一人暮らしの生活用品の準備

2017-11-07一人暮らしを始めるためにやり方・ノウハウ, 一人暮らし

重ねられたタオルと木の洗濯ばさみ

生活用品の準備も節約を最優先して考えます。

全てにおいて上手に無理なく節約すれば、一般的な相場よりかなり安く生活用品が準備できます。

 

必要最低限の生活用品

一人暮らしを始めた瞬間から必要になる物をあげます。

  • 布団
  • カーテン
  • シャンプー、せっけん、体を洗うスポンジ、洗顔料などのお風呂セット
  • ひげそり、かみそり
  • 歯ブラシ
  • タオル
  • トイレットペーパー
  • ごみ袋(スーパーやコンビニの袋でOK)

これだけあれば最低限の普通に暮らせます。逆にこれらは必ず必要な物なので、引っ越したらすぐ用意できるようにしましょう。

私は初めての一人暮らしの時にカーテンのことを忘れていて、現地で買うしかなかったのですが、どうも中々決められなくて、1か月くらい色付きのゴミ袋を貼ってしのいでました。今思えば変な部屋です。あなたはそうならないようにしてください(笑)

 

まずはなるべく買わずに済ませる事を考える

引越しにかかわる費用を少しでも安くするために、生活用品もなるべく買わずに済ませます。

自分で使っていた歯ブラシなどの小さな消耗品さえも、持って行ける物は全て持って行くと良いですよ。
なるべく引越し前の生活用品をそのまま移動させる感じです。

細かい物や消耗品だからといって、買ってしまえば良いとは簡単に考えるのは良くないです。
こういう小さいと思える積み重ねも、3、4個あつまると後々に節約の効果として実感として現れてきます。

私が引越しの時に一緒に持ち運んだ生活用品を挙げます。

  • 歯ブラシ、歯磨き粉、プラスチックのコップ
  • シャンプー、リンス
  • ボディスポンジ(体を洗う用)
  • 未開封のせっけん1個
  • 割りばし数本
  • 筆記用具、カッター、ハサミ
  • 風邪薬
  • ポケットティッシュ、携帯用ウェットティッシュ
  • トイレットペーパー1ロール
  • スーパーの袋2、3枚
  • 小さいクッション
  • 替えの下着2、3枚
  • 雑誌と本を数冊
  • お菓子

だいたいこんな感じです。移動後は疲れてる可能性も考えて、最悪日用品の買い物に行かなくて済むようにしたいんです。ご飯だけコンビニ弁当とか外食で済ませ、あとはどこも出なくてもお風呂と歯磨きはできるようにしておきます。

何もかもが慣れない土地だと、ちょっとした買い物行くのもどうも神経使ってしまって疲れるんですよね。

クッションを持って来てれば枕がわりにして一応寝れます。秋冬だと布団がないと厳しいですけどね。北海道や東北の寒い地域でなければ、エアコンを付けたままでコートも着た状態で寝ることも可能です。風邪をひく可能性があるのでオススメはしませんが。

基本的に引越すタイミングは、引越し業者さんが来る日の、なるべく早い時間に家に着いておくのを目標にすると良いです。荷物が届いた時にあなたがいないのはかなりまずいです。普通の郵便とはわけが違いますよ。

もし遅れることが事前にわかるなら、連絡を入れた方がよいと思います。近くの別件を回ってから来るなど、順番を入れ替えてくれるかもしれません。

間に合わないと多大な迷惑をかけてしまいますし、逆に前の日についてしまうと、布団が届いてないので布団なしで寝ることになってしまいます。またはホテルに泊まるとか。

慣れていない土地なのでギリギリだと間に合わない可能性とか、何かしら多少のトラブルに見舞われる可能性もあるので、余裕を持って到着しておきましょう。

時間に余裕があったら、現地調査を楽しみながら待てばいいんです。近くのドラッグストアやスーパーに行きましょう。そこで必要な生活用品の買いましょう。私なら一番最初に買うのは、トイレットペーパーとアルコール除菌スプレー、ぞうきんです。

トイレットペーパーはないと大変なことになるので絶対必要です。アルコールスプレーとぞうきんは、気になる所を軽く掃除するのに使います。私は結構気になるタイプなので、床や取っ手などをアルコールでふきます。

身の回りの生活用品は引越し当日にポーチやビニール袋などにまとめてキャリーケースやスポーツバッグなどに詰め込んで、最後にあなたが引越しする時に一緒に持って行けばOKです。

そうすれば常にあなたと共にあるので、引越し後に買わずともすぐ使えるので困ることもないですね。

 

買う必要がある場合

どうしても買う必要がある物だけ買う事にしましょう。引越し前の住居から持って来れなかった物は買うしかありません。まずは100均とニトリだけでそろえようとしてみる事をおすすめします。

ご存知の方も多いと思いますが、ニトリは何でも安くてそこそこの製品ですし、生活用品が何でも売られています。ほとんどの物がこの2店でそろってしまいます。

買うのは引越し後にしましょう。引越し前に買うと、その分だけ運ぶ荷物が増えて引越しが大変ですし、引越し業者の料金も上がる可能性もあります。
引越しはなるべくコンパクトにするのが安く楽にするコツです。買うのはなるべく引越し後にしましょう。

今使ってる物をなるべく持って行き、足りないものを買い足すというのが、余計な買い物を減らすコツです。

ニトリや100円ショップが近くにない場合は、少し値段は上がってしまいますがドラッグストアや大きいスーパーでもある程度のものがそろいます。

それかもう一つの手は、ネットショッピングです。

楽天とかAmazonが有名ですが、届くまでに数日かかります。

そこでおすすめしたいのが、イオンなど大型スーパーの宅配の利用です。これなら15:00くらいまでに注文すれば当日に配達してくれます。利用可能エリアもだいぶ広がって来てるので、お住まいの土地でも利用できるか確認してみましょう。

 

土地勘が無い時は宅配スーパーはとっても助かります。住所を言えば届けてくれますし、どこにでもあるスーパーなので慣れた商品が届くのは少しホッとしますよね。

ほっともっとも便利なので、載せておきます。