カレーを簡単に美味しくする2つの裏ワザ

2018-08-21

家族みんな大好きなカレーを簡単に美味しくする方法

ご飯が丸くかたどられたお皿にもられた美味しそうなカレーライス

今日ご紹介するカレーのワザは2つ。どちらも簡単、超時短のテクニックなので知っておくと便利です。

1つめは、作った直後から一晩寝かせた味にするワザです。

家族みんな大好きなカレー。一晩寝かせると美味しいとよく言いますが、あれ、本当にそう感じます。作ったその日はカレーライスを食べて、美味しい。

そして次の日にはカレーうどんにして食べるとあれ、昨日より味わい深い。うどんだからかとカレーライスでも食べてみるけど、やはり昨日より美味しい気がする。なんというか、コクや旨味が増しているような、昨日よりレベルが一段上がっているような。

実はこれはその日のうちに短時間でやってしまうワザがあるんです。最初から一日置いたあの味になるんです。なんという事でしょう。

カレーはあまり長く保存しない方が良いと言われたりもしますね。

複数の専門家が異なる意見を言っていて、その真偽のほどは定かではないのですが、気を付けたに越した事はないですよね。

煮込み料理は悪くなりやすい物でもあるので、ご年配やお子様がいるご家庭では特に、念のため早めに食べきっておいた方が無難ですね。

そういう意味でも一晩寝かせる必要がないのでこのワザは重宝します。

そしてもう1つは、大人用のカレーと子供用のカレーの2種類を簡単に作るワザです。

小さなお子様がいるご家庭では、大人用とお子様用に2つの鍋を使って、別々に作ったりしますよね。

あれをもっと簡単にできるワザがあるんです。これだと2種類作る必要もないし、鍋の洗い物も一個で済みます。

今日はこの2つの詳しいやり方をご紹介していきます。

 

カレーを短時間で一晩寝かせた味にする方法

カレーを作ったそばから一晩寝かせた美味しい味にする方法です。と言っても多少時間は使います。その時間は約30分。一晩寝かせるのに比べたら断然短いですよね。しかもほぼ放置でOKです。

作り方

ボールに張られた氷水

まずは普通にカレーを作ります。カレーの内容は何でもOK。

ビーフカレーだろうが、ポークカレーだろうが、シーフードだろうがひき肉だろうが、キノコカレーだろうが構いません。

ルーの種類も「バーモント」だろうが「ジャワカレー」だろうが「こくまろ」だろうが関係なし。問題はそこではありません。

肝心なのは、一旦冷まして、再度温めることだけ!

カレーが普通に出来上がったら、それを鍋ごと水や氷水にひたして一気に冷まします。時間は30分ほど。

時々かき混ぜて全体が冷えるようにします。

味見をして完全に冷えた事を確認します。そしたらまた温めます。これで完成!
すると一晩寝かせたような味になるというわけです。

 

カレーが美味しくなるメカニズム

うま味やコクを出してくれるのは主にアミノ酸。このワザを施さなかったカレーと比べると、食材からカレールーに溶けだすのアミノ酸の量が多くなるんです。その量だいたい1.5倍くらい。

冷やすことにより、具材である肉や野菜が縮まってギュッとしまり、アミノ酸が具材から染み出し、ルーに溶け込みます。

それが温められて全体に混ざり、カレーが美味しくなるという仕組みです。

具材からアミノ酸が出たら、今度は具の味がしなくなるのでは~なんて事はありません。何も完全に具材の味が出つくす事はあり得ませんし、具材よりもルー自体が美味しくなった方が、カレー全体どこを食べても美味しいと感じます。

カレーを美味しくするのには他にも幾つも方法があるのですが、それはまた今度。今日はあくまで一晩寝かせた状態をすぐ作りだす方法という事で。のちにこの記事からもリンク貼ります。

 

より高度な冷やし方

作った料理をいち早く冷ます方法をご紹介します。

私は食品を冷やす事に関してはかなりこだわりがあるというか、かなり敏感です。

それには理由があります。

潰瘍性大腸炎という持病があってお腹が弱いんです。そして、お腹を壊したことがきっかけになり、病状が急変する可能性があること。この2つです。

だから、食中毒や菌に対して普通の人よりもかなり神経質なんです。

だから料理や食材はすぐ冷ますし消毒は頻繁に行います。より安全な方法も調べたり、自分で工夫してみたり、日々研究中。

食中毒になりやすい物も食べないです。生の牡蠣(カキ)が大好きだったんですが、もう牡蠣は全く食べてません。カキフライやカキ鍋など、火を通した物すらもう食べるのが怖いです。

