一人暮らしの家電の用意

2017-11-07一人暮らしを始めるためにやり方・ノウハウ, 一人暮らし

電源プラグが5個円状に並んでいる

家電を探す方法

家電製品の賢い探し方をお話します。

その前に、一人暮らしを始めるにあたって、お金がかかる3大要因は何でしょう?

  • アパートなど賃貸物件の初期費用
  • 引越し費用
  • 家電製品の購入

この3つです。

電化製品は非常に高い買い物なので、慎重に買い求めましょう。安く済ませる秘訣と、失敗しない家電の購入方法をお話します。

 

急がずじっくり、部屋に合った家電を探す

家電の準備は、前もって考えておいた方が良いのですが、入居日までに全ての家電がそろっていなくても大丈夫です。

ここで1つ質問させて頂きます。家電選びで一番重要なのは何だと思いますか?

機能が多いことでしょうか。それともデザイン?省エネ性能?

どれも重要ですが、違います。一番重要なのは、あなたの部屋に置くのに「サイズが合っていること」です。

おしゃれで使いやすい冷蔵庫が安く変えた!となっても、冷蔵庫置き場より大きかったら大変です。せっかく買ったのに置けません。キッチンではなく部屋に置くことになってしまうと、冷蔵庫の音が気になって落ち着かないかもしれません。

住み始めてから部屋のいたる所の寸法をメジャーで測ってから、部屋に合った家電を用意すれば失敗がないです。
携帯やスマホのメモ機能か、自分にメールを送って保護しておくとすぐ見れて便利です。

一人暮らしを始めたからと一度にまとめて買いそろえてしまうと、あとになっていらなかったと気づく事が多々あります。
「これ全然使ってないな。買う必要なかった。この分のお金が今残っていたら・・・」なんて思うことがハメになりかねません。

後悔しない様に、引越したてで家電をすべて買いそろえたりせず、暇をみては家電量販店を回ったり広告を見たり、ネットで価格.comを見てみたりして、あなたのお部屋に合うものを探しましょう。家電は高い買い物ですからね。

家電がなかったら生活に困るのでは?とお思いになるかもしれませんが、それは家電によるんです。

掃除機はなくても粘着コロコロでホコリやゴミを取ったりぞうきんで拭いたりで代用できますし、電子レンジも無理に最初からいらないですよね。いずれは有った方が良いですが、最初の2週間くらいはレンジのいらない食生活をしてればいい話です。

冷蔵庫だって2週間くらいなくたって暮らせます。2週間くらいの間なら、外食やコンビニ、お弁当屋さんで済ませても良いでしょう。引越したばかりの頃は、何かと忙しくてなかなか自炊も出来ないものです。せっかく冷蔵庫もすぐ買って食材もたくさん買って来たけど、面倒臭くて全然作ってない、などとなりがちです。

もちろん人によっては事情は変わるので、あなたに合わせてお考えになれば良いです。コンビニ弁当やほっともっとより、冷凍食品を食べたいという事なら、電子レンジは必須です。

引越してからしばらくの内は、メジャーを持ち歩くことをおすすめします。ちょっと家電量販店に立ち寄った時に、寸法を測ってあなたの部屋に置けるサイズか確認できるので便利ですよ。

 

知人に頼む

家電製品を手に入れる一番安い方法です。

一人暮らしをする事が決まったら、なるべく多くの知人や周りの人に知らせて、譲って貰える家電がないか確認を頼んでおきます。思わぬところから譲ってもらえたりするので、「できるだけ早いうちに、なるべく多くの人に」声をかけておくのがポイントです。

以前に一人暮らしをしていて、今は実家に戻ったとか、結婚した人が狙い目です。
昔一人暮らしで使ってて、物置で眠ってたからあげるよ」なんて言ってもらえる事が結構あります。

引っ越しまでに貰える家電が出て来ることを期待しましょう。
周りに早く知らせておくほど手に入る可能性が上がりますからね。

引越した時にまだ手に入ってない家電だけは仕方なく買う、という予定でいましょう。家電は安く譲ってもらうのが基本です。そうすれば一人暮らしを始める時の費用を安くできます。

次は、入居時になくてもしばらく生活は出来る家電を挙げます。

 

すぐは必要ない家電は後回し

冷蔵庫、洗濯機、掃除機は、入居後しばらくは無しでも生活出来ます。

冷蔵庫がないと自炊が出来ないので食費がある程度かかりますが、外食、コンビニ、お弁当屋などを利用すれば冷蔵庫はいりません。

電子ジャーがあればご飯だけ炊いて、お惣菜やレトルト食品を利用したり、ほっともっとなどお弁当屋のおかずのみ注文にすると290~400円程で買えます。最近はのり弁が290円なので、ご飯ありでも290円で済みます。

家の近くか、または職場や学校の帰り道にほっともっとがあれば、作らずとも安くご飯が用意できて便利です。

私は仕事が忙しい時期が年に数回あるのですが、そういう時は極力何もしたくないので結構利用してます。事前に電話で注文しておくと、待たなくて済むのでいいですよ。

お店に着く20~30分前に電話して、「〇時〇分頃に着くので、〇〇弁当ご飯抜きで1個おねがいします。名前は〇〇と申します」と言って作っておいてもらいます。

洗濯機もしばらくは無しでも生活出来ます。
洗濯物はある程度貯めて週1でコインランドリーに行ったり、下着やTシャツなどはお風呂に入る時に手洗いし、手でしぼって干せばちゃんと乾きます。

手洗いできるものは限られるのですが、その判断基準は「手でしぼれるかどうか」です。

トレーナーやジーンズなど、大きく厚手の物は手でしぼるのに限界があるので手洗は難しいです。洗うことは十分できるのですが、脱水ができないので乾きません。乾く頃には雑菌が繁殖して臭くなってしまい、それなら洗わない方がマシです。

