車を手放すという節約だって一度は考えてみよう

車は住宅の次にコストがかかる所有物です

走行中の白い車の画像に千円札、五千円札、一万円札が重なったモノクロ画像

私が提案したいことの1つに、自家用車を所有しないという節約方法があります。

節約効果が非常に大きく、なおかつやれば必ず効果が表れるものです。

 

住んでいる地域柄によっては、車がないと生活できないという事もあるかもしれません。

例えば私が住んでいる新潟県。電車やバスが通っている場所が限られるんですよ。だから地域によっては車がないと生活に困るんです。

 

まず通勤が困難になります。というか車じゃないとほぼ行けないという職場が少なくないです。

そして買い物1つとっても大仕事になってしまいます。さすがにそんな状況では生活に支障が出るので、お金がかかっても車を所有するより他ありません。

逆に、上記のようにどうしても車を持たなければ生活できないというケースを除けば、手放す選択肢もありだということです。

 

車を持たない、または旦那さんと奥さんで1台ずつなど、複数台お持ちのご家庭では、台数を減らすことを考えてみるのも手です。

もし車を1台減らす(所有が1台のご家庭では手放す)ことが出来れば、物凄い額が節約できます。

 

車はあるのが当たり前と思っているとその費用に目が向かないものですが、ちゃんと計算してみると光熱費の節約などとは比べ物にならない額がかかっている事がわかります。

 

車にかかる費用

自動車税納税証明書と、その封筒にかかれた期限

自家用車を所有することでかかる費用を計算してみます。

  • 購入費
  • ガソリン代
  • 自動車保険
  • 自動車税
  • 車検代
  • メンテナンス費(タイヤ買い替え、オイル交換、バッテリー交換)
  • 駐車場(人により)

 

ざっと挙げただけでも、確実にかかる費用がこれだけあります。ではこれに具体的な金額をあてはめます。

車体価格については、新車か中古かや、車のグレードによってだいぶ幅があるので、比較的安めに設定します。安く見積もってもこれだけかかる物だ、というのがわかれば良いので。

とりあえず100万円位にしてみます。後でご自身の購入費に変えて考えてみてください。その他の費用もだいたいの目安で。

 

表にまとめました。

種別 金額
車体購入費 143000円(100万円で購入して7年乗ると仮定)
ガソリン代 120000円(10000×12か月)
自動車保険 45000円
自動車税 40000円
車検代 60000円(1回120000円として1年分換算)
エンジンオイル 3000円(年1回交換の場合)
オイルフィルター 2000円(年1回交換の場合)
タイヤ 8000円(1本1万円を5年で交換)
スタッドレスタイヤ 8000円(1本1万円を5年で交換)
駐車場代 120000円(10000×12か月)
合計 549000円

年間で55万円ほどもかかっているんです。びっくりですよね。1ヵ月あたりにすると4万円ほどです。

車の車種によってなど、その方の条件で金額は前後します。

すべて1年間あたりの値段で、オイルなどは最低限の交換回数です。タイヤも5年使い続けるとした場合なので、少々長めです。

計算を簡単にするためにある程度おおざっぱにしてます。比較的安めの設定。タイヤなどは中古でなく「新品で安め」を想定しました。

 

冬でも気温がそこまで下がらない地域ではスタッドレスタイヤが不要かもしれませんし、排気量が少ない車なら自動車税も少し安くなるかもしれません。

駐車場代は地域により様々でしょうが、とりあえずの値段です。持家などでかからない場合もあるでしょう。

どんなに安く見積もっても、年間35万円くらいはかかりそうです(軽自動車の場合は除く)。

 

車を手放せば、当然ながらこれらが全くかかりません。つまりゼロになります。

住宅費をのぞけば、他のどんな節約よりも大きいですよね。

 

車が持つリスク

さらに車には、所有している事で背負うリスクがあります。

知らぬ間にぶつけられたり、いたずらされてキズがついていた。そのまま乗るのはみっともないので修理する必要が出てきます。その修理代が数万円~10万円以上。

車はこういう側面を持っていることも理解しておくべきです。

せめて、新車ではなく中古車なら、そういう面が少し程度が抑えられます。

新車だと、どうしてもキレイな状態をなるべくキープしたいという欲求が生じるし、「こんなとこに停めて万が一ぶつけられたら」などと不安やストレスも抱いてしまいます。

それが中古車なら格段にその欲求やストレスが下がりますよね。キズが付いても放置という訳には行かないかもしれないですが、多少のキズなら場所によっては諦めてそのまま乗れるかもしれません。

少なくとも新車を所有するよりは遥かにリスクやストレスがマシです。

 

このように、損傷リスク・ストレスがある物はなるべく持たないのがコストもリスクもストレスも少ない生活を送るコツです。その代表格が車ということです。

こういう側面があることも理解しておきましょう。

 

車の他にも、所有する事でリスクを抱えるものを挙げると、例えば以下のようなものです。

  • 一戸建ての家・分譲マンション
  • 高い洋服や時計などの服飾品
  • 余計なクレジットカード
  • 高級家具・家電

住居は必要な物なので、リスクを所有するものの、持たざるを得ないものです。それでも車と同じように、必要以上に高いのは考え物です。なるべく安く抑えるようにすべきだと思います。

それ以外の物は、気分をよくしてくれるばかりで、機能的な面ではあまり意味をなしません。これらにお金をかけるなら、貯金や資産運用に回した方が人生においては意味がありと思います。

「いつかお金が余るような段階にもしなったら、初めて選択肢に入れてみる」というくらいで良いと思います。

 

また、車をぶつけて物や人を傷つけてしまう可能性もあります。自分自身が傷つく可能性もあります。乗らなければゼロですから、それと比較してリスクがあるとは言えますね。

 

車を手放す

アスファルトに描かれた白線と車のマーク

では、実際に車を手放せるのか、そのためには何を考えれば良いかを見ていきましょう。

車がない暮らしをイメージしてみる

まずは車なしの生活をイメージしてみることです。その結果やっぱり車が必要だという判断になっても、使用頻度や必要度がわかれば次に買い替えるべき車が見えてきます。

  • 車なしの(電車やバス、自転車での)通勤
  • 普段の買い物
  • 週末の過ごし方

などなど、本当に車が必要なことがどれだけあるのか。

それから、どの位の頻度で使っているか。毎日?1日に何時間?週末だけ?月に何回?

