電気のアンペア契約を変更

電気のアンペア契約を変更

電気のアンペア契約変更

電気代の基本料金は、契約しているアンペアが高いほど高くなります。

 

お住まいの地域の電力会社によって異なります。
参考までに、私の地域の東北電力の価格表です。
http://www.tohoku-epco.co.jp/callcenter/faq/ampere/

 

30アンペアを20アンペアに下げる事で、1ヶ月の電気代が320円ほど変わります。
20アンペアで充分足りているのに、30Aで契約していたのでは、電気代の中の基本料金がいくらか無駄になります。

 

ただ、一般的なご家庭では、30〜40アンペアくらいだと思いますが、電気代の中で基本料金の占める割合は低いです。
20アンペアにすると足りない可能性があるならば、30アンペアのままにしておいた方が無難です。

 

ちなみに、アンペア契約を変更すると何が変わるかですが、一度に使える電気の上限が変わります。
夕飯時に、ご飯炊くのとレンジを同時に使ったらブレーカーの大元が落ちた、という事だと、アンペア契約を上げないと不便ですよね。

 

私の経験上では、30アンペアあれば炊飯と電子レンジを同時に使ってもブレーカーが落ちた事はありません。
20アンペアの時はよく落ちてました。
ご参考までに。

 

アンペア契約の変更方法

  • 電力会社に電話して、アンペア契約を変更する
  • 器具の交換に来てもらう

 

電気のアンペア契約の下げる

アンペアの変更には機器の交換が必要になります。
基本的には電気の契約は1年契約です。

 

家のブレーカー

月に一回、電力会社から大きなレシートの様な紙が届きますが、電気代の他に、アンペア契約の内容や消費した電気の量などが書かれています。

 

ただこれは、使用した電気の合計です。
先ほど述べたように、アンペア契約というのは同時に使用できる電気の上限です。

 

また、お住まいの地域の電力会社のサイトを見れば、詳しい事が書いてあります。
ほとんどの家庭が「従量電灯」という種類の契約になっていると思います。

 

これは使うほどに電気代の単価が上がって行くという仕組みです。
なので、電気代は節約すればする程節約の効果が高くなるので頑張りましょう。

 

言い換えると、まったく電気代の節約などしていない方が節約すれば、節約できる金額が大きいだろうという事です。
すでに結構な電気代の節約を頑張っている人が、さらに頑張るのは効果が小さくなるという事ですね。

 

参考:電気事業連合会(全国の電力会社の電話番号とwebサイトが載っています)

 

慎重に検討する

30アンペアから20アンペアに下げたものの、すぐにブレーカーが落ちてしまい、やっぱり元に戻したいと電力会社に電話する人は少なくないです。

 

電力会社によっては、変更したら1年間は再び変更する事が出来ない電力会社もあると聞いた事があります。慎重に検討しましょう。

 

ちなみに、私の家の電力会社は東北電力ですが、コールセンターに電話して確認したところ、アンペア契約を変更してみたけどやっぱり合わなかった。
また元に戻したいという場合も、1年契約の更新を待たずに変更してくれるとの事でした。特にお金もかからないとの事です。
ただし機器の変更はまた必要になるので、また来てもらわないとなりません。

 

手間をかけさせるし、自分も都合を合わせたり家に業者さんをあげたりは何かと面倒なので、身長に検討した方がよいですね。

 

アパートなど賃貸の場合、アンペアの変更は大家さんに確認が必要です。
確認せずに変更する人も実際いるのですが、それはよしましょう。

 

以上、アンペア契約の変更方法と、注意点でした。

 

 

 

広告

電気代節約の基本(電気代の高い家電を知る)

机の上に傘の付いたスタンド、横に電気ポット、手前にドライヤーとエアコンのリモコン 一般的に消費電力が高いと言われている家電を挙げます。乾燥機ドライヤー電気ポットエアコン掃除機洗濯機冷蔵庫電気代のかかる家電として代表的なものです。これらをどれだけ節約出来るかが、電気代の節約の鍵になります。乾燥機、ドライヤー、電気ポット、掃除機、洗濯機はあまり特別なコツはないので、当たり前の様ですが...

≫続きを読む

炊飯器の節約

炊飯器の操作ボタン部分のアップの画像 炊き上がったらすぐスイッチを切って、蒸らしは余熱で行います。実は炊き上がる数分前にスイッチを切っても美味しく炊けます。が、炊飯器にもよるので、一応炊き上がった直後にスイッチを切る、というのが無難です。最近の炊飯器はみな炊き上がった瞬間にメロディーが流れますよね。それが鳴ったら切るという事で良いでしょ...

≫続きを読む

エアコンの電気代の節約

下から見たエアコン エアコンの電気代は夏も冬も節約において大きな割合をしめます。特に夏の6〜9月、冬の10〜3月と、合計4〜6ヶ月もの間非常に高い節約効果を発揮します。早いうちから取り組んでしっかり電気代を節約しましょう。

≫続きを読む

冷蔵庫の電気代の節約

扉が少し開いた白い冷蔵庫を正面斜め上から見たアップ画像 冷蔵庫は24時間365日電気代を使いっぱなしの電化製品です。なので少しの節約方法が大きな金額の節約につながるのです。最近の新しい冷蔵庫は省エネ設計ですが、それでも節約したらちゃんと成果が出ます。冷蔵庫、冷凍庫で節約方法が変わりますので、しっかりと仕組みを理解しましょう。

≫続きを読む

洗濯機の電気代の節約

洗濯機にワイシャツを入れる腕 洗濯機は見過ごされがちですが、実は電気代が結構かかるのです。節約において見過ごせない電化製品なのです。では、その節約方法を見て行きましょう。

≫続きを読む

電気のアンペア契約を変更

電気のブレーカー 電気代の基本料金は、契約しているアンペアが高いほど高くなります。お住まいの地域の電力会社によって異なります。参考までに、私の地域の東北電力の価格表です。http://www.tohoku-epco.co.jp/callcenter/faq/ampere/30アンペアを20アンペアに下げる事で、1ヶ月...

≫続きを読む

電気ポットか、ガスコンロか

黒いIHコンロの上に置かれた銀色の縦長のやかん 私はずっと、こういう疑問を持っていました。電気ポットとガスコンロでやかんでお湯をわかすのはどちらが安いんだろう。これは個人でデータをとるのは困難で、判断が難しい所ではあるのですが、現状出来る限り調べてみました。

≫続きを読む


節約 時間の節約・時短ワザ 一人暮らし・引越し 危機管理 お役立ち商品 当サイトについて