伊勢丹の提携駐車場を安くする方法

ビルと街路樹の背景にPARKINGと書かれた看板

 

三越伊勢丹は業務提携して1つのグループになったのは記憶に新しいですが、このグループ共通のエムアイカードというクレジットカードがあるのはご存知でしょうか。

これを利用すれば、駐車場代が安くなるのです。使い方によっては毎回無料にすることも可能です。

伊勢丹に年に何回か行くという方は作った方がお得なので、そのやり方をこれからご説明します。

 

エムアイカードとは

クレジットカードを複数枚持っている手

エムアイカードは、三越伊勢丹グループのクレジットカードです。

エムアイカードというのは総称で、正確には7種類ものカードがあります。

ですが、その7つの内で一般的なのは以下の3種類だけです。

  • エムアイカードプラスゴールド
  • エムアイカードプラス
  • エムアイカードスタンダード

上にある方がよりグレードが高いカードになり、年会費も高く、その分特典も大きいです。

他の4種類は三越伊勢丹以外の特定のデパートでポイント〇倍とか、タイアップした特別な条件のカードなので、そのデパートがない地域の人には無関係。ここでは割愛します。

カードの種類や買い物した金額などの条件により1%から最大10%のポイントが貯まります。WAONポイントなど他のポイントと提携しており、交換することも出来ます。ポイント還元率についてはMICARD公式サイトをご覧頂いたり、この記事でも後ほどわかりやすく説明します。

 

エムアイカードの年会費

初年度 2年目以降 備考
エムアイカードプラスゴールド 10800円 10800円
エムアイカードプラス 無料 2160円
エムアイカードスタンダード 無料 540円 下記2条件で2年目以降も無料

エムアイカードプラスゴールドは初年度から必ず年会費がかかります。

エムアイカードプラスは2年目以降は必ず年会費がかかります。

エムアイカードスタンダードに限り、以下2つの条件を満たせば2年目以降も無料です。

  • 年1回以上のエムアイカードスタンダードを利用
  • エムアイカードスタンダードでweb明細サービスに登録

この2つの条件、超簡単なんです。

1つ目のエムアイカードスタンダードの年1回以上の利用ですが、三越伊勢丹グループ百貨店に限らず、コンビニでも何でもどこだろうが、とにかくカードを利用すれば良いから、1円以上使えばOK

これはMIカードのお客様サービスセンターに確認した内容です。

ここは基礎知識としてMIカードの仕組みを知るだけ。そうなんだな~という程度でOKです。

 

ポイント制度の仕組み

エムアイカードスタンダードの還元率は一律1%です。初年度だろうが2年目以降だろうが、どんなに高額のお金を伊勢丹で使おうが、ずっと1%です。

エムアイカードプラスとエムアイカードプラスゴールドはポイント制度については同じなのですが、利用金額により変動して把握しづらいので、少し下に表にまとめました。

エムアイカードスタンダード

常に一律1%のみ。説明する所がありません。常に1%です。

エムアイカードプラス・エムアイカードプラスゴールド

この2つのカードは三越伊勢丹グループ百貨店利用時のポイント制度は同じです。先ほどのエムアイカードスタンダードとは仕組みが大きく異なります。

エムアイカードプラス エムアイカードプラスゴールド
30万円未満 5% 5%(入会キャンペーン中で8%)
30~100万円未満 8% 8%
100万円以上 10% 10%

1年目は一律5%です。ゴールドは8%となっています。

2年目以降は、伊勢丹三越グループ百貨店での利用に限るのですが、前年の利用金額によって次の年のポイント還元率が変わってきます。プラス、ゴールドで同じです。

  • 30~100万円以上で8%
  • 100万以上の利用で10%

となります。まあ普通の人には無理な金額でしょう(汗)。

プラスとゴールドカードとの違いを簡単に言えば、ゴールドには多数の特典があるという事です。

これについてより詳しく知りたい場合はエムアイカードのサイトをご覧ください。

 

