トイレで使う日用品の準備。絶対に必要な物とあると便利な物まで

2019-03-08

スリッパが置かれてトイレットペーパーが2つ備え付けられる家庭のトイレ

お引越しをしたら、まず最初に使えるようにすべきなのがトイレです。

料理や洗濯は無理にすぐ出来なくても生活出来ますが、トイレはいつ行きたくなるかわかりません。

なのでトイレの準備は一番最初に済ませておきましょう。

今回はトイレに必須のモノから、あると便利なもの、逆に必要ない物までをご紹介していきます。

 

トイレに絶対に必要な物

まずは必須のモノからです。

  1. トイレットペーパー
  2. スリッパ
  3. スッポン
  4. トイレの洗剤

引越したら一番最初に用意すべきがトイレットペーパーです。これが無かったら、いざトイレで用を足してから気づいた時に青ざめることになります。注意しましょう。

それからスリッパです。

底が厚めの物にしましょう。個人の感覚にもよりますが、トイレの床に直接足とかズボンのスソが触れるのはちょっと気になります。急いでる時とか、カカトがスリッパより後ろにはみ出すことありますよね。すると何かの拍子にかかとが床に触れたりします。

なので私は、トイレのスリッパだけは厚みのある物しています。

トイレの洗剤はもちろん必要ですよね。

 

そして大事なのが、スッポンです。

トイレが詰まらない限り必要ない物ですが、いざ詰まった時にないと悲劇です。めったに起きない事ですが、起きる可能性はあるので用意しておきましょう。

いざ起きてから買いに行く事も可能ですが、詰まった時にまだトイレの途中だとまた流さないといけませんし、出勤前ですぐ買いに行けず、仕事帰りに忘れて帰宅して急いでトイレに行ったら詰まってる状態・・・などだと大変です。

想像してみてください。ずっと我慢してて急いでトイレに行ったら詰まっていた時のことを・・・。詳しく説明するまでもないと思います。

ということで、スッポンは早いうちに用意しておくことをオススメします。金額的には700~900円くらい。私は急ぎで近所のドラッグストアで買って900円くらいでした。

100均にも売ってるのを見た事がありますが、短かったり吸い込むゴムの所の作りがいまいちだったりと心配です。スッポンだけは多少お金かけてもちゃんとしたのを選んだ方が良いです。

 

出来ればあって欲しい物

便座シートです。

冬に便座に座った時にヒヤッとするのを防いでくれます。100均に色んなデザインの物が売られています。

暖房便座機能が付いてる場合は必要ないと思われるかもしれませんが、いざトイレに行った時に温まってないといけないのでつけっ放しです。

つまり電気代がかかります。

消費電力が小さくても、長時間使う物って割と電気代かかるんですよ。冷蔵庫とか、一日の多くの時間ついてるテレビとか。

なので、節約の観点から言えばそういう物は出来たら使わない方が良いんです。便座シートを買うのにお金はかかりますが100円です。

1ヵ月に1枚くらい使い捨ててもいいですし、洗って使うことも出来ます。何かが付いちゃったとかでよほど汚れない限りは。

色んなデザインがあるしオススメのアイテムです。

 

置かない方が良い物

これらは一見すると必要な物のようですが、私はいらないと思います。

  • トイレマット
  • ペーパーホルダーカバー
  • トイレットペーパーのストック入れ
  • トイレブラシ

あってもメリット1つもなく、逆に以下のデメリットを生じます。

  • 場所を取る
  • トイレが狭くなる
  • 汚れのもとになる
  • 掃除がしにくくなる
  • 買うのにお金がかかる

という具合にデメリットだらけです。邪魔になったり、トイレを不衛生にする原因になります。

たいしていらないor無い方が良い物にお金を使うなんてまっぴらごめんです。

 

トイレマットはいらないです。

これがあるから掃除がしにくくなり、トイレマットを洗う、洗う物が1つ増えてしまいます。何もしかれてなければ、洗剤を吹きかけてまとめて拭きあげれば済むので掃除も簡単です。

トイレットペーパーホルダーもいりません。

子どもの頃から実家でも親戚の家でも付いてたので当たり前と思ってましたが、初めて一人暮らしをした時に何の意味があったのかと疑問を抱きました。

邪魔になってトイレットペーパーが引出しづらいし、これがあると掃除がしにくくなります。無しにしてるわかるのですが、トイレットペーパーホルダーの周りって結構ホコリがたまりやすい。だから頻繁に掃除したいんです。だからカバーなんてないのが一番清潔なんですよね。

トイレットペーパーのストック入れ、これほどお金がムダになる余計な物もないと思います。

トイレットペーパーのパッケージは破ると見た目が悪いので、ストックケースがあると見映えはよくなります。しかし、結構な場所を取ります。トイレってそんなに広いおうちは少ないと思うので、多くのご家庭ではかなり邪魔になると思います。

