医療保険は仕組みを正しく理解して必要性を考えよう

医療保険も絶対ではない。資産状況とライフステージに合わせて検討すべき

コルクボードの上に車や家の模型、錠剤などが置かれ、その中心にあるinsuranceと書かれたメモを虫眼鏡で拡大している

医療保険とは、万が一の時に高い医療費を払わなくて済むように、毎月ずーっと一定の額を納めていくという民間の保険です。アフラックとかオリックスcureとか、チューリッヒとかですね。

入院や手術などの場合には日額5000円などが給付されたり、1手術あたり〇万円の支給がされたり、先進医療にかかる分のお金を補償してくれるという物です。

日本には健康保険制度がありますが、その自己負担分を補ってくれる役割を果たしてくれます。入る保険の掛け金により、持ち出しが出たり、保険金があまったりします。

似たような物に、ガン保険があります。ガン保険も医療保険とほぼ同じですが、ガンに特化した医療保険と思ってもらえば良いです。ガン保険も込みの医療保険もあります。ガン特約という形で付加する商品が多いように感じます。

今回はこの、医療保険(がん保険)について、入るべきなのか、入るならどんな補償をつければ良いのか、その判断基準についてのお話です。

 

日本には優れた健康保険制度がある

まずしっておくべき素晴らしい制度があります。日本では、国民健康保険だろうが職場で入る組合や共済だろうが、健康保険に加入していると、高額療養費制度というものがあります。

高額療養費制度とは、ある一定の金額以上は、自己負担しなくて良いという制度で、だいたい10万円くらいで自己負担が済みます。たとえば手術で60万円の医療費がかかったとしても、自己負担は10万円くらいで済むという事です。

そう考えるとどうでしょうか。医療保険って必ず必要でしょうか。

これがあったら民間の医療保険には、必ずしも入る必要はないという考え方も出来ます。この辺は好みの問題もあるでしょう。多少のお金を損することになっても、もしもの場合に補償が出る方が良いとか、いえいえ、毎月の保険料の分を貯蓄しておく方がお金として残せるので良い、という考え方もあるでしょう。

しかし、日本人は得てして保険が好き。無難な策を取ったり念のためという考え方をする人も他の国にくらべて多そうです。

実際に保険の専門家や経済学者などでも、民間の医療保険に加入しない方もいるのです。

 

医療保険に入るべきか

医療保険は入っていた方が安心なのは間違いないです。いざという時に、高額療養費制度を使っても、10万円くらいは自己負担が出てしまいます。

しかし、一生ほとんど病気になることがなかったら、保険に支払ったお金の方が多くなるかもしれません。そしたらその分貯蓄に回すこともできるし、資産運用して増える可能性もあります。

いざとなっても高額療養費制度があるわけですから、莫大な費用になる事はほとんどありません。例外として、保険適用外の治療を行う場合は高額療養費制度が使えません。

先進医療などがそうです。また、入院中の食事代や差額ベッド代も対象外です。この辺について詳しくは以下の記事をご覧ください。

 

判断は難しい所ですね。基本的には入っている人の方が多いと思います。厳密に比較し足り計算したりしている人はほぼいないでしょう。

ほとんどの方は、保険相談所の窓口の無料相談を利用して、ご自身に合った保険を探して入っていると思います。周りのほとんどの人が入るから、入っておかないとという考えが先に来ると思います。

こんな言い方をすると、入らない方が実は良いと言いたそうに聞こえるかもしれませんが、私は入った方が良いという考えです。

特に、所得が少ないとか、貯蓄や金融資産が少ない場合は入るべきです。10万円前後の費用であっても、毎月の暮らしが楽ではなく、貯蓄もなければ医療費を準備する事が出来ません。それでは大変なことになるので、保険でまかなうしかないですよね。

 

医療保険の選び方

女性が左右の手のひらに、それぞれ1と2の形のブロックを乗せている

保険料の高い手厚い補償でなくとも、とにかく何かしら医療保険に入っておけば安心です。

ただし、私の考えですが、いくつかポイントがあります。

  • ガン保険を優先すべき
  • 先進医療給付金はつけるべき

この2つのポイントについて詳しい内容と、理由を個々にご説明します。

 

ガン保険を優先

医療保険には大きく分けてガン保険とそれ以外の医療保険があります。この2つが合体しているタイプもあります。しかし私は別々に入ることをオススメします。

その理由は、料金的な問題ではなく、いつか見直しする事になった場合に、セットで入ってしまっているとまとめて見直さなければならない、ということです。

別個で加入していれば、片方だけ他の保険に変えることが出来ます。つまりはフットワークが軽いわけですね。

保険というのは、時代に合わせて、それまでにはなかった新しい形の商品が生み出されます。すると、長年払い続けて来た保険を捨てて、今の年齢から入り直したとしても保障内容が手厚くなったり、お得になったりという事が起こり得ます。

なので、見直しやすい状態にしておく方が、将来的に得できる可能性が高くて経済面で臨機応変に対応しやすいのです。だから、ガン保険と医療保険は別々にしておくべきだと私は考えています。

