炊飯器の電気代の節約方法

2017-11-06電気代の節約節約

木のテーブルの上に置かれた電子ジャー

炊飯器の電気代の節約ってあまり考えないかもしれませんが、毎日使うものなので節電する意味はあります。

効果はそんなに大きくないし、節約できるポイントも少ないのですが、一応確認してもらえればと思います。

炊飯器のスイッチはすぐ切る

炊き上がったらすぐスイッチを切って、蒸らしは余熱で行います。
実は炊き上がる数分前にスイッチを切っても美味しく炊けます。

が、炊飯器にもよりますし失敗の危険もあるのでおすすめはしません。
一応炊き上がった直後にスイッチを切る、というのが無難です。

最近の炊飯器はどれも、炊き上がった瞬間にメロディーが流れますよね。それが鳴ったらすぐ切るという事で良いでしょう。

スイッチを切って放っておいても、30分位は炊き上がりに近い状態をキープできます。
少し冷めて、微妙に固さが出始める程度です。
むしろ私はこのくらいが好きです。

ハフハフ言う程熱いのも口の中が火傷して嫌だし、すこし固さがあった方が美味しく感じるんですよね。

すぐ食べず保存する場合は、熱をさましてから、ラップでフワリと空気を一緒にくるむような感じで包むと良いそうです。

食べる時にレンジでチンすればふっくらとした状態になるとのこと。

 

ちなみに私は炊き上がったら少し湯気がおちついてから、まだ暖かいうちにラップでしっかり包んでました。

これでも結構いい感じというか、まあ炊き上がりとは全然違いますけど、美味しく頂けてたんですけどね。
上記の方法とはほぼ真逆ですよね。
どうするのが正しいのか、いまいちハッキリしません。お米によっても違うのかな。

 

熱い状態で冷蔵庫や冷凍庫に入れると庫内の温度が少し上がるので、ラップなどにくるんだら、保冷剤を上に乗せたり下に敷いたりして、常温くらいになったらしまう、というのが良いです。

1個1個は小さくするのがおすすめです。あと少しだけ食べたいとか、今日はお昼が遅かったから夕飯少なくていい、という時などに、くるんだのが大きい食べたくない分までチンすることになります。

冷蔵ならラップを開いて食べたい量だけ取ることも出来ますが、冷凍だとまず無理ですし。

食べる時は冷凍庫から取り出してレンジでチンです。
ちなみに、レンジでチンすると、ご飯の温まりにムラが生じる事があると思います。

これを極力解消し、より美味しく食べる方法を最後にご紹介します。

 

ご飯をまとめて炊いて冷凍する

電子ジャーが最高5合まで炊けるなら、5合まとめて炊いてしまいます。

そして残った分はラップにくるんで冷凍庫へ。

3合、2号と2回に分けて炊くより、5合を1回で炊いてしまえば電気代は安くなりますね。

美味しさの面で行ったらおすすめ出来ないですけど。
炊き立ての方が美味しいに決まってますからね。

でも時間や手間も節約できるので、私はまとめて炊いてしまいます。ご家族が多いご家庭ではなかなか難しいかもしれません。

そんなにたくさん炊ける炊飯器もないでしょうし、大量のご飯をレンジでチンするなら毎回炊こうかなってなりますよね。

一人暮らしやDINKS(子供がいない共働き夫婦)など、人数が少なく時間がない方に適した方法かもしれません。

 

ご飯を一番美味しく温める方法

温め時間は冷凍したか冷蔵なのか、またご飯の量によりけりだと思いますが、例えば2分ほど温めが必要だとします。

  1. ラップにくるんだ状態ならそのまま、ご飯茶碗に移してからなら、茶碗にラップをかけてしっかりふさいだ状態にする
  2. まず、半分の時間だけ温める。全部で2分温めるなら、1分だけ
  3. そしたら一旦レンジから取り出して、表面の方と中心の方を入れ替えるようにご飯をまぜる。
  4. またラップをしてレンジに入れて、1分間温める。

こうするとムラのないより炊き立てに近いご飯になるので、おすすめです。ぜひお試しください!

以上、少しですが炊飯器の電気代の節約方法でした。

2017-11-06電気代の節約節約

Posted by そふぃ