結論は、エムアイカードプラスを作るべき

先に答えだけ言ってしまいます。

駐車場料金を節約するのに最適なのは、エムアイカードプラスを作る事です。

肝心なのは、駐車場の優待を受けるには、エムアイカードスタンダードではダメだという事。エムアイカードプラス、またはエムアイカードプラスゴールドに入会することが必要なんです。

エムアイカードプラスゴールドは年会費が税込10800円と高すぎます。その分受けられる特典も大きいのですが、ある程度の金額の買い物をする事が前提になります。

なのでこのカードは除外。オススメしません。

もちろん、あなたが魅力的なカードだと思うならば検討すると良いでしょう。そんなあなたはきっとお金持ち♪エムアイカードプラスゴールドの特徴はこの記事の下の方で。

なので結論としては、エムアイカードプラスを作る事になります。

「なんだ年会費がかかるのか」と思ったあなた、ちょっとお待ちを。この後を読んで頂ければわかりますので、もう少しお付き合いください。順を追ってご説明していきます。

 

年に5回(場合によっては3回)くらい車で伊勢丹に行くなら、エムアイカードプラスを作った方がお得です。年会費を払ってもです。

これが伊勢丹の駐車場代を節約する最善の方法なんです。

では、もう少しエムアイカードプラスについて見ていきましょう。

 

エムアイカードプラスとは、年会費は?

エムアイカードプラスがどんなカードなのか簡単に知っておきましょう。

1年目は年会費無料

1年目は年会費無料なので、無料で作りさえすれば駐車場代の優待サービスを受けられます。

お客様サポートに電話して聞いてみたところ、年会費かかる前にカードを解約することも可能だから、とりあえず入会してみてお試しいただければと勧めてくれました。
なので最初の1年間のうちは作って損はないことになります。

2年目以降は年会費がかかる

問題は年会費がかかる2年目以降ですよね。

年会費がかかるのですが、ポイントが最低でも5%つきます。エムアイカードプラスの年会費は2160円です。これを元に考えていきます。

年会費の元を取る方法

エムアイカードプラスの年会費の元を取れればOKなわけです。

そしたら、駐車場代もお得になり作る意味が十分あると言えます。そこでその方法をご説明します。一応方法は二つあります。

年会費分のポイントを得る

2160円分のポイントを得るために必要な買い物額は、「2160 ÷ 5 × 100 = 43200」という計算から、43200円使えば年会費がポイントで元が取れます。

でも、いくら年間とは言え43200円は中々高額です。お中元やお歳暮を伊勢丹でいっぱい買うとか、普段から洋服などの買い物をしてないと中々達する金額ではないでしょう。

ちょっと難しい方法という事になってしまいます。

なので、この方法は除外。

もちろん、元々伊勢丹はよく使うから43200円は超える。でもMIカード持ってなかったわ、という方はぜひ作ると良いでしょう。

 

駐車料金サービスで元を取る

さてここでやっと本来の目的です。お待たせしました。

エムアイカードプラスがあれば駐車場の優待サービスが受けられます。

以下の表は、伊勢丹での使用金額と、それに応じて受けられる駐車場のサービス時間です。

現金・クレジットカード エムアイカードプラス
2160~8639円 1時間 2時間
8640~32399円 2時間 3時間
32400円以上 5時間

8640円以上という金額は高額です。一般庶民には中々使わない金額。

なので狙い目は2160円以上の買い物で2時間無料です。

上の表の右上の赤文字の2時間です。

 

