せっかく100均あるんだから使い倒さないと人生損します

100均商品をどれだけ生活に取り込んでますか?

今の時代、おうちの中に100円ショップの商品が1つもないご家庭はないだろうと思えるくらい、日本人の生活に浸透していますよね。

もちろん私は超ヘビーユーザーです。

みなさんにも100円ショップを存分に利用して、もっともっと生活に取り込んで余計な出費を減らして欲しいと私は思っています。

そのために役立つと思われる私の考えを今回はまとめてみました。

 

今の100円ショップはすごい

私の記憶では、100均が世の中に出始めたのはほんの20年前くらいな気が。

当時は安かろう悪かろうみたいな部分も確かにあったし、品揃えや商品のレベルも今とは比較にならないくらいでした。これなら100均で売る事も可能かな、という物が多かったんですよね。

その頃の私は100均には否定的でした。どうせすぐ壊れるだろうし、見た目も100均とわかる物ばかりだし。売れ残りやB級品を安く買い取ったり、元々ちゃんとお店でも120円くらいの商品を大量仕入れして100円にしている位では?と思っており、ほとんど使いませんでした。

それが今や、電化製品とか家具など高価なもの以外、生活に必要な物のほとんどが100円ショップで変えるようになりました。

私が子供の頃には考えられなかったことです。自分の部屋の整理のためのプラケース1個買おうにも、親に頼まないと手に入らなかったんです。つまり、たまの買い食いのパンやお菓子などを除いて、全ては親の検閲を通過しないと手に入らなかったんですよ。

タッパー1つ、部活用のタオル1枚、ゴミ箱1個でも、慎重に選んで数百円払って大事に使っていたものです。

今ならプラケースや小物入れの1、2個なら、お小遣いでも買えますよね。そんな世の中に生まれた今の学生さんたちが羨ましい限りです(笑)。

 

まず捨てるべき感情

100均に対して以下の感情をお持ちなら、サッサと捨てた方が得です。

  1. 100均商品が家に多くあるのは恥
  2. 健康面で不安
  3. どうせ安かろう悪かろうでしょ?
  4. 貧乏人が使う物
  5. プライドが許さない

以前の私はこういう考えを持っており、100円ショップの利用頻度は低かったのです。しかし、今となってはもう10年早く余計な感情を捨てるべきだったなと。そしたら今頃は貯金がもう数10万円は多かっただろうと後悔しています。

100均の多用は恥ずかしい事?

全くそんな事はありません。

こんな考えを持っている方が人として恥ずかしいのでは?くらいに思ってます。

若い頃など多感な時期に、「洋服はブランド品じゃないと恥ずかしくて人前に出れない」と言ってるのと同じです。しかも時代遅れ。今やユニクロに代表されるファストファッションが台頭しているように、日用品や雑貨に文具は100円ショップが主流となりつつあります。というかもうなっているかも。

100均を生活に取り入れた分だけ、家計は節約されどんどんお金が貯まっていきます。高い物を買う代わりに、ほぼ最安値の100均を選んでいるのですから。

結論:100均の商品で生活を埋め尽くすことは決して恥ずかしい事ではありません。じゃんじゃん取り込んで行きましょう。

安全性、健康面の不安がある?

「安全性とか健康面で不安」というイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、100円ショップより高いお店や、雑貨屋・ホームセンターなどで買ったら安全、とも言えないですよね。

日本の名だたる大企業の、信じられないような不正が幾つも発覚する時代です。安いから不安、高いから安全、衛生的だなんて全く言えないと私は思っています。

となると、結局は同じこと。なら安い方がいいに決まってる。しかも耐久性に違いがない商品も多く存在しますよね。

お気づきの方もいるかもしれませんが、100円ショップに売っているのと全く同じ商品が、全国区のホームセンターで売られている事もあります。しかも100円より高い値段で・・・。

だから、100円ショップを避ける必要などないと思うんですよね。

今やこんな物まで?!というのが100均で買えるのですから、利用しなかったらただもったいないだけです。

健康面での不安という根拠は特になさそう。今の所気にしない。

安かろう悪かろう

安かろう悪かろうというのは昔から良く言われる言葉で、「安いのには必ず理由があり、ロクな品物ではない」という意味です。安い物を買ってもすぐ壊れたり、食べ物なら安い分だけまずい、などという考え方です。

確かに、世の中全般を見渡せば、時にはそういう事もあります。でも100円ショップの商品に関していえば、多くの物はこれに当てはまりません。ほとんどの物がお値段以上です。

たまにすぐ壊れたりするものもありますが、初期不良なら交換や返品もしてくれます。10年くらい前までは、店内に「100均という値段である以上、耐久性などが劣る部分もある」的な貼り紙がされていましたが、今は見かけなくなりました。

100均のレベルがかなり上がっていて、普通の雑貨屋とほぼ変わらないと思います。

以前は調理用品などはレベルが低く使い物にならない事もありましたが、最近は質があがってきてると思います。良いとまでは言えないかもしれませんが、意外と悪くないです。

ちなみに、100円ショップじゃないお店でもすぐ壊れたり、細部の作りが想定の範囲を超えていい加減で、不良品なのか微妙な物が存在します。「100円ショップだから悪い」とはもう言えなくなっていると思います。

100円ショップの商品は、安かろう悪かろうは当てはまらない。

 

プライドは捨てる

100均の商品が多く家の中にあるのはちょっと・・・なんてプライドは不要です。そんな時代じゃありません。

そのプライドのために他にお金をかけたい部分が犠牲になっては元も子もないですし。

貧乏人が使う物

先に述べた安かろう悪かろうと、プライドの部分の説明と重複する部分もありますが、100均はお金がない人が使う物」という思考は、それこそ偏見です。安い物を追い求めるのは自然なこと。今の100均は決して低品質とは言えないので、ただ値段が安いだけで、それをたくさん買うことに抵抗を持つ必要はありません。

とはいえ、気持ちはわかります。「あの人は100円ショップでばっかり買い物している」と思われたら嫌ですよね。特に主婦仲間の目線などが気になったり。気持ちはよくわかります。

私は全く気にしないですけどね(笑)。そんな事より、車のローンや住宅ローンを早く返済するお金に回した方が絶対良いです。特に住宅ローンをお持ちの方。なるべく早い時期に、なるべく多くの繰り上げ返済を行うこと。この行為が支払い総額を減らすのにどれだけ有効かご存知の方がどれだけいるか。

プライドのために、実質的なお金を何万も、場合によっては何十万、百万単位で違いが出るかもしれないのに。目先のプライドのために大金を損するなんて間違ってますよね。

100円ショップは貧乏人のお店ではありません。日本人なら誰もが使うべき便利で楽しいお店です。

 

まとめ

なるべく100均で買いそろえた方が人生得します。今の時代は100均を使わない理由はないに等しいです。

少しでも節約を考えるなら、なるべく100均で買いそろえるようにするのが賢いと言えます。

今の100均グッズは非常に優秀ですよ。なぜこんなにも多くの商品が100円で買えるのか不思議な点もありますが、私たち消費者としては買えればそれでいいこと。じゃんじゃん取り入れていきましょう。

もちろん、好みによっては、これだけは100均のではイヤだとか、この商品だけはこだわりたい、という物だってあるでしょう。その辺はお好みで選べばよいこと。

特別こだわりがない物は、なるべく100均で買いそろえた方が、家計が断然軽くなるのは当然のことです。

今後はどんどん100均商品を取り入れてみてください。