一人暮らしをシミュレーションし、生活費を確認

一人暮らしのシミュレーションをする

一人暮らしをシュミレーションする

青空に人型の図形と折れ線グラフ

 

アパートの相場の確認と、一人暮らしの生活費が把握できたら、一人暮らしのシュミレーションをしてみましょう。

 

生活費としてリストアップし忘れてる物はないか、シュミレーションする事で、本当にその生活費で合ってるか確認します。

 

一人暮らしの部屋で生活している自分を思い浮かべてみましょう。

 

一日をストーリー仕立てにして、流れを追ってみます。

朝起きたらトイレに行きました。トイレットペーパーで拭きました。
トイレから出て、せっけんで手を洗いました。

 

まずはコーヒーを一杯飲まないと一日が始まりません。
やかんに水を入れて火にかけます。

 

コーヒーとクリープと砂糖が必要です。 
お湯が沸いたので、カップにお湯を注いでスプーンで混ぜます。

 

洗顔料を水で泡立てて顔を洗って、タオルで拭きます。歯をみがきます。
着替えて会社に向かいます。

 

会社へは電車で通勤するので、定期を忘れてはいけません。
この定期は前回の給料日に買っておいた物です。

 

今朝は少し寝坊して時間が無かったので朝食を食べてません。
会社の近くのコンビニで250円のサンドイッチと、本日2杯目ですが150円のコーヒーを買いました。

 

朝から400円も使ってしまいました。 まあたまにはいいでしょう。
最近はコンビニのコーヒーも美味しいです。

 

そんなこんなで会社に着いて、さあ仕事の始まりです・・・

 

さて仕事も終わりました。家に帰りましょう!
おっと忘れてました。今日のお昼は宅配弁当を利用したので、380円を払って帰ります。
あと仕事中に自動販売機でペットボトルのお茶150円を買って飲みました。

 

電車に揺られる事30分、徒歩で10分歩いて家に着きました。

 

今日は朝、昼とお金を使ったので、夜は自炊します。
料理をするためには、フライパンや鍋、菜ばしやおたまが必要です。

 

ご飯を炊くのには電子ジャーが必要です。食べる時にはご飯茶碗としゃもじもいりますね。
作った料理を盛る皿と、食べるための箸もいります。

 

そして食べ終わったら洗い物です。スポンジと食器用洗剤がいります。
洗った食器を入れるプラスチックのかごや、食器を拭くふきんもいります。

 

今度はお風呂に入ります。髪を洗って、コンディショナーをつけました。
ナイロンタオルにボディシャンプーをつけて体をこすります。

 

お風呂から上がり、バスタオルで体を拭きます。
床が濡れないように、ニトリで480円で買ったバスマットで足を拭きます。

 

やっと一日が終わりました。
後はテレビを見て寝るだけです。

 

こんな風に、一日で行く場所を追い、あなたが取るであろう行動を思い浮かべると、気づかなかった必要な物を確認出来ます。

 

ご自身の生活スタイルに合わせて、1度やってみる事をおすすめします。

 


収入と比較する

数枚の一万円札と、通帳、ペン、計算機

 

生活費は収入以下におさめて考える

 

当然ですが、生活費は自分の収入以下でなければ生活が成り立ちません。
赤字になります。

 

社会人の方は自分のお給料の範囲という事になります。
これから大学や専門学校などの学生になる方は、親からの仕送りがある人はまずその金額。
それプラス、バイトで一ヶ月に稼ぐ金額など追加収入をの予測し、これらを足した金額以内という事になります。

 

バイトの収入は予想額なので、あまり高く設定しないでおきましょう。
このくらい稼げるかな、という額から、一応1、2万円ほど引いておくのが無難です。
この辺は個人差があるので、あなたのライフスタイルに合わせて調整してください。

 

 

生活のシュミレーションをしたら、再度生活費を確認

 

ギリギリの計画を立てると、少し計算が狂っただけでお金に困る事になります。

 

1万円、出来れば2万円くらい余裕を持たせ、毎月少しは余らせて貯金するのが目標、というくらいの計画でいた方が良いかもしれません。

 

 

「収入 - 全生活費 = 2万以上」 を目標にすると良いです。
そのくらいを目指しておくと、出費が収入を上回ることはまずないです。
上手くいけば充実した生活を送ってさらに貯金をすることも出来ます。


 

 

 


広告

一人暮らしを始めるまでの流れ

机の上に広げた紙、白い家の模型、ペン 一人暮らしを始めるために考えておくべき事、大まかな流れから始まり、具体的な細かい段取りやすべきことは何があるのかを、詳しくご説明します。

≫続きを読む

アパート探しはインターネット

真っ白な家のかわいい模型が机に置かれている アパートを探すのに、不動産屋を何件も渡り歩いて回る時代は終わりました。今はインターネットだけで探せるのです。私の持論はこうです。アパートはインターネットだけで探す。不動産屋を回るメリットはない。不動産屋に行くのはアパートの下見時と契約時だけ。なぜインターネットだけで良いのか。本当に不動産屋を回る必要...