2160円以上という金額なら、伊勢丹に行く以上そのくらいは使いそうですよね。という事は、ほぼ2時間無料は受けられると考えて良いでしょう。

伊勢丹に買い物に行ったり、食事に行ったりした場合でも、だいたい滞在時間って2時間前後で済みますよね。

長ければ3時間くらいになるかもしれませんが。

お住まいの地域の駐車場の相場にもよりますが、こんな事が年に4、5回もあれば年会費の2160円の元が取れそうです。私が住む新潟市では、伊勢丹の提携駐車場は、ちょっと遠めの所を除けば、30分220円が相場です。すると年に3回伊勢丹に行けば元が取れる計算です。

駐車料金のサービスで年会費分をペイしてますから、ポイントの方は丸々儲けになります。といっても微々たるものですけどね。

 

念のために1時間や1時間半くらいで済むこともあるかもしれないと考えても、年に4、5回くらい伊勢丹に車で来るなら、2年目以降もエムアイカードプラス持っていた方がお得という事になります。

 

エムアイカードプラスは作った方が得

実際は駐車場代のサービスとポイントの両方で得するわけですから、もう少し早く年会費はチャラになってますからね。上記の例はわかりやすくするために、駐車料金のみで換算した場合だけで考えてますが。

  • 年に43200円以上の買い物をする
  • 駐車料金のサービスを2160円分受ける(5時間以上停める)

この片方だけで年会費はペイできるので、残りは得する事になります。

お得になるという事はご理解頂けましたでしょうか。しかも1年目は年会費無料ですから、1年間は絶対お得です。もちろん、作るか作らないかはあなたの自由です。

私は近々作ります。伊勢丹に自分の用事で行くことはまずないのですが、年に数回おつかいや運転手として付き合わされますので、エムアイカードプラスを持っていたら得です。

 

エムアイカードプラスゴールドの特徴

おまけとして、エムアイカードプラスゴールドの特徴も記載しておきます。

正直このカードは一般庶民の我々には作る必要はあまりないカードです。

年会費が1万円もかかり、そのぶん特典も大きいという代物。よりお得にするためには、年間の購入金額が30万円以上ないと始まらないので、伊勢丹や三越でそんなに買い物をするってもはや一般庶民じゃないですよね。私に限って言えば絶対にありません。断言します(笑)。

ですがせっかくお問い合わせ窓口の方に直接聞いた情報なので、仕組みだけ記載しておきます。

  • ポイント制度についてはエムアイカードプラスと同じ(今はキャンペーンで初年度8%)。
  • ただし加盟店での利用が倍の1%。エムアイカードプラスは0.5%
  • 初年度から3000円のクーポンが貰える

 

エムアイカードの問い合わせ先

  • 株式会社エムアイカードお客さまサービスセンター
  • TEL:03-5273-6511
  • 受付時間:10:00~18:00(1月1日を除く)

 

最後に:ネット上の誤情報

当サイト以外にもエムアイカードを解説しているサイトは多々ありますが、そのほとんどが間違った情報を載せています。

その理由として推測されるのは、エムアイカードには複数の種類があり、そのカードにより仕組みが違うこと。名前も似ていること。そして正確な情報の把握が単なるネットの情報を探るだけでは困難な事が考えられます。

というか結構たくさんエムアイカードを解説しているサイトを見ましたが、間違いがなくちゃんと正しい情報で矛盾なく説明されたサイトは1つもありませんでした(2018年7月時点)。

有名な節約サイトやクレジットカード比較サイトでも間違っています。というか、エムアイカードに3種類あることも把握してないサイトも多かったです。

まず名前をエムアイカードとしか書いてないんですよね。エムアイカードプラス、エムアイカードプラスゴールド、エムアイカードスタンダードの3つのカードの仕組みをごっちゃにしてる可能性が高いです。

公式サイトで入念に調べる事はおろか、問い合わせもせずネットで誰かが書いた記事を拾い集めて記事してるからそうなった推測されます。

当ページで記載した情報は以下からの情報のみで構成しています。

  • エムアイカードの公式サイト
  • エムアイカードのお客様センターに電話して確認した事

それでも絶対にミスがないとは言いませんが、その程度の正確性の努力はしていきます。