服装で暖房費を節約

服装で暖房費を節約

服装で暖房費を節約の概要

暖房で部屋を暖めないと暖かくなった気がしないかもしれませんが、服をたくさん着る事で体が暖かくなってしまえば部屋の暖房を下げても結構平気になります。
幾つかある細かいポイントをしっかりおさえる事が暖かさの鍵です。

ポイント

  • 肌の露出を極力減らす。特に首、肩、太もも。
  • 服の内側にピッタリした肌着(ヒートテックなど)を来る。
  • くつ下やスリッパをはく。

肌の露出を減らし保温する

当たり前の様な話ですが、思った以上に効果があり、以外とやっていない方が多いです。
この節約方法により、暖房の設定温度を2度くらい下げる事が出来ます。
肌が露出している部分から体の温度がうばわれて行くので、なるべく露出をなくす事がポイントです。

ヒートテックなどの肌着で体を覆う

まずおすすめしたいのが、ピッタリした肌着です。何の事かと言うと、ユニクロで言うところのヒートテックです。
これを着ると着ないではかなりの違いが出ます。スポーツ用品店やしまむらなどでも売ってます。

 

家でも外でも常に着てることで、どこにいても寒さが少しやわらぎます。
部屋を暖かくするのではなく、体の周りに暖かいバリアを張るという感じです。
保温性は高いのに通気性も良く、蒸れません。

くつ下、スリッパをはく

同じ理屈でくつ下やスリッパを履くのも効果的です。ハイネックの服を着るなど、首も覆うとなお良いです。
冬の冷気は床下からも来るので、冷たい床に体が直接触れないためにも、くつ下やスリッパが有効です。

 

長い時間履くと汗をかいたり蒸れたりするので、洗濯出来るタイプがおすすめです。

 

広告

断熱シートを使う

結露がたくさん付着した窓のアップ 断熱シートの効果は実感しにくいかもしれませんが、それなりの節約効果があります。部屋が外部から冷やされるのを防ぐ事で不要な暖房費を節約します。

≫続きを読む

寝具で暖房費の節約

毛布の上で猫が寝ている画像 寝るときにヒーターや電気ストーブなど暖房をつけなくても、保温効果の高い寝具を使えば暖房はいらなくなります。

≫続きを読む

湯たんぽで暖房費を節約

湯たんぽを買うのにお金がかかってしまいますが、一冬どころか1か月くらいで元がとれます。安い物は1000円以下で買えます。上手に湯たんぽを使って節約する方法をご説明します。

≫続きを読む

服装で暖房費を節約

暖房で部屋を暖めないと暖かくなった気がしないかもしれませんが、服をたくさん着る事で体が暖かくなってしまえば部屋の暖房を下げても結構平気になります。幾つかある細かいポイントをしっかりおさえる事が暖かさの鍵です。

≫続きを読む

カーペットで暖房費を節約

カーペットを敷くことの断熱効果は結構高いです。床からの冷気を防ぐ効果があります。フローリングや畳に直に足がつかないだけで結構な違いが出ます。

≫続きを読む


節約 時間の節約・時短ワザ 一人暮らし・引越し 危機管理 お役立ち商品 当サイトについて