子どもの保険は入るべき?それともいらない?

子ども用の保険は入るべきか

一般的な話として、子どもは病気のリスクはまだかなり低いです。とはいえ、中には不幸にして難病にかかってしまうお子さんもおられます。大事なお子さんですから、保険に入って置くというのもとても良い事だと思います。

色んな保障を含めても安い物が多いのでオススメです。

 

子ども保険の考え方

お子さんが小さいうちは、医療費が無料の期間がありますが、それが過ぎたときが加入を検討するタイミング。

期間は地方自治体によって異なります。お住まいの自治体ごとで確認を。

子どもは病気になる確率は大人に比べて格段に低いものの、ケガの可能性は大人より高いですからね。手術など高額な医療費がかかる事は稀だとしても心配はあります。部活動などもありますし。

子どもの医療保険は割安なので家計をあまり圧迫しないのが良いところ。

 

オススメの保険

子どもようの保険はとにかく安い。なのでもしもに備えて入っておいた方が無難なのは間違いありません。

こども共済

大人に比べてかなり割安なので入りやすいです。

器物損壊してしまった場合の賠償保障や、少額ながら親の死亡保障も付いていたりというセットもありがたいところ。これ結構オススメです。

 

個人賠償責任保険だけでも

子供の医療保険はまだ入らなくて良いという方も、個人賠償責任保険だけは入っても良いかもしれません。

故意はなく、器物損壊してしまった、他人にケガをさせてしまった、という場合の損害補償です。家族全員の保障で、1年で3000円前後の保険料で、かなり高額な保障に対応できます。

 

まとめ

子どもの保険は医療保険は安価なので入っておければ一番です。

損害保険と子どもの医療保険とセットの共済がやはりオススメです。

全体的に金額が安いので、そこまで真剣に悩んで決める必要もなく入りやすいです。

確率的には非常に低いものの、何かあったら絶対助けたいもの。ならば、保険料が安いなら入っておけば安心ですよね。あとは個人の考え方次第です。