車に関する節約の考え方

2017-11-07車の節約節約, マインド

机の上に2台のミニカーと白い電卓

車関係で出来る節約と目の付け所

車関係は、節約するかどうか、どこまで真剣にやるかで非常に大きな差が出るところです。
きちんとやればかなりの節約が出来ます。

車周りで節約できるものは非常にたくさんあります。

代表的なのは以下ようなものです。

  • 自動車保険
  • 自動車税
  • ガソリン代

でも、細かい所をあげるともっと非常にたくさんあるんです。

車関係は、車自体が高額なものなので、少しくらい値段が違っても誤差のようにとらえがちです。

これは心理学で確認されている現象で、高い物を買った後では、普段なら高く感じている値段が安く感じてしまうという物です。

具体例を挙げてみましょう。

例えば、車の購入を検討していたとします。
50万円で結構気に入ったのが見つかり、これにしようかと最有力候補と考えていました。

でもそこに、55万円でデザインがもう少しだけカッコいい、または同じ色だけど少しだけ色味が違って何となくいい、と感じてしまった。
50万円と55万円では、差は5万円です。

どうせ50万円以上の出すんだし、分割払いだから1か月の支払いにはそんなに差はないし、めったに買う物じゃないから気に入った方を・・・と、思ってしまいません?まるで誤差かのように。

でも、よく考えてみて欲しいのです。
普段、5万円使うかどうかって、たとえローンで買うにしても、すごく勇気がいるし悩みますよね。

たぶん5万円もするものって、相当欲しくないとまず買わないですよ。

それが、車の値段の50万という値段で感覚がくるい、5万円を安く感じさせているのです。

実はかくいう私も結構そうです。
ちなみにこれは、心理学で立証されている事なんだそうです。
以前心理学の本を読んで知りました。

それがわかった今も、どうしても高い品物の値段が対象になっている時、数万円が誤差みたいに感じてしまうんですよね。

頭でわかっているのに、潜在意識の方が反応してしまい、どうしても心が流されてしまうという事らしいです。

話を戻しますが、車関係にかかるお金は、生活費として考えたら見過ごせない金額なのに、車のことだけで考えるとつい見過ごしがちだということです。

しっかり見直して、最大限に節約してお金をたくさん浮かせましょう。

それで浮いた分のお金が他のことに使えたり、貯金したりできるのですから。

2017-11-07車の節約節約, マインド

Posted by そふぃ