部屋干しの生乾きの臭いを消す方法

部屋干しの生乾きの臭いを消す方法

生乾きの臭いを消すポイント

まずは生乾きの臭いのためのポイントを先に挙げます。

 

  • 生乾きの臭いの原因
  • 生乾きの臭いの消し方 
  • 生乾きの臭いの再発を防止
  • 柔軟剤で消臭を補助

 

ここに書いてあることを行えば、
生乾きの臭いと完全にさよなら出来るので、ご安心ください。

 

では順番にご説明していきます。

 

生乾きの臭いの原因

生乾きのいやな臭いの原因を、まず知る必要があります。

 

結論から言うと、菌です。
長時間湿ったままでいたために菌が繁殖し、臭いを発生させています。

 

短時間で乾いてしまえば良いのですが、乾くまでに時間がかかってしまうと大量に繁殖するのです。

 

生乾きの臭いを発生させないために重要なのは、
「洗濯が終わってから、完全に乾くまでの時間の長さ」
です。

時間が短ければ良いのです。

目安としては4、5時間といわれてますが、
8時間くらいまでに乾けば臭いがする事はないです。

臭いが一度ついてしまうと、普通に洗濯しただけでは取れません。

 

洗濯した直後は臭いがしないのですが、
半乾きくらいから臭いがしたり、汗や雨に濡れたことで、
残っていた菌が再び繁殖して臭ったりします。

この菌をいかに除去し、繁殖させないか
が大切なポイントです。


生乾きの臭いの消し方

お待たせしました。
では生乾きの臭いを完全に消し去る方法をご説明します。

 

一度臭くなってしまったら、
普通に洗濯しただけでは臭いは取れません。

 

手順は以下です。

  • 菌を除去する
  • 通常通り洗濯する

 

 

菌を除去するのに使うものは以下があります。

  • キッチンブリーチ
  • 熱湯

 

 

キッチンブリーチで殺菌・消毒する方法

 

キッチンブリーチの方が、熱湯よりも断然強力です。

 

ブリーチは、家庭で身の回りにある物の中で、
最強の殺菌、消毒用品です。

 

主成分は次亜塩素酸ナトリウムといわれるものです。

 

 

 

ちなみに、冬に流行するノロウイルスは、加熱しても死にません。

 

身の回りにあるもので唯一効くのが、この次亜塩素酸ナトリウムなのです。


 

 

 

ブリーチは、色落ちするので色物にはつかえません。
白いタオルやくつ下など、色のないものにはブリーチを使うと良いでしょう。

 

キッチンブリーチだけあれば良いです。
まな板、包丁など台所用品から洗濯物まで、
この一本でいけます。

 

 

ちなみに、ワイドハイターなどの酸素系漂白剤では、
一度臭くなってしまった物、
つまり大量に菌が繁殖した状態には効果が薄いです。
というか臭いが取れません。
殺菌力の強さが全然足りないのです。

 

菌の繁殖の予防程度だと思ってください。
はっきり言って、殺菌力が中途半端で使う場面があまりありません。

 

 

 

熱湯で殺菌・消毒する方法

 

色物には、熱湯を使います。

 

沸騰したお湯である必要はなく、70度くらいでOKです。
ほとんどの菌は60度くらいで死滅します。

 

湯気が出てきて、もう2、3分で沸騰かな、
という辺りで火を止めてOKです。

 

 

洗面所の流しに栓をするか、洗面器などに、
臭いのする衣類を入れ、そこに沸かしたお湯を注ぎます。

 

衣類が完全につかる位の量を入れましょう。

 

 

そして30分くらい放置します。
15分くらいでも大丈夫なのですが、
せっかくなので確実に殺菌するために30分くらいやっておくのが無難です。

 

その後、洗濯機で普通に洗濯するだけです。

 

殺菌に使ったお湯ごと入れても、
お湯は捨てて新たに水で洗濯しても、どちらでも構いません。

 

まとめます。

  1. お湯をわかす
  2. 洗面所や桶に洗濯物を入れ、お湯を注ぐ
  3. 30分ほど放置
  4. 通常通り選択

 

 

生乾きの臭いの再発を防止

殺菌したらあとは普通に干せば良いのですが、
菌というものは元々、至るところにいます。

 

一見取れたように思えても、再び臭ってしまうのです。

 

菌を除去したら、さっさと乾かす。これが重要です。

 

 

どこにでも少しくらい菌がいるのは当たりまえで、
それだけでは臭いもしないのですが、
なかなか乾かないで、濡れたまま時間が経つほど、菌は増殖します。

 

なのでなるべく早く乾かすことがとても大切なのです。

 

 

一度菌が繁殖してしまうと、
普通に洗濯しただけでは取れません。

 

 

洗濯物を早く乾かすには、以下の方法が有効です。

 

  • 扇風機の風を当てる
  • エアコンの真下に干して風をあてる
  • 除湿機を使う

 

 

風をあてると格段に早く乾きます。
扇風機でも良いですし、エアコンの暖かい風ならなお良いです。

 

そして除湿機もかなり有効です。
半日つけておくと1〜2リットルくらいの水が除湿機にたまります。

 

それだけ洗濯物は空気中に水蒸気があるという事です。
空気中の水蒸気が少ない、つまり湿度が低ければ、
水が蒸発しやすくなるので、洗濯物が早く乾くのです。

 

柔軟剤も消臭の補助に

柔軟剤は洗濯物をやわらかくするだけではなく、いい匂いにしたり消臭効果もあります。

 

雑菌が繁殖してしまってから、柔軟剤だけで臭いを消すことは出来ませんが、
ちょっとした体臭や加齢臭には充分な効果があります。

 

すすぎの時に少量(説明書きにある量より少なくてOK)でも入れるだけでだいぶ違います。

 

経験的には、生乾きの臭いの発生頻度が下がったように感じます。

 

臭いを発生しにくくする効果もありそうです。

 

 

広告

洗濯物の基本的なやり方

洗濯のやり方を大きく分けると、基本的には以下になります。洗濯機で洗う干す乾いた洗濯物をたたむ、しまうこれらをただ何となくやるのと、これからお話しする方法を知っているのでは、洗濯開始から終わってしまうまでにかかる時間がまるで変ってきます。それはなぜか、そしてどうすればきちんと洗えて最短時間で済ませられ...

≫続きを読む

部屋干しの生乾きの臭いを消す方法

まずは生乾きの臭いのためのポイントを先に挙げます。生乾きの臭いの原因生乾きの臭いの消し方 生乾きの臭いの再発を防止柔軟剤で消臭を補助ここに書いてあることを行えば、生乾きの臭いと完全にさよなら出来るので、ご安心ください。では順番にご説明していきます。

≫続きを読む


節約 時間の節約・時短ワザ 一人暮らし・引越し 危機管理 お役立ち商品 当サイトについて