飲み物代の節約方法

飲み物代の節約方法

飲み物代節約の概要

自動販売機のアップの画像

飲み物代は月に数1000円も節約出来る所です。
言ってしまえば、買って飲んでいる飲み物の金額がほぼ全額節約できます。

 

気持ちの切り替えや習慣が鍵です。
慣れてしまえば何てことなく出来るようになるので、ぜひとも行ってみて下さい。

 


飲み物代の節約のポイント

 

  • まずは一ヶ月の飲み物代を把握する。
  • 家でお茶やコーヒーを作って水筒や空ペットボトルなどで持って行く。麦茶なら500mlペットで2円位。

 

まずは飲み物代を把握する

開いたノートの上にペンを持った手。奥に飲み物が見える

飲み物を買ったら覚えておくか、メモしておきましょう。
家計簿をつければ一番良いですが、面倒な場合はとりあえず飲み物代だけメモ用紙にでも記録してみましょう。

 

何となく使っていると、1ヶ月で3000円〜5000円使ってる方は多いです。

 

ちなみに私が初めて節約を考えた時は6500円ほど使ってました。
給料日前に財布の中身を見た時に、もし飲み物を全く買わず、その金額が今あったらと思うと、もったいなさが込み上げて来ます。

 

とにかくまずは1か月にいくら使っているのか把握することが重要です。

 


飲み物は買わずに作る

ペットボトルのお茶を飲む若い男性

家でコーヒーや紅茶、麦茶や緑茶を入れて持って行くと、買った時の1/10くらいの値段で済みます。
麦茶のパックは50パックほど入って198円とかで売ってます。

 

1パックで1リットルくらいの麦茶が出来ます。500mlあたり2円ほどです。
500mlのペットボトルのお茶を買うと120円位ですから、それに比べたらタダみたいなものです。

 

水筒を買ってもいいですし、お金を出して水筒を買うのがもったいないので、フタ付きのコーヒーの缶を再利用する手もあります。
ペットボトルのような形をした缶のコーヒーですね。

 

ちなみに、水筒を買う時は、洗いやすそうな物を選びましょう。
毎日の事ですから、水筒を洗うのも結構面倒な作業です。

 

水筒が洗いやすいかそうでないかは大きな違いです。
洗いにくいと面倒になり、水筒を持って行くのをやめてしまいたくなるので注意が必要です。

 


買うならドラッグストアやスーパー、通販で

コンビニや自動販売機で500mlのペットボトルを買うと150円くらいしますが、ドラッグストアやスーパーなら80〜90円くらい、通販なら50円くらいの物もあります。
その差60〜100円。割合にすると4割以上です。

 

コンビニや自動販売機で買うのはなるべく控え、スーパーやドラッグストアで買うだけで飲み物代は大きく節約されます。

 

 

 

広告

飲み物代の節約方法

カップベンダー式の飲み物自動販売機を斜めに撮影した画像 飲み物代は月に数1000円も節約出来る所です。言ってしまえば、買って飲んでいる飲み物の金額がほぼ全額節約できます。気持ちの切り替えや習慣が鍵です。慣れてしまえば何てことなく出来るようになるので、ぜひとも行ってみて下さい。

≫続きを読む


節約 時間の節約・時短ワザ 一人暮らし・引越し 危機管理 お役立ち商品 当サイトについて