≫続きを読む

安いアパートを探す方法マニュアル(保存版)

テーブルの上に家の模型、計算機、ノート、ペンが置かれている アパート探しで後悔しないための重要な9個のポイントをご説明します。アパートを契約してしまった後からでは遅いので、事前にしっかり確認しておく必要があります。部屋、収納の広さフローリングか、畳か部屋とキッチンが別か1階か、2階以上か角部屋かお風呂、トイレが別かガスコンロか、電気コンロ、都市ガス、プロパン...

≫続きを読む

アパートの場所と周辺環境

繁華街にスマホを向けている手の画像 住まいの周辺の環境は見逃しがちですが、生活する上で結構重要なことです。住み始めてからでは変えられないので、事前にしっかり考えておかなければなりません。アパートを探す上で、安全性、場所や周辺環境について必ず考えておくべき大切な5つのポイントをご説明します。

≫続きを読む

アパートの下見時の注意点

部屋に入ってドアを閉める若い女性 アパートの下見する際、後で絶対に後悔する事がないよう、これからご説明する事を必ず確認しておきましょう

≫続きを読む

一人暮らしの生活費

電卓とカラフルな数字のブロック 一人暮らしにおいて生活費が幾ら必要なのか、細かく計算します。勘違いしやすいのですが、一人暮らしにかかる費用は家賃、食費、水光熱費、お小遣い、だけではありません。ここに消耗品、日用品、スマホやインターネットなどの月額サービス、さらに臨時の出費などが入って来ます。一人暮らしを始めたばかりの頃は特にですが...

≫続きを読む

一人暮らしのシミュレーションをする

青空に人型の図形と折れ線グラフ アパートの相場の確認と、一人暮らしの生活費が把握できたら、一人暮らしのシュミレーションをしてみましょう。生活費としてリストアップし忘れてる物はないか、シュミレーションする事で、本当にその生活費で合ってるか確認します。一人暮らしの部屋で生活している自分を思い浮かべてみましょう。一日をストーリー仕立てに...

≫続きを読む

アパート契約時の費用

チェックリストと赤いペン アパート契約時にはまとまったお金がいります。まずはどんな費用があってどれ程かかるのか知って頂きたいです。少し難しいかもしれませんが、非常に大事なことなので頑張って理解しておきましょう。前家賃(家賃1か月分)入居月の日割り家賃(家賃1ヶ月分を日割りして、その月の残りの日数をかけた金額)管理費・共益費(...

≫続きを読む

引越し費用を計算する

机の上に真っ白な家の模型と、数枚の一万円札が並べられている アパートを契約する費用、つまり初期費用の他に、引っ越す時に気になるお金として引っ越し費用があります。引越す時期と業者により費用にだいぶ差がありますし、目安は25000〜50000円位です。なので色んな引っ越し屋さんを比較して、一番安いところを見つけたい物ですね。方法としては、引越し業者に一つ一つ電話...

≫続きを読む

引越しの荷造り

ダンボール箱の上にガムテープと白いテープが置かれている 順番に段取りをご説明して行きます。まずは以下の物を集めておきましょう。ダンボールボロ布や古い布団、毛布ガムテープビニールひもマジックダンボールは、ドラッグストアやスーパーでお願いするともらえます。何か買い物をして会計の時に「引越しでダンボールが欲しいのですが、頂けないでしょうか」と言えば良いです。一...

≫続きを読む

一人暮らしの家電の用意

炊飯ジャーとホームベーカリー 家電の準備は、前もって考えておいた方が良いのですが、入居日までに全ての家電がそろっていなくても大丈夫です。住み始めてから部屋のいたる所の寸法をメジャーで測ってから、部屋に合った家電を用意すれば失敗がありません。携帯のメモ機能か、自分にメールを送るなどしておくと便利です。一度に買いそろえると、あとから...

≫続きを読む

一人暮らしの生活用品の準備

トイレットペーパーと白いタオル 引越し費用を少しでも安くするために、なるべく買わずに済ませます。自分で使っていた歯ブラシなどの小さな消耗品さえも、持って行ける物は全て持って行きましょう。なるべく引越し前の生活用品をそのまま移動させる感じです。細かい物や消耗品だからといって、買ってしまえば良いとは簡単に考えるのは良くないです。こうい...

≫続きを読む

アパートを契約する

書類と印鑑 不動産屋に行き、申込み書類を書く(場合によっては申込金を払う)審査待ち不動産屋に行き、契約を行う上記はアパートを実際に契約する時のおおまかな流れです。申込みの際には身分証と印鑑が必要になります。身分証とは、運転免許証やパスポートなど、基本的には顔写真付きの物です。通常は申込みの段階でお金を払う事はな...

≫続きを読む


節約 時間の節約・時短ワザ 一人暮らし・引越し 危機管理 お役立ち商品 当サイトについて