冷蔵庫の電気代の節約

冷蔵庫の電気代の節約

冷蔵庫は24時間365日つきっぱなし。小さな事が大きな節約につながる

冷蔵庫は24時間365日電気代を使いっぱなしの電化製品です。なので少しの節約方法が大きな金額の節約につながるのです。

 

最近の新しい冷蔵庫は省エネ設計ですが、それでも節約したらちゃんと成果が出ます。
冷蔵庫、冷凍庫で節約方法が変わりますので、しっかりと仕組みを理解しましょう。

 

冷蔵庫の電気代の節約方法

ではまず方法を挙げます。

 

  • 設定温度を加減する。
  • 扉はすぐ閉める。
  • 冷蔵庫は詰め込み過ぎない。逆に冷凍庫はすき間を少なく詰め込む。
  • 冷蔵庫と壁のすき間を空ける。

 

設定温度を調節する

扉が少し空いた冷蔵庫

設定温度を強にしているとそれだけ電気代が余計にかかるので、中か小にします。

 

冷蔵庫や冷凍庫の奥の方をのぞくと、温度を調節するつまみが付いてます。季節や詰め込んでいる量に合わせて調整して下さい。冬場はだいたい中で大丈夫です。
強だと逆に冷えすぎて野菜、特にレタスなどの葉物は、部分的に凍って傷んでしまうことがあります。
私は何度も経験しています。こうなってしまうともう美味しくない(というか使えないと言った方が正しいかも)
そういう意味でも気を付けてくださいね。

 

扉をすぐ閉める

冷蔵庫の扉が数秒開いていただけで、冷蔵庫内の温度が急激に上昇します。
そうすると温度を下げるために大きく働くので、消費電力が増します。しかも元の温度に戻るのは時間がかかるんです。
温度が一旦上がってしまうと、元に戻るのに長いと10〜20分位かかってしまいます。
その間に鮮度も少し落ちてしまい、食材が傷むのを早めてしまいます。

 

閉めたままで温度が一定に保たれている時は消費電力が小さいです。
なので、扉の開閉は最小限にとどめ、開けたらすぐ閉める事が節約になります。

 

コープ九州事業連合のサイトで、扉の開閉により一瞬で温度が上がる事、下がるのには長い時間がかかる事がグラフで示されています。

 

東京電力のサイトで冷蔵庫の賢い使い方が紹介されているので、ご参考までにどうぞ。

 

冷蔵庫に詰め込み過ぎない。冷凍庫は逆にぎっしりつめる

冷蔵庫に物を詰め過ぎていると、冷気の流れが悪くなって均一に冷えにくくなります。
均一に冷えないという事は、温度が高い部分が存在するという事です。

 

その温度を冷蔵庫の温度計が感知すれば、冷やそうとして消費電力が上がり、電気代が上がります。
それでもいずれは全体が冷たくなるでしょうが、空気の流れが悪い程時間がかかるので、その分電気代がかかる可能性が出てきます。

 

また、詰め込み過ぎている事で、取り出したい物が見つけにくく、その結果扉を開けている時間も長くなります。
先ほど述べた様に、冷蔵庫内の温度が上がってしまいます。

 

詰め過ぎず見えやすくしておき、何をどこに入れるかだいたいの場所を決めておくと良いです。
その方が料理をする時も楽ですね。

 

冷凍庫はその逆で、ギッシリつまっていた方が効率が良くなります。

 

 

冷蔵庫は詰めすぎない。冷えにくいし欲しい物がみつけにくく、扉を開けてる時間が長くなります。
冷凍庫はその逆で、ぎっしり詰めましょう。


 

冷蔵庫と壁の間にすき間を空ける

冷蔵庫と壁の間にきちんとすき間を空けましょう。
充分なすき間がないと、冷蔵庫から発する熱が上手く逃げられなくなり、冷蔵庫の消費電力に無駄が出ます。
説明書にも空けるように書いてあります。

 

背面は10cmくらい、横は3〜5cmが一般的に必要とされる幅です。

 

 

 

広告

電気代節約の基本(電気代の高い家電を知る)

机の上に傘の付いたスタンド、横に電気ポット、手前にドライヤーとエアコンのリモコン 一般的に消費電力が高いと言われている家電を挙げます。乾燥機ドライヤー電気ポットエアコン掃除機洗濯機冷蔵庫電気代のかかる家電として代表的なものです。これらをどれだけ節約出来るかが、電気代の節約の鍵になります。乾燥機、ドライヤー、電気ポット、掃除機、洗濯機はあまり特別なコツはないので、当たり前の様ですが...

≫続きを読む

炊飯器の節約

炊飯器の操作ボタン部分のアップの画像 炊き上がったらすぐスイッチを切って、蒸らしは余熱で行います。実は炊き上がる数分前にスイッチを切っても美味しく炊けます。が、炊飯器にもよるので、一応炊き上がった直後にスイッチを切る、というのが無難です。最近の炊飯器はみな炊き上がった瞬間にメロディーが流れますよね。それが鳴ったら切るという事で良いでしょ...

≫続きを読む

エアコンの電気代の節約

下から見たエアコン エアコンの電気代は夏も冬も節約において大きな割合をしめます。特に夏の6〜9月、冬の10〜3月と、合計4〜6ヶ月もの間非常に高い節約効果を発揮します。早いうちから取り組んでしっかり電気代を節約しましょう。

≫続きを読む

冷蔵庫の電気代の節約

扉が少し開いた白い冷蔵庫を正面斜め上から見たアップ画像 冷蔵庫は24時間365日電気代を使いっぱなしの電化製品です。なので少しの節約方法が大きな金額の節約につながるのです。最近の新しい冷蔵庫は省エネ設計ですが、それでも節約したらちゃんと成果が出ます。冷蔵庫、冷凍庫で節約方法が変わりますので、しっかりと仕組みを理解しましょう。

≫続きを読む

洗濯機の電気代の節約

洗濯機にワイシャツを入れる腕 洗濯機は見過ごされがちですが、実は電気代が結構かかるのです。節約において見過ごせない電化製品なのです。では、その節約方法を見て行きましょう。

≫続きを読む

電気のアンペア契約を変更

電気のブレーカー 電気代の基本料金は、契約しているアンペアが高いほど高くなります。お住まいの地域の電力会社によって異なります。参考までに、私の地域の東北電力の価格表です。http://www.tohoku-epco.co.jp/callcenter/faq/ampere/30アンペアを20アンペアに下げる事で、1ヶ月...

≫続きを読む

電気ポットか、ガスコンロか

黒いIHコンロの上に置かれた銀色の縦長のやかん 私はずっと、こういう疑問を持っていました。電気ポットとガスコンロでやかんでお湯をわかすのはどちらが安いんだろう。これは個人でデータをとるのは困難で、判断が難しい所ではあるのですが、現状出来る限り調べてみました。

≫続きを読む


節約 時間の節約・時短ワザ 一人暮らし・引越し 危機管理 お役立ち商品 当サイトについて