防犯対策

防犯対策

防犯対策の概要

防犯カメラと書かれた、電柱に貼り付けられた看板

 

防犯対策は一人暮らしにおいて非常に重要です。

 

女性の一人暮らしの場合は特にです。駅から家までの暗い夜道、人通りの少ない道、アパートも1階よりは2階など、ポイントはたくさんあります。

 

防犯対策に完璧はありませんが、これだけおさえておけばとりあえずは安心して良い、という防犯対策のポイントをしっかりご説明します。

 


防犯対策のポイント

  • 帰り道の安全性をよく考える(具体的には以下の記事「帰り道での防犯」を参照)
  • 部屋の中を見えにくくする
  • 鍵は常にしめる
  • ドアは簡単に開けない
  • 男性が住んでいるように見せる
  • 防犯グッズを持っておく

 

帰り道での防犯

街頭が灯った大通りの歩道

 

特に女性の方に当てはまる事ですが、夜遅い時間の帰り道は不安です。
一人暮らしの部屋を探す時は、駅からの距離や、どういう道を通ることになるのかも考慮しましょう。

 

以下の様な場所は危険です。

  • 雑居ビルの裏通り
  • 空き地や林の横
  • 灯りの無い道

 

逆に安全なのは以下の様な場所です。

  • 夜でも車や人が通る所
  • 街灯のある通り
  • コンビニや飲食店が並んでいる
  • 民家の灯りがある
  • 近くに交番がある

 

人通りや民家が無い場所では、もし万が一襲われたりしても助けてくれる人がいません。
どこを歩いていても、いざという時に駆け込めるお店があったり、大声を出したら誰かに聞こえるのが理想です。

 

人間はとっさの時に迷いが生じると判断が遅くなり、その分対応も遅れます。
いざという時に駆け込む場所、助けを求める場所のめぼしを付けておきましょう。迷わない分早く対応が取れ、大ごとにならずに済む確率が上がります。
近くに交番がある所では、心理的にも犯罪を犯しにくいので非常に有効です。

 

アパートを探す時には、女性の場合は特にこういう点も意識しましょう。

 


部屋の中を見えにくくする

窓にレースのカーテンが揺れている、少し光が抑えられた状態

 

冷房代、暖房代を節約するための透明のビニールの断熱シートがありますが、これが防犯にも役立ちます。

 

これを貼ると部屋の中が見えにくくなり、それが防犯につながります。

 

なぜこれが防犯につながるのか。

 

空き巣にとって、第一段階は狙いをつける部屋の選別です。
部屋の中の様子がわからないというのは、侵入する部屋を選ぶために必要な情報が一つ手に入らないので厄介なんです。

 

数ある目標候補の中から、中が確認しにくいという事で外される可能性が上がります。

 

部屋に住んでいるのが女性や年配だと入りやすい印象を与えます。
外から見えにくくする事で、まずは空き巣の出鼻をくじくのです。

 


鍵は常にしめる

ドアにカギをかける画像のアップ

 

部屋にいる時でも鍵は必ず閉めておきましょう。

 

あなたが部屋に居る時は空き巣が来ても大丈夫、ではないのです。
万が一空き巣犯と出くわしてしまった時、今度はあなたの身に危険がおよぶかもしれないのです。

 

空き巣は住人に遭遇してしまった場合、逃げてくれればいいですが、襲ってくる事だって充分考えられます。実際にそういう事件がニュースでありますよね。

 

なので、在宅時でも鍵と、チェーンロックまで必ずかける、それを習慣にしましょう。

 


ドアは簡単に開けない

 

誰かが訪ねて来た時は、まずは相手が誰か確認してからドアを開ける様にしましょう。

 

開ける時も小包が届いた時などドアを全開する必要がある時以外は、防犯の意味でチェーンロックはかけたまま応対しましょう。

 

チェーンロックを掛けたままの状態でドアを開けるのは失礼だと思う必要はありません。
防犯上の理由から、常識の範囲内です。
女性の一人暮らしでは特に心がけましょう。

 

男性が住んでいるように見せる

物干し竿に白いTシャツが干されている晴れの日

 

部屋の様子をわからない様にするだけでなく、ベランダに男物の服や下着を干したり、玄関に男物の靴を置くなどして、男性がいるように見せかける事で更に防犯効果が高まります。

 

侵入者からすれば、もし住人と遭遇した場合女性よりも男性の方が力が強く厄介なので、侵入する部屋に選びたくないのです。

 

カーテンも防犯の意味だけで言えば、一発で女性とわかる物より、女性、男性のどちらが使っても良い様なデザイン、色の物にした方が安全性が高まると言えるでしょう。

 


防犯グッズを持っておく

薄暗い白いテーブルを優しく照らすペンライト

 

護身グッズを携帯しておくのも1つの方法です。
万が一暴漢に襲われた場合、防犯グッズを持っているか否かが分かれ道です。

 

最近は色々な物があり、バッグやコートのポケットに入る大きさの物も多々あります。
防犯ブザーが手軽でおすすめです。
大きな音が鳴れば捕まる事を恐れて暴漢が逃げて行く可能性が高いです。

 

不審者側の心理からすると、大きな音により周囲の人が気付いて、自分が捕まる可能性が出るという恐怖感があります。
通勤時に使うバッグの中や衣服のポケットなど、襲われながらでもすぐ取り出せる場所に入れておくと良いです。

 

部屋の中でも不審者が入って来た時に備え、催涙スプレーなどの防犯グッズを用意しておく位までしておけば一番良いでしょう。
防犯グッズのページでおすすめ商品を多数ご紹介しています。

 

 

 


広告

防犯対策

防犯カメラと書かれた、電柱に貼り付けられた看板 防犯対策は一人暮らしにおいて非常に重要です。女性の一人暮らしの場合は特にです。駅から家までの暗い夜道、人通りの少ない道、アパートも1階よりは2階など、ポイントはたくさんあります。防犯対策に完璧はありませんが、これだけおさえておけばとりあえずは安心して良い、という防犯対策のポイントをしっかりご説明しま...

≫続きを読む

火事の対策

夕方の通りで消防車の横に消防員が2人 電気ストーブ、ガスコンロ、タバコの火の不始末には要注意お湯は笛吹きケトルを使うのが良い消火器は必ず用意しておく一人暮らしにおいて一番気を付けるべきは火事です。火事だけは何があっても起こしてはなりません。泥棒に入られても、家の中にある物やお金がなくなるまでですが、火事は、物やお金だけではなく、全てがな...

≫続きを読む

地震の対策

たんすと天井の間につっかえ棒数本 ガラス製の物は避ける高さのある家具は置かないこれから詳しくご説明します。上記が地震の対策です。地震は自然災害なので発生を防ぐことはできませんが、地震が起きた時に被害を最小限に抑える事前対策出来ます。この事前対策をどれだけしっかり行っているかが、地震発生時の安全性、快適性を分けるのです。

≫続きを読む

地震発生時の心得9カ条

地震が発生してしまった時にどういう行動を取るべきか、逆にしてはいけない事は何かをよく理解しておきましょう。出来れば覚えておければ考えずともとっさに正しい行動が出来る可能性があがり、あなたや大事な家族の安全性、生存率があがります。料理中は真っ先に火を止める服装にこだわらず早く避難するエレベーターは使わ...

≫続きを読む


節約 時間の節約・時短ワザ 一人暮らし・引越し 危機管理 お役立ち商品 当サイトについて