貯金の効率を最大限に高める2つの方法

貯金は、ほとんどの人にとって、人生の大事なテーマの1つだと思います。

マイホームを建てたい、子供の学費を用意したいとか、いつかは訪れる老後に備えたいなど、何かしら貯金願望はあると思います。

全く貯金をしたくない人は多分いないでしょう。

今回は、そんな貯金に関して、以前の何も知らなかった私が衝撃を受けた3つのポイントをご紹介します。

これを知っているだけでも貯金へのモチベーションや貯金の成功率はきっと格段に上がるでしょう♪

 

貯金はそもそも難しい

いきなりそんな事を言うなんて、貯金が成功しづらくなると思うかもしれませんが、そうではありません。

貯金はそもそも難しいという事実を知っておくことが大切なんです。

知ることで、貯金に取り組む意識が上がるし、貯金にはコツがいるということを理解できるのです。

 

こんな意識では貯金は失敗する可能性が高いです。

  • 余ったお金を貯金しよう
  • まずは少し使って息抜きしてから考えよう

これでは貯金が上手く行かないのも当然です。

お金というものは、貯めるよりも使う方が何十倍も簡単なんです。

しかも、世の中にはお金を使わせるシステムはごまんとあります。

でも、使わないように抑制するシステムはほぼ存在しません。

だからお金を貯めるのは難しいんです。前もって対策しなければ、貯蓄は成功しがたいのです。

 

・・・とここまで、くどくどご説明しましたが、貯金がいかに難しいかを理解して頂けたでしょうか。

「使いたいのを我慢して貯金することなんて難しくないです」という方は問題ないでしょう。

しかし、そういう方は圧倒的に少数派。

この記事はそうじゃない大多数の方のためにあるのです。

上手に貯金を成功させること。そしてそれを途中でやめず長く継続するための方法。なるべく意志力を使わずに、楽に行える方法を提案しようというものです。

 

毎月一定額を先に抜く

給与が入ったら、まず貯蓄に回す分を先に抜きましょう。

そうしないとお金は貯蓄以外のことに消えてしまいます。

先に抜かないということは、お金を、何に使われるかわからない日和見金の状態のままにしているということ。

ということは、「他にお金を使いたい理由が出て来たら、それに使われてしまう可能性が高い」ということになります。そして使いたい理由なんて幾らでもあふれています。

感情の力は強烈ですから、「今すぐあれが欲しい」「あれがしたい」という気持ちになってしまった時に使えるお金があれば、そのお金は多分使われてしまうでしょう。

でも、先に貯蓄分のお金を抜いておけば・・・

使えるお金がないから買ったり使ったり出来ませんし、頭の方も出来ないんだと理解します。

その結果、他のことにお金が使われずに済み、貯蓄が成功するんです。

物欲は、慣れ次第です。

我慢を続けるほどどんどん減っていくし、欲しい物を買って物欲を満たし続けてると上がって行きます。この事実を知らず、物欲の強弱は生まれつきの自然なことで仕方がない、などと思っていると危険です(汗)。

全ては「習慣のたまもの」だということを覚えておきましょう。

物欲が強いということは、つまり今までもそうしてきた、という事を証明しているような物です。

給与が入ったら、まず優先的に貯蓄など人生において大事なことに使うお金を先に抜きます。

そして残ったお金で今月をどう過ごすかを考えるのです。

 

お金を常に見える化する

中が見えない貯金箱など、幾ら入ってるかすぐに確認できない貯蓄方法はとらない方が良いです。

お金がたまっていく実感が得られないし、どこに幾らあるのか、合計で幾らあるのかがわからなくなり、管理が難しくなります。

その結果、貯金の成功率が下がります。

 

銀行口座を幾つか持ち、使途により分けて貯蓄しておくのが理想だと思います。

家に現金で置いておくのも良いですが、あまり多く置くのはリスクがあります。

万が一空き巣が入ったりすれば丸ごと消えてしまいますからね。

 

まとめ

今回は貯金の成功率を挙げるために私が思うことを簡潔にまとめました。

  • 貯金は難しいと知る
  • 毎月一定額を先に抜く
  • 貯蓄額の見える化をする

この3つが大事なポイントでした。

すぐにでも貯金を始めたい場合はぜひやってみてください。