引越しの流れと荷物の運び方をまとめておきます

2017-11-07一人暮らしの引越しやり方・ノウハウ, 引越し, 一人暮らし

様々な色の四角が五角形に並べられ時計回りに矢印が描かれている

引越しの流れ

入居日が来たらいよいよ引越しです。引越し作業をして良いのは入居日以降になります。
たとえば、入居日が3月20日となっていたら、3月19日以前にはアパートの部屋に入れません。

引越しの方法ですが、業者に依頼するだけでなく、知人に手伝ってもらって車で運んだり、家具や家電製品など大きなもの以外は、電車やバスなどの交通機関を使って自分で運ぶ事だってできます。

「引越し後の役所での手続き」
のページで詳しく書いてますが、引越しをする前に転出手続きはしておきましょう。

引越した後に郵送で行う事もできますが、日数がかかったり何かと面倒なので先にやっておきましょう。

荷物を運ぶ

荷物を運ぶのは引越し業者に頼むばかりではありません。私が実際に行ったことがあるいくつかの方法をご紹介します。

電車やバスで自分で運ぶ

誰も座っていない電車のシート

引越し先が比較的近い場合に使える方法ですが、自分で運べる物は運んで荷物を減らせば、引越し代を安くできます。

仕事や学校が終わった後の時間や休日を使い、スポーツバッグやスーツケースに衣類や小物、本などを入れて、
電車やバスを使って少しずつ運びます。

仕事が早く終わった日なら1往復、休日なら2往復できるかもしれません。仮にまだ時間があっても、それ以上往復すると疲れてしまいますので、ほどほどの所でやめるのが負担にならないコツです。

入居日を過ぎないと荷物は運べませんから、引越し前がアパートなど賃貸ならば、退去する日を余裕を持たせ、引越し先の入居期間とある程度重なる日数を作らないとならないので、そこだけ気を付けましょう。

誰にも邪魔されない、自分だけの小さなお城が少しずつ出来上がって行くようで、結構楽しいものです。

 

車で運ぶ

車をお持ちの場合や、知人に車を出してもらったりレンタカーを借りて運ぶ方法もあります。これがお金をかけない方法では一番楽です。普通車でも洗濯機や一人暮らし用の冷蔵庫なら何とか積めます。

後部座席が倒せたり外せたりするワゴン車など大きな車ならば、ベッドや机なども運べます。
引越し業者を使うよりかなり安くなります。

 

引越し業者を使う

自分で運ぶことが出来ない場合は、一人暮らし用のプランもあります。
幾らでどの位の量を運んでくれるのか、色んな引越し業者を確認しましょう。

ネットで調べればだいたいの値段が分かります。
複数の業者に無料で見積もりも取れます。

インターネットでも調べられますし、電話して確認する事も出来ます。

引越し業者を探す時は、一社だけで決めるのではなく、幾つかの業者で見積もりを取った方が良いです。
なぜかと言うと、業者によって結構値段が異なるからです。驚きですよね。

また、時期によっても変わります。
あなたの条件によって結構な割引が適用される事があります。
とにかく見積もりは取ってみましょう。

引越し業者への依頼は大きなお金がかかるところですので、慎重に検討して下さい。

便利な時代になったもので、引越し一括比較サイトというのが存在します。
数サイトを調べて比較した結果、私は以下のサイトがおすすめです。
もちろん見積もりは無料です。

このサイトの利点は2590万件というすごい数の見積もり実績と、各県の引っ越し業者ごとの口コミが見れるところです。

私は新潟県在住なのですが、大手のサイトって、サービスもそうですし口コミとかもですが、首都圏の事しか書いてなかったりするじゃないですか。

それが新潟県の業者でもちゃんと口コミが複数あった事、これがこのサイトを選んだ決めての1つです。

ご住所、引越し予定時期、引越し先の住所、階数などの入力で2分ほどで登録できます。