氷の便利なお役立ちワザまとめ

氷のお役立ちワザを使って真夏を乗り切ろう

冷凍庫用のプラスチックの氷入れに入れられた氷

普段何気なく使っている氷ですが、いざ冷たい飲み物持って出掛けたいなどという時に限って全然ないよ、なんてことがたま~におきます。

でも大丈夫。30分で氷ができる方法があるんです。そのためにはちょっと必要な物がありますが、それさえあればOK。

急な来客などで冷たい飲み物を出したい時にも使えちゃう、氷のワザのご紹介です。

 

氷を30分で作る時短テク

冒頭でも述べました、氷を時短で作ってしまうワザです。

通常氷は3時間くらいかかりますが、このワザだとなんと30分ほどで出来てしまうというスゴ技。と言ってもやり方は簡単。

用意する物

  • アルミ箔のカップ
  • アルミのバット

これだけです。ではこれを使ってどう氷を作るのか

やり方

アルミ箔のカップに水を入れ、それをアルミのバットに並べます。この時に、たくさん作り過ぎてバットにギュウギュウに並べてしまうと氷が出来上がるのが遅くなってしまいます。

ある程度のすき間をあけて、冷気がアルミ箔のカップをまんべんなく覆うようにするのです。

すると水に冷気が伝わりやすく、早く氷になる温度まで達するというわけです。ちなみに氷になるのに必要な温度はマイナス12度くらいです。

氷がアルミ箔のカップから外れにくいときは、少しの間だけアルミ箔を手で包むようにするとはがれやすくなります。手の熱がすぐ伝わり、わずかに表面がとけてはがれます。

アルミのバットなんて物は必ずしもある物じゃないですよね。おうちにない場合はトースターのアルミのトレイなどを使う手もあります。アルミ製の平らな物なら何でも良いでしょう。

アルミに限らず金属はとても熱や冷気が伝わりやすいんです。飲食店で冷凍マグロを解凍するときもキッチンペーパーでくるんでアルミバットに並べたりします。

 

氷が冷凍庫内でくっつかないワザ

大量の氷が冷凍庫の氷入れにゴロゴロと入っている

氷はたくさん作っておいても、時間が経つと3、4個くっついてかたまりになっている事がありますよね。するとコップや水筒に入らなくて不便です。氷がこうならないようにする方法があるんです。

用意する道具とやり方

紙袋を用意します。清潔であれば焼きいもとかパンなどを買うと入れられる普通のでOK。

出来上がった氷をそれに入れて冷凍庫に置いておく。ただこれだけです。

氷がくっつかないメカニズム

冷凍庫の開け閉めによりわずかに冷凍庫内の温度が上がり、それによりほんのわずかに氷が溶けることがあります。その水がまた凍り、接着剤のように氷と氷をくっつけてしまうというわけです。

また、冷凍庫の開け閉めがなくても、氷の状態でもわずかに蒸発していきます。時間が経てば少しずつ水蒸気が発生し、また凍ることで、溶けだした水ほどではないですが長い時間経てば氷のくっつきが起きてしまいます。

紙袋に入っていれば冷凍庫の開け閉めをしても袋内の温度はある程度一定に保たれます。なので氷がくっつく現象がおきにくいんですね。それに紙袋が少しだけ水蒸気を吸収してくれるので、更にくっつきを防ぐ効果があります。

応用編

このメカニズムがわかれば、他にも氷をくっつけない方法は考えられます。ポイントは2つ。

  • 何かで覆って温度が上がりにくくする
  • 湿気を吸収する物をおく

この2つ、もしくはどちらか一方だけでも効果はあるはずです。

紙袋でなくとも、タッパーなどに入れてフタをしておけば、冷凍庫の開け閉めをしても氷が入ったタッパーの温度は上がりにくいので、氷がくっつきいくくなります。

また、お菓子や海苔の袋に入っていたりする脱水剤の袋を冷凍庫に入れるなども良いでしょう。一応冷凍庫のような低温の場所に置いても良いのか確認してから使いましょう。

 

炭酸飲料の泡を出にくくする

氷がたっぷり入ったグラスに炭酸飲料が注がれている

氷を入れたコップに炭酸飲料を注ぐとシュワシュワーっと美味しそうな泡が経ちますよね。美味しそうなのは良いんですが、早く注ぎたいのに泡ばかり経っても厄介です。来客時にお客さんの前で注いだりする場合は格好も悪いですし。

この泡を圧倒的に立ちにくくする方法があるんです。これもまた超簡単。

やり方

氷をサッと一回水洗いします。なんとこれだけ。

氷を水洗いなんて意外ですが、これで断然泡ができにくくなります。

泡が立たないメカニズム

氷の表面には霜がついており、細かいギザギザがある状態なんです。

このギザギザが炭酸を刺激して泡がたくさん出てしまうんですよ。ようは水洗いすることでこのギザギザを洗い流し、氷の表面がつるっとした状態にすることで、炭酸が注がれても刺激が少ないので泡が立ちにくくなるんですね~。

氷も少し丸みをおびて、CMで見るような飲み物を注ぐシーンになりますよ(笑)。

 

まとめ

以上ここまで、氷に関する便利技をご紹介しました。どれも簡単ですぐ使える技ばかりです。まだまだ暑い日が続くと思うので、氷ワザを使って夏を乗り切りましょう♪