しかも掃除の時にはそれをどかさないとならず、かなり面倒。だからない方が良いんです。

トイレットペーパーのストックをどこに置いとくかといったら、上の方に棚があればそこでいいし、なければ突っ張り棒で作ってもいい。そうじゃなければ、床にトイレットペーパーか何かを敷いて、その上に積み重ねておいても良いでしょう。トイレのドアを出たところとか、いくらでもやりようがあります。

 

そして、トイレ掃除のブラシです。

必須アイテムだと思われがちですが、ご家庭のトイレなどキレイに保ちたい場所では逆効果。

ブラシでこすると目に見えない飛沫が飛び散るし、細かいところまでキレイにするのにも向いてません。

そしてブラシは当然汚くなりますし、使うたびに濡れます。すると菌が繁殖しやすい場所になります。菌の繁殖工場を1つ増やすことになるんですよね。そして場所も取ります。

ブラシが無ければ今ご説明したことは全てなくなります。邪魔にならないので掃除もしやすいです。

一応言っておくと、これは機能的な意味で考えた場合です。

ペーパーホルダーのカバーなどをオシャレのために取り付けたり、かわいい雰囲気にしたい、おしゃれにしたいという事ならば話は別です。そこはあなたのお好みで♪

 

ブラシ無しでどうやって掃除するの?!

と思われるかもしれませんが、トイレお掃除シートや、トイレットペーパー、ビニール手袋や軍手などを使います。トイレブラシよりもキレイに掃除出来ますよ。

特に軍手&ビニール手袋による掃除方法は超便利で、至る所に使える掃除方法です。ぜひあなたのおうちでも取り入れることをオススメします。以下の記事で画像付きでご説明しています。

 

トイレクリーナーは大手メーカーの物は高いのですが、他のメーカーからたくさん出ています。私のオススメは以下の3つです。

  1. エムズワンの「除菌 流せるトイレクリーナー」
  2. ティー・エイチ・ティーの「キレイ楽々Agオレンジ除菌トイレクリーナー」
  3. サパレの「流せる重曹トイレクリーナー」

この3つは値段が安くて使い勝手もよくオススメです。

エムズワンの「除菌流せるトイレクリーナー」は、安いしアルコール配合なので除菌効果も高めで、かなりオススメの商品です。30枚入りで95円くらいです。

ティー・エイチ・ティーの「キレイ楽々Agオレンジ除菌トイレクリーナー」です。

厚手タイプで使いやすいです。小さいと掃除がしにくいしすぐ取り換えないとならないので、きちんと掃除したい時に便利です。ただしちょっと1か所拭きたい時にも厚手を1枚つかうのでもったいないかも。30枚入りの2個パックで160円くらいとこちらもお得。ツルハ系のドラッグストアに売っています。

もう1つ、サパレの「流せる重曹トイレクリーナー」です。

上の2つより少し高いのですが、それでも安め。強すぎないアロマローズがほのかに香り、べた付かない使い勝手の良いトイレクリーナーです。24枚で260円くらいです。こちらもツルハ系で見かけます。切り離して使う事もできるので、ちょっとした汚れの時に切り離して残りは戻したりも出来ます。

 

これらはネットでも買えますが送料がかかるのが残念なところ。

大量買いすれば送料無料になることが多いですが、初めて使う商品を大量買いするのはリスクですよね。これらの商品に限らず、お近くのお店で手に入るトイレクリーナーシートを探してみて。

基準としては、なるべく低価格(30枚で200円以下。1枚あたり10円を切る商品)で、除菌力の面を考えて、出来ればアルコールが入っている物が良いと思います。アルコールは重曹や酢、銀イオンなどより除菌力が高いです。

厚手の物の方が拭きごたえがあって使いやすいのですが、ちょっとした汚れを拭くのにも厚いの1枚使っちゃうともったいないんですよね(汗)。

小さめの物が枚数多く入っている方が減りは遅くなり、コスパが高いと思います。

ちなみに、袋にシールタイプのフタが付いてる物より、プラケースがあった方が良いです。

トイレ掃除の時にちょっと汚れた手で、出来れば容器などに触れたくないですよね。プラのケースだと、汚れてなさそうな指を使って何とか開けられます。

でも袋タイプだと両手を使わないとほぼ無理。汚いところを掃除してる時に非常に不便です。

最初だけ他のケース付きの商品を買って、使い切ったら容器として使うか、トイレクリーナー用の容器だけで売ってるのでそれを使うのもありです。100均やホームセンターで見かけます。

 

まとめ

トイレに必要な物から必要ない物を、理由とともにご紹介しました。汚れやすいところだし掃除をしやすくするためにも出来る限り物を置かない事をオススメします。

必要な物。

  • トイレットペーパー
  • スリッパ
  • スッポン
  • トイレの洗剤

出来ればあって欲しいのが便座シート。暖房便座の電気代節約にもなります。

そして要らない物。

  • トイレマット
  • ペーパーホルダーカバー
  • トイレットペーパーのストック入れ
  • トイレブラシ

以上、トイレに必須のもの、あると便利なもの、ない方が良い物をまとめでした!