そんな私だからこそ、より高度な冷やし方を考えて、今行きついたのがこれからご紹介する内容です。

  • 少し濃いめのカレーを作る(あえて濃いめにします)
  • 濡れ布巾の上に鍋を乗せて粗熱を取る
  • カレーの中に氷を数個投入(これが濃いめにした理由)
  • 氷水に鍋ごと入れ、更に鍋フタの上に保冷剤をたくさん乗せて一気に冷ます
  • 15分位したら冷凍庫へ入れて、もう15分ほどさます
  • 冷蔵庫に移す
この方が断然早く、しっかり冷ませます。うちは保冷剤が大小あわせて8個くらいあります。料理は台所に放置して冷めるのを待つ、というのは実はあまり優れた方法ではないんです。その冷めていく過程で、30~40℃という最も菌が繁殖しやすい時間帯を長く過ごす事になるんです。このせいで、冷蔵庫にしまう前の段階で、すでに菌の量をある程度増やしてしまうんですよ。

冷蔵庫に入る段階で、元となる菌の数が多ければ、冷蔵庫に入れてから持つ日数も短くなるんですよ。世間のほとんどの方はここがおろそかになっていたり、そもそも知らないんです。冷蔵庫や冷凍庫に入る前の常温で置かれた状態をいかに早くなくするかが、食材の持ちを長くするコツなんです。

この食品は作り置きしても、冷蔵庫で何日もちます、なんてよく書いてあるけれど、それはしまうまでの処理をいかに上手にやったかで変化します。2、3日変わってしまったらもう書いてあることが全然違う事になりますよね。

食中毒を避けたり、作り置きを長持ちさせて節約につなげるためには、料理の最中や作り終わった直後の処理がもっとも大事だという事を知っておきましょう。これだけで世間一般の方々より一歩も二歩もリードします。

 

辛口カレーを子供用の甘口に変える

小さいお子様がいる家庭では、大人用と子ども用のカレーを分けて作るのが大変ですね。それを簡単にしましょうというワザです。作るカレーは一種類。そこに食べる時に一手間加えてお子様用に返信させます。

お子様カレーへ変身させる

ポタージュスープが白いカップに入っている

その方法はいたって簡単。お皿に盛りつけてからでも良いので、ポタージュスープの素を入れるのです。一皿に対してスプーン2杯ほど。これだけでもマイルドになります。

もちろん、別の容器に取ってからポタージュを入れてまぜれば尚良し。ただ洗い物が1つ増えてしまうので、お皿の上でも出来ますよというお話。

カレーがまろやかになるメカニズム

牛乳で薄めるという方法がよく取られますが、これだとカレーが全体的に薄まります。辛さだけでなく味もなにもかもう薄くなってしまうんですよね。

全体的に色んな意味で優しい味の物足りないカレーになってしまいます。

そこで、粉末ポタージュスープを使えば、うま味成分も含まれてるし、牛乳と同じ乳脂肪も含まれているのでOKというわけです。

辛さを中和しつつ、うま味もおぎなってお子さまが食べやすいカレーになるんですね。

ちなみにポタージュは何でもOKです。コーンポタージュでもいいし、じゃがいものポタージュとか、さつまいもや、かぼちゃのポタージュとかでもイケます。お子様のみならず、大人が食べても美味しいです。甘味が出るので好みは分かれるでしょうけどね。

もう一手間で更に食べやすく

ポタージュを入れただけだとカサは増えていません。顆粒を溶かしただけで、うま味や甘味、塩味が増され、カレーの味が濃くなっています。

味はマイルドになっているものの、スパイスなど辛みの成分の濃度はあまり変わっていません。

なのでここに牛乳、または豆乳を加えるのもオススメです。

牛乳はあっても、豆乳ってなかなか常備してないですよね。

なので木綿や絹ごしなどの「豆腐」があれば、一度ミキサーやジューサーにかけたり、ざるなどでこしてドロドロの液体にしてから、カレーに入れるという方法もいいですよ♪

豆腐は一度ミキサーにかけると細胞が壊れて脂肪分が溶け出し、とっても濃厚で美味しい味になるんです。カレーに入れないでそのまま食べても美味しいです。