それが手離したら生活がどう変わるのか?やっていけないか?などなどよくイメージしてみましょう。

 

「車なしで生活できるかも」と思っても迷うかもしれません。そしたら、先ほどの金額が節約されることと比較してどちらが良いかを考えてみてください。

 

レジャーのみ使用ならレンタカーやカーシェアリング

車をどれだけ使っているかを考えてみたら、なくても仕事も行けるし買い物もできる。別に普段は必要ない。

でも、「週末に家族で出かける時に電車やバスではちょっと・・・」という場合は、レンタカーやカーシェアリングもあります。

今はレンタカーも結構安く、日帰りなら数千円で借りられます。カーシェアリングというサービスもありますが、これも結構安くて、時間料金が15分206円、距離料金が1kmあたり16円です。

ですが実際はパックで利用することが多いと思うので、もっと安くなります。以下表をご覧ください。

パックメニュー パック料金 距離料金
6時間 4020円 なし
12時間 6690円 16円/km
24時間 8230円
アーリーナイト(18~24時) 2060円
レイトナイト(24~翌9時) 2060円
ダブルナイト(18~翌9時) 2580円

6時間パックがお得です。ちょっと使う場合なら6時間あれば十分でしょうから、1回2千円ちょっとで使えるのはお得ですね。

車の使用頻度が低い方は、車を手放していざ車がいるという時だけこういうサービスを利用した方が、車を所有するより断然安くなります。

 

1台減らす、軽自動車に乗り換える

車を完全に手放すのが厳しいようであれば、2台お持ちの家庭は1台に出来ないか、また軽自動車に乗り換え出来ないか考えてみましょう。

今ご家庭にあるのが普通自動車1台だとして、それを軽に乗り換えるだけでもかなり節約になります。

軽自動車は普通自動車に比べて、様々な物が安くなります。

  • 車体購入費
  • 自動車保険
  • 自動車税
  • 車検代
  • ガソリン代
  • タイヤ代

ほとんど全ての物が安いんです。前述した車を所有することでかかる費用が、普通自動車に比べて半分くらいになるでしょう。ざっと見積もっても年間15~20万円以上の節約になります。

 

種別 金額
車体購入費 143000円(100万円で購入して7年乗ると仮定)
ガソリン代 60000円(5000×12か月)
自動車保険 40000円
自動車税 15000円
車検代 30000円(1回60000円として1年分換算)
エンジンオイル 2000円(年1回交換の場合)
フィルター 1500円(年1回交換の場合)
タイヤ 4000円(1本5000円を5年で交換)
スタッドレス 4000円(1本5000円を5年で交換)
駐車場 120000円(10000×12か月)
合計 4195000円

合計額は419500円となりました。

赤い所が普通乗用車より安くなる所です。車体購入費と駐車場は同じにしました。

新車で買う場合は普通車の方が高い傾向にありますが、中古の場合は軽自動車だから必ずしも安いとはならず、比較的高い傾向にあるんです。車種や状態により様々で一概に言えないので、一応ここでは条件をそろえました。

自動車保険は求めるものが人に寄りけり。よってこれも金額は様々だし、そこまで差が開かないので、多少安くするということで。

結局は、車体購入代と駐車場代以外は全部安くなるということです。ほとんどが半額近い値段です。

何と言っても軽自動車がすごいのは、車検代も自動車税も圧倒的に安いこと。

そしてガソリン代もエコカー並みにかかりません。リッターあたり30km前後走りますからね。

軽自動車の方が断然オトクだというのはわかって頂けたと思います。

 

 

男の人で、軽自動車だと格好つかないな~なんて思う方もおられるかもしれませんが、軽ワゴンなら大きさもあるし、何とか許容範囲だと思いませんか?ウェイクとかバモスとか、エブリィ、タント、N-BOXなど。エブリィは少々業務用っぽい雰囲気がありますが、私は嫌いじゃないです。

これから恋をして結婚相手を探して~という若い男性は「車はステータス。車も格好良い物を乗りたい」なんて思いがあるかもしれません。気持ちはわかります。否定はしません。

 

でも既婚者の方ならもうそういうのも必要ないでしょう。軽ワゴンを検討してみる価値は充分にあると思います。

一度ご家族と相談されてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

車に給油するネルシャツとジーンズ姿の男性の腕と胴体

車を持っていた方が暮らしが断然便利なのは当然のことです。しかし、問題は手放したら年間で40~50万円もの金額が節約できることを考えた場合ですね。

  • 年間40~50万円のお金
  • 車が常にある利便性

この2つのどちらを取るかです。

レンタカーやカーシェアリングが気軽に利用できるので、本当に必要なのはたまにしかない、という方は、車を手放して大幅に節約できるチャンスと捉え、一度検討してみてください。