トレーナーなどは地肌に直接着るものじゃないので、よっぽど汗をかいたりしなければ、3、4日は洗わなくても平気でしょう。

ちなみに、手洗いで汚れが落ちるのか不安に思う方もいるかもしれませんが、洗濯機がしてる事は、洗剤の入った水をクルクル回してるだけですので、手洗いの方が洗濯機で洗うよりきれいに洗えてます。その辺はご心配なく。

掃除機もしばらくは無くても大丈夫です。
差し当たっては、ニトリやドラッグストアで粘着コロコロと、床掃除ワイパーみたいので済ませられますし、ティッシュやぞうきんだけでもある程度掃除できます。
そもそも、1、2週間とかしばらく掃除しなかったとしても生活は出来ますよね。

 

一人暮らしの家電は中古でも良いか

家電製品は中古でも売っています。地域のリサイクルショップや、ハードオフなどにありますね。

問題は価格と状態のバランスなんですが、あまりコスパは良くないです。

ということで、私は中古の電化製品をあまり積極的にはおすすめしません。新品を買うお金は用意できるんだけど、安いなら中古でも良いかな、という考えならば新品をおすすめします。

中古は何年か使ってますから、新品より耐用年数も短くなります。ということは、家電を買いそろえるのに必要な金額は安くなりますが、長い目でみたら新品より得かどうかはわからないというか、損する可能性が高いと思うんですけどね。

中古家電を買うのが有効なのは、家電を買いそろえるのにまとまったお金があまり用意できない、どうしても今お金をなるべく使いたくない、という場合です。新品よりコスパが悪いけど、金額が安いことを優先したいという場合に、中古が選択肢になります。

中古の家電を検討する場合も、新品の同等の製品と価格を比較することをオススメします。

2年落ちの中古の洗濯機が17000円、それと同等と思われる新品の洗濯機が20000円などというわずかな価格差しかない場合があります。それなら新品の方がいい気がしてきますよね。

とにかくリサイクルショップで中古を買えば得なんだと思っていると、そうじゃない事もあるので注意してくださいね。

 

一人暮らしの家電の予算はいくらあれば良いか

一人暮らしの家電をそろえるための予算をお話します。

エアコンはアパートに最初から備えつけられているとします。ついでに言うと、エアコンなしの物件を契約してご自身でエアコンを買うより、エアコンが初めから付いてる物件を選ぶ方が良いです。

なぜかというと、エアコンが付いてないから家賃が安いかというと、必ずしもそうではない。というより、あまり関係ないです。それにエアコンが壊れても、大家さんのお金で買い替えてくれます。エアコンが付いてることが物件の条件にあるのですから、エアコンは貸主側(大家さん)が用意しないとならなんです。

話しを戻して、一人暮らしをはじめるにあたり、用意すべき家電は一般的にこれです。

  • 冷蔵庫(20000円)
  • 洗濯機(20000円)
  • 電子レンジ(4000円)
  • 炊飯器(3000円)
  • 掃除機(4000円)
  • テレビ(13000円)

参考までにおおよその最低価格を書いてみました。メーカーや性能でかなり変わりますし、もう少し安い物も探せば出てきます。でも安全性も心配なので、ある程度のラインでおさえておく方が無難でしょう。

上に挙げた物は誰もが必要な物だと思います。もらったり実家から持ち出すなどはなく、全部買うことでそろえるとしたら、だいたい予算としては6万円~10万円くらいです。そのくらいはかかると思った方が良いですね。上を見たらキリがないので、なるべく安く済ませる前提で考えてます。

実際はテレビなど実家で使っている物を持っていけるのが1つくらいはあるでしょうから、もう少し安く済むと思います。

 

一人暮らしを始める時に家電にかかった費用

参考までに私が一人暮らし開始時にかかった費用を発表します。

エアコンはアパートに備え付けられていました。

冷蔵庫は一人暮らしをやめて実家に戻った友人がいたので、友人から譲ってもらいました。ただ、それが一人暮らし用にもかかわらず元値が80000万円という高級品を2年しか使ってないものだったので、ただとは行きませんでした。結局は、友人はもう使わないということなので、2万円でゆずってもらいました。決して安い出費ではないですが、8万円が2年落ちで2万円ならコスパは抜群です。

洗濯機もまた別の友人からただで譲り受けました。こちらは離婚したために家電が余っているという状況でした。

炊飯器と掃除機は実家に古いのが残っていて、試したらまだ使えたのでそれを採用。テレビは実家でも自分の部屋で使っていたのを持っていきました。

残るは電子レンジです。こればかりは手に入らなかったので、家電量販店で買いました。聞いたこともないメーカーのでしたが、4500円くらいで一通りの機能のものが買えたと思います。

ということで、最終的な費用は以下です。

  • 冷蔵庫(20000円)
  • 洗濯機(0円)
  • 電子レンジ(4500円)
  • 炊飯器(0円)
  • 掃除機(0円)
  • テレビ(0円)

合計で24500円です。

使ったお金は冷蔵庫20000円と、電子レンジの4500円だけです。友人からの縁で手に入ったのは、ただではありませんが冷蔵庫と、洗濯機です。必要最低限の家電の中では高い2つですから非常にありがたかったです。知人に声をかけておくことは重要ですね。私は半年くらい前から会社の同僚から先輩、友人に一人暮らしを始めることを伝えて回ってたのですが、それが功を奏したのかもしれません。

まとめると、全て買うなら6~10万円くらいかかりますが、努力と運次第では30000万円以内に収められる可能性がある、ということです。

以上、一人暮らしの家電の用意に関する情報をお届けしました。