる方法や、知らないと損するだけのお得な情報が存在します。
色々な方法があるので、知識を身につけ、心構えを変える事によってかなりの節約が期待出来ますよ。

 

買い物時の節約のポイント5つ

買い物時は5つの重要な節約のポイントがあります。気づいてないだけで大きな節約になる可能性大です。

 

必要な物だけ買う事を心掛ける

メモ帳にLISTと書かれ、ボールペンが置かれている

余計な買い物をしないためのコツは、必要な物だけ買うことです。
必要な物だけ買う習慣がつくと、なくても済む物をついつい買ってしまう事を防げます。

頭の中だけで管理できるならそれでもいいですし、メモに取るのが一番確実です。私はスーパーに行った時に上手く思い出せませんので、スマホのメモ機能を使っています。

逆に、安い時にまとめ買いをするのが節約のコツ、とも言えます。
安い時にまとめて買っておけば、後で普通の値段で買わずに済みます。

ただ、まとめ買いには一つ問題があって、たくさんあるとついつい簡単に使ってしまう傾向があるということです。

人間は、たくさんあるとついどんぶり勘定というか、少しくらいいいや、という気持ちになりがちなんだと思います。
その辺は注意が必要です。

でも、まとめ買いは安く設定されていることがほとんどなので、節約に一役買う事は間違いないので、上手に行いましょう。

そうならないように気を付けていればいいだけの話です。

私が学生時代に飲食店でアルバイトしていた時に知ったお話をご紹介しましょう。

以前から気になっていたんです。

そのお店は、毎日食材やドリンク類が仕入れられるんですが、お酒類とか、封を切らなければ賞味期限が長い物は1~2週間分くらいまとめて仕入れたら楽ですよね。

なのにそれはせず、毎日必要な分ギリギリ持つ位しか仕入れないんですよ。

だから店長に聞いてみたんです。そしたら、たくさんあると雑に使ってしまうのか、必ずその商品のロスが増えてしまうんだそうです。

これはもうたくさんのお店のデータで裏が取れていることだそうです。そのお店は全国的にも有名なチェーンの居酒屋でした。

ただ、家庭の場合は人数が少ないし、管理するのは1人か2人ですよね。一人暮らしなら自分だけですし。

必要量だけを使うのなら、まとめ買いの方がお得です。

節約を始めたばかりの時は、まずは1か月の生活費を把握したいので1ヶ月単位で買うのが良いと思いますが、基本的にはまとめ買いはお得で節約になるということを覚えておきましょう。

 

買い置きは安い物、賞味期限の長い・または無い物

買い置きするなら安い食材、それもできるだけ賞味期限の長い物だけにしましょう。

賞味期限が長ければ、使い切る前に期限切れになって無駄にしてしまう可能性が下がりますね。

もやしくらい安い食材ならば多少無駄が出ても損する金額が少ないです。

また、食べ物ではなく、トイレットペーパーなんかは使用期限はないですし、洗剤などは使用期限が非常に長いです。

ときどき安売りしているので、買い置き品として目をつけておくと良い商品です。

 

買い物を短時間で済ませる

スーパーに長い時間いると、それだけ余計な買い物をしてしまう可能性があがります。
15分とか、20分で出る、と決めておくのもコツの1つです。
時間の節約にもなります。

スーパーで色んな食品を見ながら食べたいメニューを考えるのはちょっとばかし危険です。

色々美味しそうな食品が置いてあるのは当然です。スーパーですもの。買いたいと思わせる工夫もされています。消費者に物を売るプロですからね。

なので長時間見ていれば欲しくなってしまうのは仕方のないことで、だから長居は無用なのです。

特に要注意なのが、お腹が減っている時です。
空腹で色んな食べ物を見てたら全部欲しくなってしまいます。
注意が必要です。

 

珍しい調味料は買わない

珍しい調味料、一風変わった調味料を買うのは控えておきましょう。なぜなら、どうせほとんどを使わないまま賞味期限切れにしてしまうから。

特に一人暮らしを始めたばかりや、新婚さんで自炊を始めたばかりの頃にありがちですが、味覇(ウェイパー)とか、スイートチリソース、ガラムマサラなど、ちょっと本格的なムードのただよう調味料を見ると買ってみたくなります。

  • これが使いこなせたら私も一人前、
  • この調味料でアジア料理を誰かにふるまっていいとこ見せたい

なんて思ったりして買いたくなります。実は私です。

ですが、そういう一風変わった調味料って、結局は使う機会がわからなかったり、口に合わず使わなくなってしまう事が多いですね。というかほとんどそうです。

ある程度料理に慣れて作れるメニューも多い方なら使い道があるのでしょうが、そうでなければ調味料置き場の邪魔者になるのがオチです。

もしかしたら使うかも、台所にあったら格好良いかも、という考えは、節約の観点から言ったらあまり良くありません。

もちろんそれでも使ってみたいなら全然良いと思います。今しているのは、節約の意味で言ったらの話です。

珍しい食材についても同じ事が言えますが、調味料は長く持つのでいつか使うかも、と思って買ってしまいがちです。
調味料は値段が高いので、無駄にした場合の金額が大きい事を覚えておきましょうね。

 

本当に欲しいのかよく考える

BUY、HOLD、SELLと書かれた白い標識

雑貨やインテリア、家電製品が欲しくなった時のお話です。これあったら便利だなとか、商品のデザインに魅かれてしまったりとか、どうしても欲しくなる事がありますよね。

気をつけたいのは、凄く欲しくて買った筈なのに、買ってみたらあんまり使ってない、別にいらなかった、買わなければ良かったかも、という経験はあると思います。

では、それを防ぐにはどうすれば良いか。

何かを欲しいと思った時、すぐ買わないで1週間ほど考えてみるんです。

本当にそれが必要なのか、他の物で代用できないか、それが部屋にある事で逆に邪魔にならないかなど、よく検討してみます。

そうすると欲しくなくなったり、一時的な衝動だったと気づく事があります。そんなことか、と思うかもしれませんが、この方法結構使えます。

1週間考えてみて、まだ欲しいなら、買っても良いでしょう。本当言えば、もう1週間考えて、合計2週間考えてもまだ欲しかったら買う、くらいが理想だと思います。

私の場合、1週間待ってもまだ欲しくて、2週間待ったらやっぱりいらないことに気づいた、ということが何度かありますからね。だから私としてはこの節約一人暮らし生活を読んでくれているあなたには、2週間待つことをおすすめさせて頂きます。

いらない物を買わなくて済んだ事が多々あります。今でもありますよ。
どんな人でも、衝動にかられて買いたくなる、という感情の動きはあって当たり前なんです。

要は、

  • その感情に対する上手な対処法を知っているか
  • そういう感情は自分にも起こり得るという事を知っているか

この2点です。

自分は衝動買いしたいなんて思う人間じゃない、って思ってると、自分には起こり得るという事を知らない、という事なので、知らずの内にあんまり必要じゃない物を買い、そのことに気づくこともないんですよね。

でも人間は得てしてそういうもんだと知っていれば、自分にそういうことがあった時に気づけて、習慣が変わっていくんです。

以上、よく考えてものを買うという事についてでした。
節約における基本的なことですが、安易に物を買わないこと。
物が増えなければ、部屋の整理や掃除もしやすくて一石二鳥です。

 

2017-11-07買い物での節約節約

Posted by そふぃ