で、この2つ、両方入れば一番良いと思います。

しかし、経済的に負担が厳しいとか、まだ入るべきか迷っているという場合は、まずはガン保険を優先すべきだと思います。

やはりガンは怖いです。発見の早さと年齢にもよりますが、やはり命にかかわる可能性が比較的高い病気と言えるでしょう。

手術が必要になる事も多いし、治療が長期に渡る可能性も高いです。なのでガンだけは手厚い対応ができるように、通常の医療保険より優先すべきではないかと思うわけです。

ただ、これは個人の考え方や感情的な部分によって、意見が分かれると思います。ご家族や近しい方とよく相談したり、保険相談所で専門家の意見を求めてみると良いと思います。私は別に保険相談所を良くないと思っている訳ではありません。彼らは私たち一般人が思いつかない様な保険プランを提案してくれたり、時にとても有益な意見を与えてくれます。

そこのお店によりけりというのもあるので、幾つか無料相談してみると良いでしょう。

がん保険と医療保険を別々にして、両方入るべきというのが私の意見。

どちらか一方だけ選ぶのならば、ガン保険を優先した方が良いと思う。しかしこれも、個人の事情や、ガンと他の病気やケガのどちらをより恐れるかにもよる。

 

掛け捨てか、貯蓄型か

緑の背景に、手のひらが差し出されその上に白い豚の貯金箱のイラストが乗っている

保険には掛け捨てと貯蓄型の2つがあります。

貯蓄型が選ばれる傾向が強いようですし、ファイナンシャルプランナーも貯蓄型を進めてくるケースがあります。

貯蓄型は保険と貯蓄の2つの機能を合わせ持つので、毎月の保険料は当然ながら高くなる傾向にあります。

この2つ、どちらが良いのか。

私の意見としては貯蓄型はオススメしません。本来、保険は掛け捨てで良いのです。

保険は、加入者がお金を少しずつ出し合い、万が一の不幸にあった方が大金を得るという仕組みです。何も不幸が起きなければ保険に入る必要はないですが、わからないから備えとして入るのです。万が一の不幸は起きなければ一番嬉しい事です。

だから、保険というものは損をする前提なのです。つまりは掛け捨てでOK。掛け捨てが当たり前。損をするのは当たり前だけど、なるべく損しない方が良い。だから、掛け捨てで、出来るだけ安い保険料でなるべく手厚い保障を受けられるようにというのが、保険の選びのキモとなります。

貯蓄型という商品が存在し、それに比較して掛け捨てなどというちょっと悪い雰囲気の言葉も手伝って、貯蓄型より下位の商品のような印象がついてしまってます。

貯蓄をしたいならば、それ専用の金融商品を別に買う方が良いと思います。この考え方は、ガン保険と医療保険を分けるのと同じように、片方だけ見直せる利点もありますが、それプラス、性質の違う2つを合体させるのは無理があるように思えます。だから、結局は複雑な仕組みの中で損をする可能性が高いように私は感じています。シンプルさも大切だと思います。

例えばですが、自動車保険に入っていて、一年間事故が起きなかったから損した。入らなければ良かった、などとは思わないですよね。万が一に備えて入ったわけで、何も起きないのが一番良いですよね。保険料は返ってきませんから、これも掛け捨てです。でも、自動車保険には貯蓄型などは存在しないですよね。これと同じ事です。

貯蓄型なんていうのがそもそも変。より大きな利益をあげよう、お金を集めようという保険会社が生み出した商品でしかないと思います。

保険で損せず得しようという考えも少しズレているのです。医療保険で得しようとしたら、入って数か月後に病気になって保険金が下りることです。

火災保険で得するのは、入ってまもなく家が火事になる事です。それで得したな~という人は誰もいないでしょう。

万が一は起きないのが一番良いのです。万が一が起きた時が怖いから、その備えとして保険に入るのです。基本的には損になることが当たり前の商品ということです。

しつこいくらいご説明しましたが、私が言いたい事がおわかり頂けましたでしょうか。

保険は掛け捨てが当たり前。支払った保険料が無駄に終わるのが一番良いこと。

 

まとめ

医療保険とガン保険について、私の持論をお話させてもらいました。

結論は、どちらも入った方が良いという事です。

どちらか一方だけならまずはガン保険と申しました。でも、やはり両方入るべきでしょう。自分の体や命は大切ですよね。健康が一番です。そのために、もしもの時の備えとして医療保険・ガン保険があるわけです。保障のレベルを変えれば金額も下がりますし、何かしら入っておくべきだと思います。

ここは生命保険と違う所です。体や命は誰もが大切。だから保険に入るべき。生命保険は、ご自身が亡くなった時に経済的に困窮する方がいる場合だけ、入れば良い物というのが私の考えです。

全ては私の持論です。ご自身が考える時の参考として使って頂ければと思います。加入する、しない、またはセットで入るか、別個で入るかはご自分の考えで検討すれば良いと思います。