一人暮らしで火事は絶対に起こしてはなりません

火事の対策

火事だけは絶対に起こさない

電気ストーブ、ガスコンロ、タバコの火の不始末には要注意
お湯は笛吹きケトルを使うのが良い
消火器は必ず用意しておく

 

一人暮らしにおいて一番気を付けるべきは火事です。火事だけは何があっても起こしてはなりません。
泥棒に入られても、家の中にある物やお金がなくなるまでですが、火事は、物やお金だけではなく、全てがなくなります。人の命が失われることもあり得ます。

 

その万が一を起こさないために、火事が起きる可能性を、限りなくゼロに近づけることが重要なのです。
火事を起こさないために気をつける事を、これからご説明します。

電気ストーブ

電気ストーブは火事の原因になりやすいので要注意です。
何かの拍子に衣類や布団が電気ストーブにかぶさってしまい、気づかないでそのまま時間が経つと引火してしまいます。
寝る時に寒くないようにと、自分の方に向けてつけたままにすると、寝てる間に布団がずれて、運悪く電気ストーブにかぶさってしまう可能性があります。
人間は深い眠りについてると、中々起きないので、気づいたのは火が大きくなっているかもしれません。

 

もう一つありがちなのが、洗濯物が電気ストーブの上に落ちてしまう事です。
冬場は乾きが悪いので、洗濯物そばに電気ストーブを置いたりしますが、目を離してるときに何かの具合で洗濯物がかぶさってしまうかもしれません。
寝る時や外出するときは、電気ストーブ、ガスストーブ、灯油ヒーターは必ず消していきましょう。

ガスコンロ

台所の壁に布きんかけを取り付けている事がありますが、取り付ける位置に注意が必要です。
ガスコンロの上の方や、レンジやオーブンの上にあると、何かの拍子に布きんが落ちて引火してしまうかもしれません。布きんかけは下に燃える物がない所に設置しましょう。

 

寝る前と出かける時には、ガスコンロをつけてないか、または元栓を締めてあるか必ず確認する習慣にすると良いです。確認してなからった部屋を出ないと決めましょう。そんなルールまで作るの?と思うかもしれませんが、繰り返しますが、火事だけは絶対に起こしてはならないのです。
玄関のドアの辺りの目に付く場所に火の元の確認を忘れない様に貼り紙をするのも1つの手です。

タバコの火の始末

タバコを吸う方は必ず意識して欲しいことです。
いつの時代もタバコの不始末は火事の原因のトップ3位に入ってます。

 

タバコで火事を出さないためには、フタのある灰皿を使い、水を入れておくことです。
水を入れておけば火は消えますし、さらにフタがある事で酸素が入らず燃えにくく、消えていない火が消えてくれる事もあります。
決して完全に消えた事を確認出来ていない吸殻をごみ箱に入れてはいけません。ほとんどのタバコによる火事はこれで起きてます。

 

寝る前と出かける時には、タバコの火がちゃんと消えたか確認する習慣をつけましょう。
ガスコンロの火と同様、玄関のドアの辺りの目に付く場所に貼り紙しておくのも1つの手です。

笛吹きケトルを使う

火の止め忘れから火事になる事もあります。
お湯を沸かすのには笛吹きケトルがお勧めです。
火にかけている事を自分が忘れてしまったら、一人暮らしの場合、他に気づいてくれる人は誰もいません。
笛吹きケトルは沸いたことを知らせてくれるので非常に便利です。

消火器を用意しておく

一人暮らしを始めたら、すぐにアパートに消火器が用意されているか確認しましょう。
なかったら、極力早めに消火器を用意しておきましょう。
すでに一人暮らしをしている人で、用意してない方は早めに買っておくべきです。

いざという時にすぐ使えるように、説明書に1度目を通して使い方も理解しておく必要があります。

 

消火器があったおかげで、危うく火事になりかけても大事に至らずに済む事もあります。
安い物は3000円くらいからあるので、火事を出さないためですから必ず買っておきましょう。
インターネットの通販でも買えます。今は色々な消火器がありますが、火事対策グッズのページに消火器や消火用品を載せてますのでご覧下さい。

 

広告

防犯対策

防犯カメラと書かれた、電柱に貼り付けられた看板 防犯対策は一人暮らしにおいて非常に重要です。女性の一人暮らしの場合は特にです。駅から家までの暗い夜道、人通りの少ない道、アパートも1階よりは2階など、ポイントはたくさんあります。防犯対策に完璧はありませんが、これだけおさえておけばとりあえずは安心して良い、という防犯対策のポイントをしっかりご説明しま...

≫続きを読む

火事の対策

夕方の通りで消防車の横に消防員が2人 電気ストーブ、ガスコンロ、タバコの火の不始末には要注意お湯は笛吹きケトルを使うのが良い消火器は必ず用意しておく一人暮らしにおいて一番気を付けるべきは火事です。火事だけは何があっても起こしてはなりません。泥棒に入られても、家の中にある物やお金がなくなるまでですが、火事は、物やお金だけではなく、全てがな...

≫続きを読む

地震の対策

たんすと天井の間につっかえ棒数本 ガラス製の物は避ける高さのある家具は置かないこれから詳しくご説明します。上記が地震の対策です。地震は自然災害なので発生を防ぐことはできませんが、地震が起きた時に被害を最小限に抑える事前対策出来ます。この事前対策をどれだけしっかり行っているかが、地震発生時の安全性、快適性を分けるのです。

≫続きを読む

地震発生時の心得9カ条

地震が発生してしまった時にどういう行動を取るべきか、逆にしてはいけない事は何かをよく理解しておきましょう。出来れば覚えておければ考えずともとっさに正しい行動が出来る可能性があがり、あなたや大事な家族の安全性、生存率があがります。料理中は真っ先に火を止める服装にこだわらず早く避難するエレベーターは使わ...

≫続きを読む


節約 時間の節約・時短ワザ 一人暮らし・引越し 危機管理 お役立ち商品 当サイトについて